フランス映画祭2006: Les Revenants / they came back(仮題)

20060202153111_m28.jpg
ドラマ/2004年/103分 配給:バップ+ロングライド 2006年秋 ユーロスペースにてロードショー
フランス版の『黄泉がえり』ともいうべきファンタジー・ドラマ!ヴェネチア映画祭に出品された、『タイム・アウト』脚本のロバン・カンピヨ監督デビュー作。『タイム・アウト』などローラン・カンテの作品に編集者・共同編集者として活躍してきたロバン・カンピヨの監督デビュー作。アメリカのSF映画と同じように、地球規模の出来事をフランスのある都市というスケールで取り上げている。ラシェルに扮するのは、『パリの確率』や『ふたりの5つの分かれ路』などのジェラルディン・ペラス。その夫のマチューを演じるのは、『真夜中のピアニスト』などのジョナサン・ザッカイだ。第61回ヴェネチア国際映画祭をはじめ多くの映画祭に出品され、批評家からの高い評価を得ている。


Story
 突然大勢の死者たちが蘇る。世界中で、何千万もの死者たちが墓場を離れて街を占拠しはじめた。問題は、生き返った死者たちを社会の中にどう復帰させるかということだ。家族に引き取られる者もあれば、収容所で暮らすものもある。ラシェルの住む街にも多くの死者たちが帰ってきたが、彼女はあえて2年前に夫をなくした夫を探さずにいた。一方、蘇った夫のマチューはかつての職場で再び働いていた。会社の窓から見える妻の姿に満足していた彼だったが…。
Staff
監督:ロバン・カンピヨ(脚本『タイム・アウト(未)』)
製作:キャロル・スコッタ、カロリーヌ・ベンジョ
脚本:ロバン・カンピヨ、ブリジット・ティジュー
撮影:ジャンヌ・ラポワリー
Cast
出演:ジェラルディン・ペラス(『ふたりの5つの別れ路』)、ジョナサン・ザッカイ

関連記事

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 衣服を購入するとき、「Made in China」が珍しくなくなったのはいつ頃のことだろうか。安価な…
  2. 324号の「子だくさんフランス」で、少し紹介したフランスの制度PACS(連体市民協約)ですが、いつも…
  3. 日本では最近幼児教育がブームになっているようだ。少子化傾向の分、ひとりの子供に注がれるお金やパワーが…
  4. 日本の自殺者数は警視庁の資料によるとここ十年、毎年3万人を超えており増加傾向にある。国際比較では、自…
  5. ここのところ中国にあった製造工場を閉鎖し、フランスへ戻ってくる企業が出てきている。中国では人…
  6. 最近話題の事業仕分けでいよいよ官庁が持っていた利権にメスが入ると巷では評価が高い様だ。一方科学技術分…
  7. 幼児にテレビを見せてもいいのか、悪いのか。年少者を育てる親なら誰もが悩むテーマだが、どんな育児書でも…
ページ上部へ戻る