Patrick Bruel

Patrick Bruel

Happy Birthday Patrick!


1990年代前半にフランスで「ブルエルマニア」がありました。歌手はまだこの時代の特徴が強く残っていて、常にそれを喚起したいとは思っていない。それどころか、彼はむしろ芸術的な評価を求めているのです。今日、彼はフランスの歌の “重鎮 “の一人です。

バイオグラフィー


1959年5月14日、アルジェリアのオラン近郊のトレムセンで生まれたパトリック・ベンギギは、フランス人教師である離婚した母オーガスタに育てられた。アルジェリアの独立後の1962年にフランスに戻った二人は、パリ郊外のアルジャントゥイユに住み、その後、パリ13区に移りました。思春期に熱中したのはサッカーで、それを職業にすることを夢見ていた。彼は、母親が持っていたブラッサンスやブレルのレコードや、自分が持っていたエリック・クラプトン、ジェフ・ベック、ジミ・ヘンドリックスといった偉大なロックギタリストのレコードを聴いて育った。

1978年に学士号を取得した後、パトリックは大学に進学したが、何よりもクラブ・メディテラニーでGO(エンターテイナー)となり、ギターで歌いながらパーティーを開いていた。

同年、日刊紙「フランス・ソワール」の広告に答えたパトリックは、アレクサンドル・アルカディ監督の映画「Le coup de sirocco」に出演した。この映画は、1962年にアルジェリアが独立した後、黒人の家族がフランスに到着するというストーリーである。パトリック・ベングイがブリュエルになったのはこの時である。映画の成功にもかかわらず、プロとしての結果は乏しく、1979年、パトリックは長い間夢見ていたニューヨークへの旅立ちを決意した。そこでは1年間、ビッグアップルを縦横無尽に駆け巡り、音楽体験に満ちたナイトライフをリードしていきます。ナイトクラブ、クラブ、バー……人々が音楽を聴く街にある無数の場所をすべて訪れました。この時、後に彼の共犯者、友人、そしてメインライターとなるジェラール・プレスグルヴィックと出会ったのである。

帰国後、パトリック・ブリュエルは、フランスの首都の主要なキャスティング・ディレクターの一人であるマルゴ・カプリエに見出され、すぐに劇場や映画館でいくつかの役を得ることができた。1981年にはピエレット・ブルーノの「Le Chariman」を劇場で演じ、翌年にはベルトラン・ヴァン・エファンテールの「Le Batârd」で映画に戻り、1983年には1950年代のフランス領アルジェリアを舞台にした「Le Grand Carnaval」でアレクサンドル・アルカディと再会しました。

1983年:「Marre de cette nana-là」

1981年に1stシングル「Vide」が注目されずに終わった後、1983年に「Marre de cette nana-là」がリリースされた。これは、若い男性にとってすぐに成功し、一夜にして若い女の子たちのアイドルとなった。

1985年には、マリア・パコムの新作『On m’appelle Emilie』、そしてパトリック・シュルマンの映画『P.R.O.F.S』を発表しました。最後に2枚目のシングル「Comment ça va pour vous」が発売され、前作と同様に好調でした。

1986年、パトリック・ブリュエルは、リダ・デヒ監督の映画「La Mémoire tatouée」で初めて国際的な映画体験をした。

しかし、1986年は何よりもファーストアルバム『De face』の年でした。ジェラール・プレスガービックとブリュエル自身がほぼ全面的に作曲したこのレコードは、歌手の最初のヒット曲が含まれていなかったため、それまでのシングルのようには売れなかった。このアルバムには、女優のミウミウとのデュエット曲や、ブルエルが主演したクロード・ルルーシュ監督の映画「アテンション・バンディッツ」(1987年)の主題歌として使用された「Tout le monde peut se tromper」などが収録されています。

1987年2月、28歳になろうとしていたパトリック・ブリュエルは、パリのオリンピアという権威ある舞台に立った。この初めての大きな舞台との接点が、1988年のライブアルバムにつながった。

パトリック・ブリュエルの映画での役柄は、演劇とは異なり、1988年にジョルジュ・ロートナー監督の「La Maison assassinée」で演じたような、どちらかというとドラマチックなものでした。しかし、1989年には、アレクサンドル・アルカディとの3度目のコラボレーションである「L’union sacrée」と、ピエール・ジョリヴェ監督の映画「Force majeure」で、2つの注目すべき作品に出演しています。

1989年10月、パトリック・ブリュエルのセカンドアルバム「Alors regarde」が発売された。このアルバムは、シンガーがスターから本物の歌のスターになるという、彼のキャリアの転機となりました。

パトリック・ブリュエルが自ら選んだトゥールーズ(Polygoneスタジオ)とニューヨーク(Hit Factory)で、クロード・ヌガロの「Nougayork」などのプロデューサーであるミック・ラナロがこのアルバムを録音し、プロデュースしました。フランス人ミュージシャン(ピアノと金管楽器のフィリップ・サイス、ピアノのジェラール・ビキアーロ、ドラムのクリスチャン・パドヴァーニ)とアメリカ人ミュージシャン(ニック・モローチ、カール・ジェイムス)による演奏で、ブルエルとプレスグルヴィック(2つのテキストにはブルーノ・ガルシン)が書いた11曲は、友情(「Place des grands hommes」)、愛(「Je te l’dis quand même」)、ブルエルとプレスグルヴィック(2つのテキストにはブルーノ・ガルシン)など、歌手の好きなテーマを喚起しています。

このアルバムは、Claude Nougaroの「Nougayork」のプロデューサーであるMick Lanaroが、Patrick Bruelが意図的に選んだToulouse(Polygoneスタジオ)とNew York(Hit Factory)で録音・制作したものです。フランス人ミュージシャン(ピアノと金管楽器のフィリップ・サイス、ピアノのジェラール・ビキアーロ、ドラムのクリスチャン・パドヴァーニ)とアメリカ人ミュージシャン(ニック・モローチ、カール・ジェームス)による演奏で、ブルエルとプレスグルヴィック(2つのテキストはブルーノ・ガルシン)が書いた11曲が収録されています。ブルエルとプレスガービック(2つの歌詞はブルーノ・ガルシン)が書いた11曲は、友情(”Place des grands hommes”)、愛(”Je te l’dis quand même”)、ブラジル(”Décalé”)、地球の問題(”Alors regarde”)など、歌手の好きなテーマを喚起しています。情緒をベースにしたこのアルバムは、最初から大成功を収めたわけではなく、1stシングルの「Casser la voix」が売り上げを大きく伸ばしたのだ。しかし、「ブリュエル現象」が現れるのはステージ上です。

ブルエルマニア

アルバム発売から1年後の1990年10月5日、ブルエルはフランス国内および海外で130日以上に及ぶ長期ツアーを開始した。コンサートでは連日、会場を埋め尽くすほどのファンが集まり、ファンの叫び声や歌手への涙の訴えで、ミュージシャンの声が聞こえなくなることもあった。Bruelmania “が日本を席巻した。1990年10月9日から17日まで、パリのゼニスで行われたこのツアーには、12月にも3回のコンサートが追加され、観客の要望に応えました。Bruelは12月16日にOlympiaでも演奏しました。

ブルエルは1991年2月のVictoires de la musiqueに3度ノミネートされたが、1度も受賞することはなかった。確かに、若い人(女の子)を相手にした彼の勝利は、しばしば嘲笑や皮肉を引き起こした。彼に報酬を与えないことで、プロフェッションはこのイメージを世論の一部に反映させています。

しかし、パトリック・ブリュエルは何万人ものファンを魅了し続け、1991年5月のPrintemps de Bourgesフェスティバルでは、数時間で8,000枚のチケットが売れたという。様々なシングルがヨーロッパやカナダのチャートにランクインしました。彼は数カ国語でミュージックビデオを撮影し、ヨーロッパの多くのテレビ番組に出演しました。

6月、パトリック・ブリュエルは、Sacem(作曲家・作家協会)が毎年授与する賞のひとつ、Vincent Scotto賞を受賞しました。そして91年の夏、ツアーは大勢のファンの間を縫って進み、ラ・ロシェルのフランコフォリーなどにも立ち寄りました。そして、アルバム「Alors regarde」が250万枚近く(後に300万枚を超える)売れた11月には、90-91年のツアー中に録音されたライブアルバム「Si ce soir」が発売され、100万枚の売り上げを記録した。

1992年2月1日、パトリック・ブリュエルはついにVictoire de la Musique賞の最優秀男性パフォーマー賞を受賞しました。そして1993年には、Claude Zidi監督の「Profil bas」とMichel Deville監督の「Toutes peines confondues」の2本の映画に出演しました。

1994年4月、3rdアルバム「Bouge」を発売。ミック・ラナロがプロデュースし、ニューヨークでレコーディングされたこの新作は、前作よりもはるかにロック色が強く、彼の70年代ロックへの情熱を思い起こさせるようなギターリフが好まれている。しかし、ブルエルはロマンチックな歌手というイメージから脱却するのに苦労し、アルバムの成功は「Alors regarde」のスコアには及ばなかった。レコード会社のBMGは、1994年末から始まったツアーで売上を伸ばしたいと考えていた。そこで、1994年9月16日から20日まで、パリ最大の会場であるベルシーでコンサートを行うことがメディアで発表され、大きな反響を呼びました。

9月15日、ザイールのLokua Kanzaが、Patrick Bruelの復帰公演のオープニングを飾りました。新曲と旧曲の中で、パトリック・ブリュエルは、ジャック・ブレルの「Jeff」を筆頭に、いくつかのカバー曲を歌いました。

Youssou N’DourとKhaledとのトリオ

1994年末から1995年の一部にかけて、彼は以前よりもずっと静かなツアーで世間に復帰しました。95年春、10代の若者が審査員を務めるというユニークな映画祭である第10回パリ映画祭の審査委員長に就任した。

95年の夏には、再びラ・ロシェルで開催されたフランコフォリーズ・フェスティバルに主賓として招かれ、カレド、セネガル人歌手のユッスー・ンドゥールとのトリオで「Quand les hommes vivront d’amour」を歌った。7月12日から8月13日にかけて行われたツアーでは、南フランスのオランジュとトゥーロンでの2回のコンサートをキャンセルし、両町の極右市長との意見の相違を示しました。時事問題に強い関心を持つパトリック・ブリュエルは、フランスの政治的・社会的な出来事について躊躇なく意見を述べ、1991年11月末には「Sept sur Sept」などの有名なフランスのテレビニュース番組にもよく招かれていた。

秋には南米に飛び、フランシス・ヴェーバー監督の映画「Le Jaguar」をジャン・レノと一緒に撮影した。そして12月1日には、94~95年のツアー中に録音した新しいライブアルバム『On s’était dit』をリリースしました。11月には、ジョニー・ハリデイのために書き下ろしたアルバムのプロモーション・シングル「Pour exister」が発売されました。

1996年1月、「Jaguar」の撮影を終えたベネズエラから帰国したパトリック・ブリュエルは、カンヌで開催されたMidem(Marché International du Disque et de l’Edition Musicale)に出席し、主賓の一人として参加した。2月7日には、アメリカのシドニー・ポラック監督による「Sabrina」が公開され、パトリック・ブリュエルがハリソン・フォードをはじめとする国際的なスターと共演しました。そして10月9日、今度は “Jaguar “がスクリーンに登場しました。

当時、彼は数人の若いアーティストを立ち上げるために、小さなプロダクションレーベルを作りました。また、フランスのコメディアン、コルシュが設立した恵まれない人々に食事を提供する団体「Restaurants du cœur」を中心とした人道的な目的のアルバムにもよく名前が登場している。

1999年:「Juste avant」

1997年8月27日、ブルエルは、アレクサンドル・アルカディ監督による政治スリラー映画「K」を発表した。99年秋のアルバム発売を待つ間、パトリック・ブリュエルは98年春にパリで兄のダヴィッドが作曲した舞台「La Grande magie」の制作に着手した。この経験は、10年以上も舞台に立っていなかった俳優を魅了しました。

1999年10月にニューアルバム「Juste avant」を発売。母親の再婚相手であるダヴィッドとファブリス・モローの2人の兄弟が、1作目の作曲と2作目のタイトルの解釈に協力した。作詞家のマリー・フローレンス・グロと、彼女のお気に入りのプロデューサー、ミック・ラナロがチームを完成させた。また、Félix Grayが彼のために書いた曲「le Café des délices」は、歌手のルーツであるアルジェリアに敬意を表して、アラブ風のサウンドになっています。しかし、批評家がある種の芸術的成熟を認めたとしても、ハッピーでアンハッピーなラブストーリーは、ブルエルの得意とするところである。

2000年4月に1995年以来のツアーを再開する前に、パトリック・ブリュエルは1月に行われた「レストラン・デュ・クール」に声を提供するアーティストの集団である「エンフォアレス」のツアーに参加した。Téléphoneの「La Bombe humaine」では、パトリック・フィオリとのデュエットやパスカル・オビスポとのデュエットを披露しました。そして、いよいよ大成功のうちにツアーに乗り出した。狂気を抑え、大衆との関係をより成熟させたパトリックは、自分の人気と歌の世界での重要な地位を確認した。その証拠に、「Chorus」誌2000年春号の表紙は、まさにプロの聖職者。

5月4日には、パリのゼニスで8回にわたるコンサートの第1回目を行い、その後、フランス全土に向けて出発しました。しかし、彼は5月15日にパリの会場に戻り、Pascal ObispoからNilda Fernandez、そしてRégine、Khaled、Garou(NDDP)、Lâm、Line Renaudといった多くの友人たちと40歳の誕生日を祝いました。しかし、何よりもシャルル・アズナブルの並外れた存在感がこの夜のハイライトであり、目を疑うような聴衆の喜びとなっています。

A million for Patrick

夏のツアーを成功させた後、秋にもノンストップでツアーを続け、2001年からは新たなツアーを開始した。2000年12月には、アルバム「Juste avant」が100万枚を突破したことが発表された。

1月には、チャリティ団体「Restaurants du cœur」への寄付を目的とした一連のコンサート「Odyssée des Enfoirés」に出演しました。3月、彼は再び自分のアカウントで旅に出ました。4月には、パリのゼニスで数日間の公演を行いました。6月には、フランスでのコンサートを再開する前に、インド洋で数回の公演を行いました。

5月には、「PatrickBruel live」と題した2枚組のライブアルバムが発売され、フランス音楽界で最も人気のあるアーティストの仲間入りを果たしたブルエルに敬意を表しました。アルバム「Juste avant」は180万枚の売り上げを記録し、1年間のツアーを行い、パリのゼニス15軒を完売させた。

個人的なレコーディング活動とは別に、ドミニク・カブレラ監督の「Le lait de la tendresse humaine」(2000年)とジル・パケ=ブレネル監督の「les Jolies choses」(2001年)の2本の映画を制作し、2002年の「Enfoirés」やフローラン・パニーのデュエットアルバムに参加して、アズナブールの「Les emmerdes」を一緒に歌ったこともある。また、2002年のユーロビジョンでフランス代表としてサンドリーヌ・フランソワが歌った「Il faut du temps」を共同作曲している。

2002年:「Entre-deux」

20世紀半ばのフランスのシャンソンのレパートリーにはすでに散発的に進出していたパトリック・ブリュエルは、2002年春にこのレパートリーのカバーを集めた2枚組アルバム『Entre-deux』を発表した。200曲の中から23曲を選んだことで、数人の歌手仲間を招いてデュエットをする機会を得た。シャルル・アズナブールとは「Ménilmontant」を、フランシス・カブレルとは「La Complainte de la butte」を、ジョニー・ハリデイとは「Qu’est-ce qu’on attend pour être heureux」を歌った。他にも、Zazie、Jean-Louis Aubert、Jean-Jacques Goldman、Danielle Darrieux、Laurent Voulzy、Souchon、Renaudなどのアーティストが参加しています。アルバム発売後、7月の1ヶ月間、ベルギーとフランスを結ぶミニツアーを開始しました。

アルバム「Entre deux」は2002年のヒット作となりました。このアルバムは数ヶ月のうちに200万枚を売り上げ、2002年のフランス人歌手の中で最高額となる520万ユーロの収入を得た。

この商業的、人気的な成功は、1985年以来行っていなかった劇場への復帰を妨げるものではありませんでした。ジャック・ウェーバーと一緒にアメリカの舞台「The Sandman」に挑みました。成功でした。2003年9月から3月まで演奏した後、女優のナタリー・バイエを起用してティエリー・クリファ監督の「Une vie à t’assentre」の撮影を開始し、その後、約40日間のツアーに出発し、最後は7月24日にスイスのニヨンで開催されたパレオ・フェスティバルに参加しました。

8月には、パトリック・モーリス・ベングイからパトリック・ブリュエル・ベングイへの改名が政令で認められました。翌年の9月には、2001年にサントロペで知り合ったパートナーのアマンダと結婚し、2003年にはオスカーという男の子が生まれました。

2004年12月26日に東南アジアの一部を襲った津波災害から数週間後の2005年初頭、パトリック・ブリュエルは「Et puis la terre」という曲を作詞・作曲し、多くのフランス人アーティストによって録音されました。この曲の売り上げの利益は、赤十字社に寄付された。ほぼ同時期に、歌手はRestos du Coeur協会のためにEnfoirésツアーを開始しました。

2006: Des souvenirs devant

2006年8月、すでに次のアルバムのために何曲か書いた後、妻のアマンダに勧められて初めての曲「Je fais semblant」を書いた。彼女はあと2つ書くことになる。それ以外の曲は、ほとんどがブルエルの作詞作曲になります。2006年3月にアルバム「Des souvenirs devant」を発売。その中には、「Peuple impopulaire」となったヴィクトル・ユーゴーの文章も含まれており、当時のフランスのニュースでは特に反響が大きかった。また、歌手は「Adieu」でテロを糾弾しました。

しかし、アルバム全体では、繊細な自伝的コードが使われています。「Ma maison de papier」のような曲では、例えば、息子のオスカーを連想させます。「Des souvenirs devant “は、希望と不安に彩られたアルバムで、ようやくできた家族(2005年9月には次男のLéonが誕生)のおかげで得られた幸せを証明すると同時に、私たちが生きている世界を前にして、大きな明晰さを示しています。

10月からはツアーも始まります。

その一方で、パトリック・ブリュエルは俳優としての活動も続けていました。クロード・シャブロル監督の映画「L’ivresse du pouvoir」でイザベル・ユペール、フランソワ・ベルレアンと共演。2007年にはクロード・ミラー監督の映画「Un secret」に出演し、翌年にはダニエーレ・トムソン監督のコーラス映画「Le code a changé」のキャストとして参加しました。

Des souvenirs devant」ツアー中の2007年にベルシーで行われたコンサートを収録した「Patrick Bruel Live」がCDとDVDで発売されました。2008年10月、ブルエルは全く新しい形で再び旅に出ました。今回は、人間の大きさの会場で、ピアノ・ボーカル、時にはギターを伴奏にしたアコースティック・コンサートを行いました。忠実な観客の近くにある中小の町を訪れる、親密なツアーです。

2010年、映画「Comme les cinq doigts de la main」でアレクサンドル・アルカディ監督と再会したブリュエルは、ベルナール・ミュラが監督したマチュー・ドラポルトとアレクサンドル・ド・ラ・パテリエールによるコメディ「Le Prénom」で劇場に復帰しました。この舞台は大成功を収め、2012年4月には映画化もされました。

2011年7月、彼はラスベガスでショーを行いました。その数時間後には、彼が数年間にわたって熱心に、そして高いレベルでプレイしてきたゲーム、World Poker Championshipsに参加しました。

同年、自叙伝『Patrick Bruel: conversation avec Claude Askolovitch』(Edition Plon)を出版し、自分の出自、家族、キャリア、情熱について語っています。

2012年:「Lequel de nous」

2012年末には、ニューアルバム「Lequel de nous」を発表し、歌手として復帰しました。前作から6年が経過しました。7枚目のアルバムとなる本作で、パトリック・ブリュエルは自身の経験(2007年末の離婚、父親になること)と、常に研ぎ澄まされた世界観を表現しています。2011年春のチュニジア革命、人質になった妻を思う夫の苦悩、刑務所に入った父親の苦悩、インターネットの危険性(ラッパーのLa Fouineをゲストに迎えた「Maux d’enfants」)などが、このアルバムを貫くテーマとなっています。

パトリック・ブリュエルは、2013年5月に公職に復帰しました。5月29日から31日までパリのゼニスで公演。

2012年には、ソフィー・ルルーシュ監督の「Paris-Manhattan」に出演し、ウディ・アレンが本人役で出演しました。Alexandre de La PatellièreとMatthieu Delaporteによる「Le Prénom」では、2013年セザール賞の男優賞部門にノミネートされました。

2014年9月5日、2013年春から始まったフランス、ベルギー、カナダのツアーは観客動員数100万人を超え、リールのスタッド・ピエール・モーロワで幕を閉じました。そして、9月22日には、シナトラ、ボウイ、ビートルズ、ラ・カラスなどの思い出が詰まったロンドンのロイヤル・アルバート・ホールでの初の英国公演に向けて出発しました。フランス人を中心とした3,600人の観客は、彼女のヒット曲に合わせて歌い、手首には曲に合わせて色が変わる光るブレスレットが巻かれていました。リールとロンドンのコンサートはライブでCDに収録されました。

2014年10月には、映画「Tu veux ou tu veux pas」でソフィー・マルソー、シルヴィ・バルタンと共演しました。30日には7年ぶりとなるアメリカツアーをマイアミで開始し、その後、11月8日までニューヨーク、ボストン、ヒューストン、ワシントンDC、ロサンゼルスの5カ所で公演を行いました。

2015年:バーバラへのオマージュ

11月には、兄である作曲家のダヴィッド=フランソワ・モローがプロデュースとアレンジを担当した、バルバラへのトリビュートアルバム「Très souvent je pense à vous…」をリリースしました。母親と一緒に彼女を発見した歌手は、1990年に「L’Aigle noir」の解釈者である彼女のテアトル・モガドールでの歌唱ツアー中に出会っており、この出会いは彼の人生の最高潮として記憶に残っています。

その後、2016年3月から5月にかけてツアーが行われ、テアトル・モガドールで3回の公演が行われました。”Perlimpinpin “は、3月22日にブリュッセルで起きたテロの犠牲者へのオマージュとして、ベルギーの国旗を背景に、ロックのリズムに合わせて演奏されました。また、2015年11月13日の同時多発テロにちなんで、自作のテキスト「Promenade dans le 5ème」を歌いました。2008年に行われたアコースティックツアーでは、バルバラの姿がすでに登場していました。この曲は、長い間歌うことを諦めていましたが、ある晩ヴィシーで思い切って歌ってみました。

2016年には、ジョセフ・ジョフォの同名小説を映画化した「Un sac de billes」にエルサ・ジルバースタインと出演しました。

2018年:”Ce soir on sort…”

2018年にはアルバム『Ce soir on sort…』を発売。この15曲の中には、親密な考察と時事的な問題が交互に含まれています。”Mon repère “は、現在の元妻であるArmanda Shtersとの共作で、2013年に亡くなった友人である法学者Guy Carcassonneへのトリビュート作品です。他のタイトルは、2015年の同時多発テロや移民問題、あるいは彼が参加したワールドカップでのフランスチームの勝利を暗示しています。パトリック・ブリュエルは、ケベック人のピエール・ラポワントと一緒に仕事をしたいと考え、「L’amour est un fantôme」と「Arrête de sourire」の2曲を契約した。

もちろん、アルバム発売後すぐにツアーが組まれ、2019年2月12日にエペルネでスタートします。20日から23日まで、パトリック・ブリュエルはパリのDôme-Palais des Sportsでパフォーマンスを行い、その後再びツアーに出ます。

2019年2月

14/05/1959
トレンセン(アルジェリア)
国: フランス
言語:フランス語
品質:作家・歌手・作曲家
音楽ジャンル:歌

[rfi] https://www.rfi.fr/fr/france/20211014-france-la-hausse-des-prix-du-carburant-tend-les-usagers-et-le-gouvernement
シェアしよう!