2022年4月

フランス大統領選挙:再選を果たしたエマニュエル・マクロン氏が直面する「第3ラウンド」の法制化

フランス大統領選では、現職の大統領がマリーヌ・ルペン氏を58.2%の得票率で破り再選されたばかり。極右候補が第五共和制の歴史上初めて40%の大台を突破し、「共和制のダム」は曲がりはしても決壊はしない。これからの数ヶ月は、各方面の政治家にとっても、また市民にとっても、非常に重要な期間となる。

フランス大統領選第2ラウンドは午後5時

2022年4月24日、大統領選挙第2ラウンドの投票に呼ばれるフランス人。対面するのは、国民結集のマリーヌ・ルペン候補と、前大統領でLa République en marcheのエマニュエル・マクロン候補だ。午後5時の時点で、参加率は63.23%で、2017年より2ポイント低い。投票日と最初の試算をライブで追う。

レバノンでは、カルロス・ゴーンの身柄引き渡しは成功しそうにない。

レバノンの司法・政治界は、フランスの司法当局がカルロス・ゴーン氏に対して国際逮捕状を発行する決定を下したことについてコメントを発表しなかった。ルノー・日産アライアンスの元ボスは、日本からの驚くべきフライトの後、レバノンに住んでおり、ナンテールでの捜査の一環として、社会財産の乱用、マネーロンダリング、汚職の容疑で起訴されている。

日本はロシアに厳しく、クリル諸島(北方領土)の不法な併合を非難する

ウクライナ戦争が始まって以来、ロシアと日本の関係は、ロシアが欧米の対モスクワ制裁を支持するなど、ますます緊迫している。東京は外務省の年次刊行物の中で、モスクワがクリル諸島を「不法に」併合したと非難している。クリル諸島は、第二次世界大戦の末期にソ連軍によって侵略された日本の北にある小さな島々である。

日本では、ロシア人に対する憎悪的な行動が増加している

日本当局は、林芳正外務大臣を通じて、ロシア人に対する外国人嫌いの行動をやめるよう、国民に厳粛な呼びかけを開始した。しかし、最近では、ロシアとウクライナの対立が、千島列島をめぐるロシアとの平和条約締結のための議論の継続を阻んでいると考えている。

みんなのためのメイク

特別な日のために長い間予約されていたメイクアップは、ダカール、アビジャン、コトヌー、ヤウンデの女性の日常生活に不可欠です。ソーシャルネットワークとその「メイクアップ」「トゥトス」によって駆動され、黒と混合肌に適応した新製品によっても運ばれるトレンド。Setalmaa.comのAminata Thiorの創設者は、ここでの生活の中で私たちと一緒にいます。

ロシアの軍事的威嚇を心配する日本人

世界の目がウクライナに向いている一方で、ロシアは日本で軍事的威嚇を強めている。ここ数週間、ロシア軍は同諸島のすぐ近くで前例のない規模の作戦を展開している。制裁を強化することを思いとどまらせるため。モスクワと東京の間の緊張は日に日に高まり、このエスカレートに日本人は怯えている。

日本の自動車メーカー、ホンダが電気自動車に

ホンダは100%電気自動車を目指す。日本のナンバー2自動車メーカーは4月12日(火)、2030年までに全車種にわたって約30種類の電気自動車を生産する意向であると発表しました。10年後には、内燃機関自動車を一切生産しなくなる。そして、リソースを投入しているのです。

大統領2022年:第1回とは大きく異なる2回目のマクロン・ル・ペン決闘

2022年フランス大統領選挙の第2ラウンドは、現職大統領で「La République en Marche!」の候補者であるエマニュエル・マクロンと、極右政党「Rassemblement National」の候補者マリーヌ・ルペンが争うことになる。2017年の試合とは全く異なるリターンマッチ。この5年間で、2つの候補はそれぞれイメージを進化させてきました。

“アート・パリ2022″、アートの中心にエコロジー

Art Parisは、アートフェアにおけるエコロジーへの意識に革命を起こそうとしており、この分野では初のエコデザイン・イベントであると主張しています。この2022年版の核心は、これまでとは異なるイベントの開催方法についての考察であり、同時にエコロジー危機に挑むアーティストや作品を促進したいという願いでもあります。4月10日まで、パリのグラン・パレ・エフェメールで開催。

欧米の制裁にもかかわらず、ルーブルは好調だ

ロシア中央銀行は4月8日(金)、市民への外貨売却を4月18日から再び許可すると発表しました。特にルーブルが弱かった3月上旬に解禁されましたが、ロシア当局の措置以降、海外からの制裁にもかかわらず、自国通貨は強含みの展開が続いています。

塩田千春、蜘蛛女

塩田千春(49歳)。日本人として生まれ、25年前からベルリンに養子に出された彼女は、世界で最も注目されているアーティストの一人である。今年は世界中で25の展覧会が予定されている。糸を使った作品は、しばしば巨大な作品となり、「蜘蛛女」の異名を持つほど魅力的である。現在、パリの国立アジア美術館-ギメで展覧会を開催している。
Enable Notifications OK No thanks