ロッド・パラド(太陽のめざめ)独占インタビュー

LA TÊTE HAUTE  de Emmanielle Bercot LES FILMS DU KIOSQUE

LA TÊTE HAUTE
de Emmanielle Bercot
LES FILMS DU KIOSQUE

映画初出演のロッド・パラドさんは、実は映画だけでなく演技自体も初挑戦だったそうです。演技のための学校にも行ったことが無く、演技の勉強は全くしていないそうです。

撮影の初日や2日目はさすがに緊張したそうですが、現場はとてもアットホームな雰囲気でリラックスした環境で撮影に臨めたそうです。ただ、「仕事はすごくした」と、同じシーンを何度も撮ったりと苦労はあったそうです。

「この時マロニー(役名)はどう考えたのだろう?」などと自問自答して演技をすすめていたそうです。実年齢より若い役については、特段苦労もなく自然に出来たようです。若向けの服装などは衣装さんがやってくれたりと、年齢に関しては問題が無かったそうです。

この作品のテーマはデリケートな問題。親からちゃんとケアされていない児童が、どう社会で育てていくのかというテーマを扱っています。フランスでは、このサポートの仕組みがあり、本作品のストーリーは保護司や判事が、少年院などに送るのではなく更正施設で過ごさせるという決定から話が始まります。

上手く言っている人は上手く行っている人同士で繋がっていたいとおもい、手をさしのべて上げなくてはならない人にたいしても、目を向けて欲しいと思うし、親でなくとも誰かに見守ってもらう事が大事だと思うと語っていました。

ヘアメイク:久保マリ子

Please follow and like us:

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 次世代原子炉はコンコルド(超音速旅客機)となってしまうのか?

    次世代原子炉が元凶 フランス原子力最大手のアレバが経営難に陥っています。 全世界の従業員の1…
  2. 日曜日も働きたい?!

    まぐまぐ!プレミアム:フランスジャーナルより フランスはカトリックの国のため、日曜日は休息日と…
  3. 国民投票でフランス人の真の声を届けよ!

    市民の提案による国民投票は、イタリアやスイスで導入されているが、フランスではなかなか実現されてこなか…
  4. フランスの工業に対して対策

    フランスはEUで最も工業の空洞化がおきている国だそうで、ドイツの工業の付加価値がフランスの2倍とサル…
  5. 便利なパリ、グランパリ計画

    フランスでは先日サルコジ大統領によって、パリを改造する都市計画「グランパリ」が発表された。 空港と…
ページ上部へ戻る
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial