リモージュで開催された「フランコフォニー2021」のために制作された、カメルーン人のレオノラ・ミアーノのテキストをもとにしたオディール・サンカラの作品「Et que mon règne arrive」。クリストフ・ペアン