ハンドでワールドカップ出場か

サッカーワールドカップの出場をめぐって、「ハンド」によるゴールがヨーロッパで大問題となっている。

18日のフランス対アイルランドの試合で、フランスのアンリ選手がハンドのゴールによって得点。審判が見逃していたことで、フランスのワールドカップ出場が決まっていたが、ハンドの場面がビデオで明らかになり、アイルランドは国際サッカー連盟(FIFA)に再試合を求めていた。

FIFAはアイルランドの要求を却下。アイルランドは再試合を断念せざるを得ないこととなった。

ゴールを決めた問題の選手、アンリ選手は自身でハンドを使った認識があったと話している。「とっさに腕にあたった。試合終了後に審判には申し出たが、試合が終わった後だったため結果は変わらなかった。ファンの方々には申し訳ない気持ちがある」とコメントしている。

関連記事

ニュースレター

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 2010/10/25

    産休延長へ
ページ上部へ戻る