2020年オリンピック東京開催に向けて日仏企業コミュニティーが結集:東京開催を支援表明

CCIFJxTokyo2020

在日フランス商工会議所は、2020オリンピックとパラリンピックの開催地として東京を支援すると年の2013年7月16日に発表しました。

ベルナール・デルマス在日フランス商工会議所会頭は、「在日フランス企業は、2020年のオリンピックの開催候補地として [東京]を最大限支持します。今や[東京]はウェルカム精神旺盛で、安全性が高く、サービスの行き届いた国際都市として知られています。エネルギッシュで、比類なき豊かな芸術とスポーツ文化があり、そして何よりもこの壮大なプロジェクト実現に向けて集う[東京]の街と人こそが、ベストプレイとフェアプレイを祝う祭典にふさわしい理想のホスト地に違いありません。」と語りました。

関連記事

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 324号の「子だくさんフランス」で、少し紹介したフランスの制度PACS(連体市民協約)ですが、いつも…
  2. espace sans tabac
    フランス国内の子どもの遊び場を全面禁煙にする行政命令が出ました。 違反した場合は68ユーロの罰金が…
  3. OECD加盟国によるPISA(学習到達度調査)の2009年度の結果が発表された。PISAは3年ごとに…
  4. 毎年夏になると400万部も売れるベストセラーの本があります。それはcahier de vacance…
  5. フランスには最大40万人の不法移民が滞在するとされ、移民規制の政策は強化される傾向にある。特にフラン…
  6. しかしパリジャン紙によれば、最近フランスの民間研究所「平和と紛争に関する資料研究センター(CDRPC…
  7. 次世代原子炉が元凶フランス原子力最大手のアレバが経営難に陥っています。 全世界の従業員の1…
ページ上部へ戻る