フランスで販売されている魚のほぼ半分は「持続可能な供給源からではない」

フランスで販売されている魚のほぼ半分は、持続不可能な個体群から来ていると、フランス海洋開発研究所の報告によると、乱獲は依然として主要な環境問題であると警告した。

火曜日に発表されたイフレマーの報告書は、フランスが欧州連合の100%持続可能な漁業目標をはるかに下回っているため、進行中の課題を強調している。

これは、過去12ヶ月間のわずかな進歩にもかかわらずです。

2022年にフランスで降ろされた347,000トンの魚のうち、56%が持続可能な方法で調達されました。その数字は前年の54%から上昇しています。

報告書はまた、サバやイワシを含むフランス市場の種の20%が依然として乱獲個体群から来ていることを発見しました。

人口「崩壊」

イギリス海峡のポラックや地中海のヘイクなど、一部の種は人口崩壊を経験している、と研究者は述べた。

最高の持続可能な収量で漁獲された場合でも、その持続可能性は毎年繁殖の成功に依存しているため、多くの魚の個体群は脆弱なままです。

イフレマーはまた、地域格差を指摘しました。地中海では、捕獲された18,000トンの魚のうち、持続可能な供給源からのものはわずか36.5%でした。

北海と東イギリス海峡はより良いパフォーマンスを発揮し、シーフード量の63%は豊富なニシンとホタテ資源に支えられた健康な個体群から来ています。

進歩が遅すぎる

魚の10%しか sustain的に調達されていない2000年以来、進歩がありましたが、Ifremerは過去5年間で改善が停滞していると言います。

Ifremerの漁業専門知識コーディネーターであるClara Ulrichは、若い魚は自然環境で繁栄するのに苦労していると述べました。

「持続可能な漁業を達成するためには、100%持続可能な魚の個体数を持つという目標を達成するだけでなく、長期的に維持する必要がある」と彼女は言った。

「これを達成するためには、特に気候変動に伴い、魚の卵や幼虫の発達に影響を与える要因をよりよく理解する必要があります。」

水温の上昇は海洋の生物多様性に影響を与え、食料資源の利用可能性の低下につながったと彼女は付け加えた。

(ニュースワイヤー付き)
https://www.rfi.fr/en/france/20240215-almost-half-of-fish-sold-in-france-is-not-from-sustainable-sources

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1749
Enable Notifications OK No thanks