カテゴリー:経済

  • フランス製の高級品、輸入品と勝負

    衣服を購入するとき、「Made in China」が珍しくなくなったのはいつ頃のことだろうか。安価な衣料品が溢れる昨今ではもはや「Made in China」は当たり前。そのためか「Made in Italy」の洋服がい…
  • フランス人、トップクラスの生産性

    バカンスと言えばフランス人。フランス人はよく遊び、ほどほどに働くといったイメージを持つ人は多い。そのイメージは実際のところどうなのか。 まず「よく遊ぶ」というイメージだが、フランス人の有給休暇は年間最低でも37日。…
  • 安さを求めた闇市が社会問題へ

    フランスではパリ郊外の一部の地域で、もぐりの街頭販売が急増し社会問題へと発展している。 問題のこの闇市は一年ほど前から急増。無許可で路上に店を出し、ニセブランドの衣料品から、賞味期限切れの食品、携帯などありとあらゆ…
  • アイスランド火山で325億円の損害に

    先週はアイスランドの火山灰によって、空の便が立ち行かなくなっていたが、ここ数日で回復。空の見通しがよくなるのと同時に、火山灰の被害額が明らかになってきている。 フランスでは国内の航空会社や旅行会社の被害額は総額2億…
  • 中国工場を閉鎖しフランスへ

    ここのところ中国にあった製造工場を閉鎖し、フランスへ戻ってくる企業が出てきている。 中国では人件費が安いことから、経費削減を狙い工場を移転するものの、生産ラインにのせるまでにいたらず、引き払ってしまうのだという。 …
  • ギリシャ財政破綻で広がる懸念

    ギリシャの破綻でEUが揺れている。ヨーロッパで破綻しそうな国の頭文字を合わせてPIGSと言われるが豚ですからね。ひどい言われようです。P=ポルトガル、I=アイルランド、イタリア、G=ギリシャ、S=スペイン。それ以外にもS…
  • フランスの工業に対して対策

    フランスはEUで最も工業の空洞化がおきている国だそうで、ドイツの工業の付加価値がフランスの2倍とサルコジ大統領は話している。EU圏内での工場の移転が進んでおり、今までフランスにあった工場は労働賃金の安い同じEU圏内の東欧…
  • フランス電力社長に2重の退職金

    フランス電力公社の新しい社長に2重給与が支払われており、利益をむさぼっているとして批判が集まっている。 新しい社長はもともとベオリア社という別会社に40年勤務しており、ベオリア社の年金が年間140万ユーロ、さらにフ…
  • ダボス会議、サルコジ大統領の基調講演

    スイスのダボスで世界経済フォーラムが1月下旬に開催された。通称ダボス会議と呼ばれるが、この会議の40年の歴史の中で今回初めてフランスの大統領が基調講演を行った。 サルコジ大統領の講演内容は世界同時不況が、行き過ぎた…
  • 仏12月の失業者数半年振りに減

    ヨーロッパや世界各地で景気回復の兆候がみられはじめている。フランスでは12月の失業率がわずかながら減少した。これは半年振りのことになる。 12月の失業者数は約261万人で1.6%減少した。ここで明るい兆しと考えられ…
  • 中小企業に比べ税金を払わない大手企業

    フランスでは会計検査院が上場している多国籍企業が税を免れているという調査結果を発表した。 その調査によると従業員10人以下の小企業は利益に対して平均30%の税金を納めているのに対して、cac40(Cotation …
  • ユニクロがパリ進出

    10月2日にUNIQLO(ユニクロ)から+J(プラスジェイ)という新ブランドが発売されたが、店舗には商品を求める人が殺到し、売り切れが続出したそうだ。ちなみに、Jは世界的デザイナーJil Sander(ジル・サンダー)…
  • フランステレコム、ナンバー2の解任へ

    フランステレコムの自殺者が後を絶たないことはフランスでの社会問題とも言える。10月に入ってからは自殺したコールセンターで働いていた労働者の追悼行進が行われた。 もともと技術職であった人間が営業やコールセンターに異動…
  • 消費税引き下げでもレストラン価格下らず

    フランスの外食産業へのTVA(付加価値税)引き下げについてのニュースは、これまでにも何度かお伝えしているが、7月1日より税が引き下げられ、早速効果測定が行われている。 TVAが19.6%から5.5%に引き下げられた…
  • 300万リットルの牛乳放流される

    世界の飢餓難民は10億人を達したそうで、世界中で6人に1人は飢えで苦しんでいるという計算になる。 一方、先進国は依然として飽食の時代で、デモを行うために牛乳が粗末に扱われることもある。 フランス・ベルギーでは…
  • 人気のキット式住宅でコスト削減

    先日、フランスでは引越控えが進んでいるというニュースをお伝えした。新築件数も減っている他、賃貸の家賃も10年ぶりに減少しており、不動産業界の冷え込みは厳しい。 また、引越をしても業者に頼まず自分の手で引越を済ませよ…
  • フランスも7月は失業者数増

    フランスの失業者数は253万人で、専門家によると見通しは暗い。パート社員だけでなく、50才以上のベテラン社員へのリストラが予想され、今後数値は悪化する予想だ。 回復の兆しが見られると言われる世界経済だが、雇用面では…
  • フランスの税制

    衆議院議員選挙もいよいよ終盤戦。地方分権を叫びながら、地方自治体の政策に反対する選挙演説を聴くたびに、本当にこの政治家は物事分かって話しているのか?と感じる。都政にケチを付ける以前に、国政をどうするかが自分の仕事だろう。…
  • トレーダーの賞与に新たな規定

    フランスの大手銀行BNPパリバの第2・四半期決算は16億0400万ユーロ(22億9000万ドル)となり、純利益が前年同期に比べて6.6%増加した。このうち10億ユーロをトレーダーのボーナスにあてると発表されたことで、「世…
  • フランスの引越控え

    不景気の流れが、フランスの引越事情にも影響を与えている。 フランスでは今年に入り、新築物件の売上件数が30〜35%マイナスに投じており、全体の引越件数が減少。さらに、引っ越しをする人も業者に頼むのではなく、自分たち…

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. ヴァカンスの学習帳(夏休みの練習帳)

    毎年夏になると400万部も売れるベストセラーの本があります。それはcahier de vacance…
  2. フランスは世界の学力で中位

    OECD加盟国によるPISA(学習到達度調査)の2009年度の結果が発表された。PISAは3年ごとに…
  3. 幼児のテレビ鑑賞は禁止すべき?

    幼児にテレビを見せてもいいのか、悪いのか。年少者を育てる親なら誰もが悩むテーマだが、どんな育児書でも…
  4. フランスの工業に対して対策

    フランスはEUで最も工業の空洞化がおきている国だそうで、ドイツの工業の付加価値がフランスの2倍とサル…
  5. 科学技術振興する国家

    最近話題の事業仕分けでいよいよ官庁が持っていた利権にメスが入ると巷では評価が高い様だ。一方科学技術分…
ページ上部へ戻る