IAM

マルセイユを拠点とするラップグループIAMは、わずか数年の間にフランスの音楽シーンを代表する存在となった。アルバムのリリースは、毎回イベントです。アケナトンをはじめとするメンバーは、個人的なプロジェクトも並行して行い、集団の事業と有益なバランスを保っている。

作成日:1989年
メンバー:アクエナトン、ケオプス、イムホテップ、シュリクン
国名:フランス
言語:フランス語
音楽ジャンル:ラップ

バイオグラフィー

マルセイユ出身のラッパーたちの物語は、1984年から1985年にかけてのグループ「Lively Crew」から始まり、フィリップ・フラジオーネは86年末に初めてニューヨークに行き、チルというあだ名を付けられ、エリックはIAMの編成でケオプスになるのを待たねばならなかった。1988年、Shurik’nことGeoffroy Mussardが登場すると、彼らはBボーイズスタンスとなった。

ベースとドラムを担当するパスカルは、サンプリング前に頻繁に通っている。サウンドアーキテクトのイムホテップことパスカル、ダンサーのマレク・スルタンとディヴィン・ケフレンである。新参者に加えて、エジプトや極東の文献、アリックスの漫画やセネガルの歴史人類学者チェイク・アンタ・ディオプの著作を交読した痕跡をもとにグループが作られました。

南から来たラップがパリに戻る

1989年、彼らは「4トラック」テープレコーダー、「コンセプト」カセットに録音した。限られた部数ではあったが、その反響は十分すぎるほど大きく、南半球のラップは形を変えてパリに届けられた。1990年6月、ヴァージン・レコードの “ヘッドハンティング “を担うレーベル「ラベル・ノワール」と契約。

1991年、ファーストアルバム「De la planète Mars」を発表。10万枚ほど売れたそうです。Red Black & Green」「Tam Tam de l’Afrique」「Planète Mars」の3枚のシングルがこの作品から採られた。このアルバムは、当時まだ若かったフレンチ・ラップ・シーンの最大の成功作のひとつとなった。このグループの出自は、ラップに特異性を与え、マルセイユの決まり文句を破ることで、パリから遠く離れて制作されたこのアルバムに、より強さと面白さを与えているのだ。

1990年7月3日、パリ最大の会場であるパレ・オムニスポーツ・ドゥ・パリ・ベルシーで行われたマドンナのコンサートのオープニングを飾った。それ以来、パブリック・エネミー、リタ・ミツコ、ジェームス・ブラウン、トゥーレ・クンダのオープニングを務めている。

私たちはミアを踊る

ファーストアルバムから2年半、40曲入りのアルバム「Ombre est lumière」を発表。このアルバムは、時事問題と神話の間、コミットされたテキストと「Le Mia」のようなパロディの間を行き来しています。フランスで大ヒットしたこの曲は、ファンクのリズムとユーモアで土曜の夜の目立ちたがり屋をあざ笑う。その成功と全国的な名声により、彼らは新世代の代表的なグループの一つとなった。

1995年2月、ヴィクトワール・ド・ラ・ミュージック賞(年間最優秀グループ賞)を受賞した。同年、フランスの映画監督マチュー・カソヴィッツの映画『La Haine』の公開を記念して立ち上げられたプロジェクトに参加。同じレコードで、異なるラップグループが、映画のテーマである警察と郊外に関連する曲を演奏した。IAMの曲は「La 25ème image」というタイトルです。

前作の長いプロモーション・ツアーを終え、グループは一旦休息を取り、一歩引くことにした。1995年、歌手チル(現アケナトン)がソロ・アルバム『Métèque et mat』を発表。ユーモアを南国の気風で扱い、ラッパーが自分の世界を明らかにする、非常にパーソナルなアルバムである。

1997年:「レコール・デュ・マイクロ・ダルジャン」

その2年後に発売された「l’École du Micro d’argent」は、ニューヨークで録音された後、ハーレムの名プロデューサー、チャールズ王子の協力を得てパリで再録音したグループIAMのニューアルバムである。談話は純粋なものです。社会の不公平や世の中の厳しさを、暗い詩情に彩られたミニストーリーで表現しています。また、アルバムのタイトルは、IAMというグループがマルセイユ地方で多くのグループの結成を主導し、その出現を手助けしようとしていることに由来しています。

1997年には、やはりフランス郊外の問題(警察、人種差別、暴力、失業)と強く結びついたプロジェクトに参加しました。他のフランスのラップグループ(Assassin、Ménélik、Ministère Amer、Fabeなど)と共に、MIB協会(Mouvement de l’Immigration et des Banlieues)のために「11 mn 30 contre les lois racistes」という曲をレコーディングしました。

1997年7月、ラ・ロシェルのフランコフォリ・フェスティバルで、IAMはマルセイユの他の多くのグループとコンサートを行いましたが、その多くは無名で、IAMの名声を共有することを望んでいました。

このアルバムはすでに50万枚を売り上げており、IAMは1997年12月2日、パリのゼニスで満員の聴衆を前に演奏した。その後、フランスツアーが行われた。1998年2月20日、ヴィクトワール・ド・ラ・ミュージック賞(年間最優秀アルバム賞)を受賞した。その後、1998年4月21日と22日の2泊3日で天頂に戻った。

ラップ・アン・ソロ

1995年にAkhenatonのアルバムが成功すると、今度はKheopsが1998年3月に「Sad Hill」、Shurik’nが5月末に「Où je vis」とソロ作品を発表する番となった。そして、ついにイムホテップが6月12日に自身の「ブループリント」をリリースした。しかし、圧倒的に売れていたのはShurik’nで、数週間でチャートのトップに立った。

常に予測不可能なIAMは、文化の自立をテーマにした未発表のシングル「Independenza」を発表した。この曲は1998年にアルバム「l’École du Micro d’argent」を再プレスした際に追加されたものです。1999年2月、メンバーのアケナトンとケオプスの2人が、映画「タクシー」でヴィクトワール・ド・ラ・ミュージック賞の年間最優秀サウンドトラック賞を受賞した。

そして、やはり1999年、今度はマレク・スルタン、通称「フリーマン」のソロアルバムを発表。アルバム『L’Palais de justice』では、メンバーそれぞれの驚くべき創造力を確認することができる。

1年後の2000年春、アケナトンは音楽シーンの最前線に戻ると同時に、映画界にも復帰し、彼の作品を映画的に拡張した初の映画「Comme un aimant」を制作しました。マルセイユの恵まれない地域の生活を扱ったこの映画は、5月31日に公開されましたが、非常に複雑な評価を受けました。サウンドトラックは、アケナトンはもちろん、映画音楽の作曲家であるブルーノ・クーレも作曲している。

ソロ活動を続けていたケオプスは、同時期にセカンドアルバム『Sad Hill Impact』を発表。2000年秋、アケナトンはエレクトロファンクへのオマージュとしてアルバム『Électro Cypher』を発表し、エレクトロミュージックに乗り出した。そして、11月14日にShurik’nと弟のFaf la Rageが「La Garde」をリリース。

2003年:「Revoir un printemps」

IAMの最後のアルバム以来、グループのメンバーは12枚のソロアルバムをリリースしている。これらの個人的な経験を生かして、彼らは再び集まって集団でアルバムをレコーディングする準備ができたと感じた。マルセイユ、パリ、ニューヨークの間で構想された「Revoir un printemps」は、2003年9月16日にリリースされました。先行シングル「Noble Art」では、アメリカのラッパー、RedManとMethodManの(豪華)フィーチャリングがフィーチャーされた。

Revoir un printemps “の収録曲は、2001年9月11日(ニューヨークの世界貿易センタービルの爆発)とイラク戦争(2003年3月・4月)の間に、2002年4月21日(フランス大統領選挙の第2ラウンド)を挟んで構想されたものである。国際情勢やフランス社会の変化が色濃く反映され、アケナトン、シュリクン、ケオプス、そして今回ブレーカー/ダンサーを辞めてMCとして参加したフリーマンが、全体的にかなりダークな印象を与えるレコードとなった。Bruno Coulaisは、すでにAkhenatonと「Comme un aimant」で仕事をしており、ストリングスを導入することで、アレンジに特別なタッチを加えています。デスティニーズ・チャイルドのビヨンセも「Bienvenue」で楽曲を提供しています。最も有名なフレンチ・ラップ・グループの歴史を再スタートさせる待望のアルバムです。

2004年2月、マルセイユを拠点とするグループは、「Au coeur d’IAM: genèse d’un album」と題したDVDをリリースした。このディスクには1時間半のドキュメンタリーが収録されており、ポッセの第5作目の構想や制作過程をオンボードカメラで撮影したような内容になっています。また、このDVDは、AKH、Shurik’n、Freeman & consortsの観客が、特別なツアーを待ち続けることを目的としています。

2004年6月上旬、シングル「Stratégie d’un pion」の発売と同時に「Stratégieツアー」がスタートした。このツアーで7年ぶりにライブ活動を再開した。マルセイユを拠点とするラップグループは、Solidays、Les Francofolies de La Rochelle、Les Vieilles Charrues、カナダ、スイス、ドイツで公演を行い、再びツアーに出ました。

2007年:「セゾン5」

2007年初頭、IAMの集団冒険が再開されました。まず、DJ KheopsとCut Killerに声をかけ、「Official mixtape」を制作してもらった。Faf la Rage(Shurik’nの弟)、Psy 4 de la Rimeというグループのほか、Chien de Paille、Bougaなどが出演しています。4月2日のオリジナルアルバム発売前の “前菜 “として、1月にシングル「Une autre brique dans le mur」をリリースしました。

“セゾン5 “と名付けられたこのアルバムには、マルセイユ・クルーのトレードマークである、彼らの人生や市民としての願望に近いテーマを扱った、繊細に彫られた歌詞の楽曲が収められています。セカンドシングルの「Ça vient de la rue」は、都市文化へのオマージュを込めた作品。このアルバムで、IAMは自分たちの音楽の原点に立ち返った。前作よりも短時間で録音された「Saison 5」は、よりダイレクトで、マストドンのプロダクションに少し溺れたような印象を受けます。

市民とのつながりを取り戻すため、フランス各地の中規模の会場で12回のプレビュー・コンサートを行った(3月13日から30日まで)。4月3日、IAMは再びパリに戻り、Le Bataclanで公演を行った。この新しいツアーでは、有名な「ミア」をはじめ、彼らを成功に導いた曲の数々をカバーしました。

2007年4月3日、パリのバタクランで公演を行い、その後12月まで活動を休止した。同月、IAMはフランスの主要都市で公演を行い(12月5日と6日にパリのオリンピアで2晩)、ジュネーブ、チューリッヒ、ブリュッセルに立ち寄った。

年末には、アメリカのファンタジーコミックのよきファンであるバンドが、フリーマン主導でコミックを出版した。タイトルは「Imperial Asiatic Man」。物語の舞台は、全体主義に陥った社会のマルセイユです。レコード「L’École du micro d’argent」の未来的な世界に強くインスパイアされたパラレルワールドで続いています。 脚本はステファン・デュレル、ドローイング(都市型グラフィックを思わせる)はダニエル・バランが担当しています。

2008年:ピラミッドの麓にあるIAM

2008年3月14日、結成20周年を記念して、IAMはエジプト・カイロのピラミッドの麓で演奏するという夢を実現した。子供の頃からファラオに魅了され(メンバー全員が芸名をエジプトから取っている)、炎天下の中、カイロやアレクサンドリアに住むフランス人を中心に700人の観客を前に、「Je danse le Mia」「Nés sous la même étoile」「Petit frère」を披露したフランス人ラッパーたちです。アルジェリアのKhaled、チュニジアの歌手兼作曲家Lofti Bouchnaq、カイロのNational Popular Music Ensembleが数曲で参加した。この旅を機に、舞台裏を紹介するドキュメンタリー(「Encore un printemps」)が撮影され、3月14日のコンサートのライブ映像も収録され、2008年5月にDVDで発売された。

2008年、フリーマンのバンドは脱退した。

2009年のグループ結成20周年には、EMIから3枚組CD『IAM Galaxie』が発売された。グループの代表曲やソロアルバムからの楽曲を収録しています。

2012年4月にリリースされたアルバム『Tous m’appellent Shu』で再びソロとなったShurik’nに続き、相棒のImothepがワールドサウンドを取り入れたエレクトロミュージックの大作『Kheper』をリリースしました。

2013年:”Arts martiens”

IAMの6枚目のスタジオアルバムは、アメリカのレーベルDef Jamからリリースされました。”Spartiate Spirit “が最初のシングルで、”Les raisons de la colère “がそれに続く。同じくマルセイユ出身のラッパー、ファフ・ララージュは、アルバムの数曲でコラボレーションしている。マルセイユ人は常に時事問題に触発され、「Le pain au chocolat」では、UMPの大統領ジャン・フランソワ・コペが使った小さな言葉を引用して、話題への軽蔑をラップし、天使主義や運命論なしに、都市や若者の描写を続ける。このアルバムは大成功を収め、250回以上のコンサートにつながった。特にアメリカでの公演は、常にグループに夢を与えてくれる街、ニューヨークにも立ち寄りました。

2013年には、『…IAM』という地味なタイトルの別アルバムを発表。もともと「火星芸術」のために作られた楽曲で構成されています。”これが最後 “と公式にアナウンスされています。Def Jamレーベルは、2014年6月に、そうではなく、グループがあと2枚のアルバムの契約を再開したことを発表します。6月6日からは半年以上に及ぶツアーに突入。6月18日から22日には中国(北京、上海、珠海)でも公演を行った。バンドとしては初の試み。11月12日にはパリのオリンピアでも演奏した。

同年、アケナトンは5枚目のソロ・アルバム『Je suis en vie』をリリースし、2015年にVictoire de la musique賞の最優秀都市音楽アルバム賞を受賞、グループはそのキャリア全体に対して名誉あるVictoire de la musique賞を受賞しています。

それでもヒップホップ的な精神を貫くShurik’nは、2016年12月にソロアルバム『Adamant-Ium』を発表した。数々のコラボレーションを軸にした実験の場。

2017年:”Rêvolution”

“Rêvolution “は、dreamとevolutionの縮約形で、IAMの8枚目のスタジオアルバムです。マルセイユで録音され、3月に発売されたこの作品は、すぐにゴールドに輝いた。アケナトン、シュリクン、ケオプス、イムホテップ、ケフレンがタイに渡り、執筆活動を行った。この作品では、IAMのラップにヒップホップ、ソウル、ファンク、レゲエが混ざり、「Grands rêves, grandes boîtes」では学校制度の失敗や夢の大切さなど、いつものテーマを取り上げています。

再びツアーに出かけ、フランス各地や夏祭りでコンサートを行った。そして、アルバム『L’École du micro d’argent』の発売20周年を記念して、IAMは再びステージで演奏することを決め、2017年11月と12月に日程を発表した。

2017年11月24日、25日にパリのAccorHotels Arenaで公演などを行いました。

2019年「弥助」

2019年11月、マルセイユで録音され、ニューヨークでミックスされたアルバム『Yasuke』がリリースされる。その名前は、16世紀にモザンビークで捕えられ、インドに送られ、日本の武将に与えられ、当時最高の侍となる奴隷にちなんだものである。映画や漫画で定期的に映像化されている歴史上の人物。さらに、アルバムのジャケットは、地中海を渡ろうとする移民の姿を表したジェリコーの絵画「メデューサの筏」の要素を取り入れています。いつものように、現代社会の悪弊を読み解く一行。マルセイユは、今回もそのノウハウを発揮し、アーティストを招き、興味深いコラボレーションを実現しました。Femi Kuti on “Remember”, Psy4 de la Rime on “Self made men”, Kalash on “Eldorado” and “La fin des illusions” with Allen Akino, Faf la Rage, Veust Lyricist, Relo and R.E.D.K..

IAM、2020年から開始予定のツアー「Rap Warrior」を発表。しかし、コビド19の大流行により、残念ながら彼らのステージプロジェクトはストップしてしまった。

そして、ラ・コスカのYouTubeチャンネルが主催する「IAM concept」と題したポッドキャスト:ライブ、ミックス、ニュース、ディスカッションを、リスナーと共有する瞬間として、つまり38回のトークショーをイメージしたのだそうです。

2020年10月、『Entre la pierre et la plume』が出版されました。バティスト・ブチエの協力のもと、5人のメンバーが30年のキャリアを振り返る証言を書いています。

Shurik’nとAkhenatonのコラボレーションによる楽曲「Je suis Marseille」は、Julが発起人となり、新世代のラッパーが多数参加したアルバム「13’Organisé」に収録されています。

IAMは2021年6月に「Première vague」と題したミニアルバムを発表した。

多くのメディア関係者と同様、7月に健康危機について意見を述べました。彼らは、フランス当局が押し付ける強制ワクチンや健康パスに対して、「これはすべての人の治療の自由に対する挑戦である」と明確な姿勢を示しました。

IAMは、グループのメンバーがコロナウイルスに陽性であることを発表した後、身元を明らかにしないままコンサート日程をキャンセルすることを余儀なくされました。8月初旬、アケナトンが呼吸困難のため数日間入院していたことがわかった。このエピソードに、ラッパーは疲れ切ってしまった。

2021年8月

 

https://musique.rfi.fr/artiste/rap/iam