ベルサイユ宮殿、若手アーティストの展示会始まる

ベルサイユ宮殿では、フランス人若手アーティスト、グザヴィエ・ヴェイヤー(Xavier
Veilhan)氏の造形物の展示が始まった。ヴェイヤー氏の近未来的な紫色の馬車、ガガーリンの巨大像など8体の像が展示され、ベルサイユ宮殿の歴史と現代美術が融合した不思議な空間が生み出されている。

この過去と現代の融合については賛否両論のようで、宮殿にはどこか不具合で過激的と感じる人も言えば、意外性があって面白いと評価する人もいる。昨年の同様の展示会では100万人の来場者があり、今回も同様の来場者数を期待されている。

2010年のベルサイユ宮殿の展示会では日本人アーティスト村上隆の個展が行われることも発表されており、日本人としてはベルサイユ宮殿がはずせない観光スポットとなりそうだ。

ヴェイヤー氏の展示会は12月13日まで開催予定だ。

Please follow and like us:

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 移民のDNA鑑定に足踏み状態

    フランスには最大40万人の不法移民が滞在するとされ、移民規制の政策は強化される傾向にある。特にフラン…
  2. 携帯めぐる教師と生徒の騒動

    パリ市内の高校で、携帯電話の使用を教師に禁止された生徒が、「先生を変えてほしい」と校長に訴えるほか、…
  3. 長寿大国は日本?フランス?

    世界各国の平均寿命は2008年の国連の調査によると、1位が日本82.7歳、次に香港、スイス、アイスラ…
  4. フランスの税制

    衆議院議員選挙もいよいよ終盤戦。地方分権を叫びながら、地方自治体の政策に反対する選挙演説を聴くたびに…
  5. 結婚なんて過去のもの

    324号の「子だくさんフランス」で、少し紹介したフランスの制度PACS(連体市民協約)ですが、いつも…
ページ上部へ戻る
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial