2022年5月

日本のCovid-19:公道ではマスクはもはや必須ではない

日本では、5月16日(月)から屋外で、物理的な距離を尊重できる公道でマスクの着用はもはや必須ではありません。マスクは、特に公共交通機関では、内部に置く必要があります。このリラクゼーションは、パンデミックが始まって以来、国内で初めてです。しかし、すべてが路上では日本人がマスクを着用し続けることを示しています。

左派はエリザベート・ボルン新首相を待っている

エリザベート・ボーン氏の指名をめぐるストーリーテリングでは、「左翼の女性」としての資質が強調されています。多数派の右派的性格を警戒する歴史的なアン・マルシェ支持者だけでなく、中間選挙でエマニュエル・マクロンのメッセージを聞いた穏健派左派の有権者を安心させるためのシグナルだ。

2022年カンヌ国際映画祭が開幕、しかしその行方は?

5月17日(火)の夜、世界最大の映画祭が大きく幕を開ける。今年のカンヌ国際映画祭では、パルムドールのコンペティション部門に21作品が出品されています。75回目を迎える今回の挑戦は、映画的なものだけではありません。その他、プラットフォームの脅威、ウクライナ戦争、女性の地位、環境、アフリカ、インド...など、さまざまな問題がクロワゼットで繰り広げられます。

スウェーデンのNATOへの「遅滞なく」加盟のためのフィンランドの幹部は日曜日に決定します

フィンランドは5月12日木曜日に歴史的な決定を発表した。大統領と首相を通じて、欧州連合のメンバーでもある国は、遅滞なくNATOへの加盟を求めた。クレムリンによると、ウクライナでの戦争前から、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は、この近隣国とスウェーデンが大西洋同盟に参加しないことを明示的に求めた。効果のない最後通告。

イランは2人のフランス人を逮捕し、パリは「即時釈放」を求めている。

5月12日木曜日、フランス外務省は、イラン情報省が「社会を不安定化させる」ためにイランに来たと非難された2人の「ヨーロッパ人」の逮捕の発表の翌日、イランでの2人のフランス国民の逮捕を確認した。声明の中で、パリは「この根拠のない逮捕を非難する」と2人の拘留者の「即時釈放を要求する」。

ウクライナでの戦争を背景にヨーロッパを祝うストラスブールとベルリンのエマニュエル・マクロン

エマニュエル・マクロンは、5月9日月曜日にストラスブールの欧州議会に行き、ヨーロッパの未来に関する会議を閉会し、その後ベルリンに行きます。ウクライナでの戦争を背景にヨーロッパの日を祝うための2つの特に象徴的な旅行とロシアにいる間、ウラジミール・プーチンは1945年の勝利を奉献する5月9日のパレードを強さのショーにしたいと考えています。

ジル・バイデンとジャスティン・トルドーによるウクライナ訪問

「ジル・バイデンのウクライナへの秘密の訪問」とニューヨークタイムズの見出しはファーストレディはキエフでウクライナ大統領の妻オレナ・ゼレンスカと会った。新聞はそれを「米国からの支援の最後のデモンストレーション」と見なしている。
Enable Notifications OK No thanks