サッカーフランス代表チームの宿泊費は高すぎるのか

サッカーワールドカップが開始し、日本では南アフリカの治安に関するニュースが多く取り上げられているようだが、フランスでは「フランス代表選手団の宿泊費が高すぎるのでは」といった論争がニュースを沸かせている。

フランス代表チームの部屋代は589ユーロでドイツの2倍の額だ。ちなみに日本は395ユーロ、最も安い国はホンジュラスで74ユーロだという。

首相府は「部屋代について今論争するときではない」とコメントするが、社会党の議員は「サッカービジネスの逸脱だ」と批判。

もちろん論争を受けた選手たちにも言い分があるわけで、勝負でとやかく言われるのは仕方ないが、部屋代でクレームをつけられたくないといった様子だ。

さて、試合で勝てば部屋代の高さは帳消しになるのか。帳消しといかずとも、試合の興奮でしばらくはこの論争を静めることができるかもしれない。

関連記事

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. フランスでは先日サルコジ大統領によって、パリを改造する都市計画「グランパリ」が発表された。 空港と…
  2. フランスはEUで最も工業の空洞化がおきている国だそうで、ドイツの工業の付加価値がフランスの2倍とサル…
  3. フランス映画祭2019「アマンダと僕」で来日中のミカエル・アース監督にインタビューを行いました。 …
  4. ヨーロッパでは新型コロナウイルス感染対策における移動制限など封鎖解除に向けて動き始めました。これは…
  5. フランスの救助隊120人が救助装備と共に日本に到着し、救助にあたりましたが、あまり満足な活動が出来ず…
  6. パリ市内の高校で、携帯電話の使用を教師に禁止された生徒が、「先生を変えてほしい」と校長に訴えるほか、…
  7. アメリカの国債の格付けをスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が最高のAAAから一段階引き下げたこ…
ページ上部へ戻る