ロッド・パラド(太陽のめざめ)独占インタビュー

LA TÊTE HAUTE  de Emmanielle Bercot LES FILMS DU KIOSQUE

LA TÊTE HAUTE
de Emmanielle Bercot
LES FILMS DU KIOSQUE

映画初出演のロッド・パラドさんは、実は映画だけでなく演技自体も初挑戦だったそうです。演技のための学校にも行ったことが無く、演技の勉強は全くしていないそうです。

撮影の初日や2日目はさすがに緊張したそうですが、現場はとてもアットホームな雰囲気でリラックスした環境で撮影に臨めたそうです。ただ、「仕事はすごくした」と、同じシーンを何度も撮ったりと苦労はあったそうです。

「この時マロニー(役名)はどう考えたのだろう?」などと自問自答して演技をすすめていたそうです。実年齢より若い役については、特段苦労もなく自然に出来たようです。若向けの服装などは衣装さんがやってくれたりと、年齢に関しては問題が無かったそうです。

この作品のテーマはデリケートな問題。親からちゃんとケアされていない児童が、どう社会で育てていくのかというテーマを扱っています。フランスでは、このサポートの仕組みがあり、本作品のストーリーは保護司や判事が、少年院などに送るのではなく更正施設で過ごさせるという決定から話が始まります。

上手く言っている人は上手く行っている人同士で繋がっていたいとおもい、手をさしのべて上げなくてはならない人にたいしても、目を向けて欲しいと思うし、親でなくとも誰かに見守ってもらう事が大事だと思うと語っていました。

ヘアメイク:久保マリ子

Please follow and like us:

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 広がるアンチユーロ派の主張

    欧州中央銀行は理事会を開き、5500億円規模の増資を行うと発表した。この金額は、今の2倍の規模にあた…
  2. フランスの犬事情

    フランスに行くと犬が多いのに驚くだろう。たまに結構でかい犬が地下鉄に乗っていたりする。あのくらいだと…
  3. 日本とフランスの自殺者数

    日本の自殺者数は警視庁の資料によるとここ十年、毎年3万人を超えており増加傾向にある。国際比較では、自…
  4. 江戸時代にフランス語を習ったらどうなるか?

    フランス語でhは発音しないことになっているので、フランス人に英語などを習うときにhの発音、つまりha…
  5. シニアの雇用促進

    日本ではシニアの雇用が促進されるよう厚生労働省が様々な施策を講じており、定年の引き上げや継続雇用制度…
ページ上部へ戻る
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial