緊迫したフランスのスナップ選挙運動で50人以上が暴行された

日曜日の急な議会選挙の最終ラウンドに向けて、フランスの50人以上の政治家や活動家が暴行を受けた、とジェラール・ダルマナン内務大臣は述べた。

「このキャンペーンは短いですが、すでに身体的暴行を受けた51人の候補者、代理、活動家がいます」とダルマニンは金曜日にBFMTVに語った。

極右と極左グループの過激派を含む30人以上が逮捕された、と彼は言った。

検察官によると、3人の未成年者を含む4人が、パリ郊外のムドンでキャンペーンポスターを貼っている間、水曜日に政府のスポークスウーマンPrisca Thevenotと彼女のチームを攻撃したことで拘束された。

攻撃の動機は明らかではない。

モーリシャス出身のテベノットは被害を受けなかったが、彼女の同僚のヴァージン・ランロとサポーターは、約20人による攻撃後に負傷し、病院に運ばれた。

フランス「端」

先月、エマニュエル・マクロン大統領は、極右が欧州選挙で中道同盟を上回った後、パリがオリンピックを開催する数週間前に、スナップ議会選挙を呼び出すことに賭けた。

6月30日の第1回投票の後、反移民と欧州懐疑的な国民集会(RN)党が先行し、577議席の国民議会で39議席を獲得した後、緊張が高まっています。

反移民党は日曜日の決選投票に勝つと予測されている。

中道派と新しい左翼同盟が、RNが政府を形成するために必要な絶対多数を獲得しないようにするための最後の努力を行うため、いくつかの攻撃が報告されています。リーダーのジョーダン・バルデラを首相として。

ダルマニンは、攻撃はフランスが「危機に瀕している」気候で起こっていると述べた。

彼は、攻撃者は「自発的に怒った」人々か、「極左、極右、またはその他の政治グループ」だったと述べた。

暴力と脅迫のための「場所がない」

RN候補者も攻撃を受けています。サヴォワ地域のRN候補者であるマリー・ドーシーは、グルノーブルの町近くの市場で「暴力的な暴行」を受けた後、キャンペーンを中断すると発表した。

RNと同盟した保守的な候補者であるニコラス・コンカーは、彼と同僚がシェルブールでの選挙運動中に卵をまみれたと述べた。

ダルマニンは、パリとその郊外で5,000人を含む、投票を確保するために日曜日に30,000人の警察が配備されると述べた。

一方、パリ弁護士会は、極右のウェブサイト「Réseau Libre」がRNに対する記事に署名した弁護士の「排除」を求めた後、検察庁に訴訟を開くよう求めた。

「暴力と脅迫は私たちの社会には居場所がない」とガブリエル・アタル首相はソーシャルメディアの投稿に書いた。

金曜日、100人以上の弁護士が法律の状態を擁護する公開書簡を発表し、RNを「社会への危険」と表現した。

「私たち弁護士は、RNに反対する法律旅団を結成している」と手紙には書かれている。

(ニュースワイヤー付き)

https://www.rfi.fr/en/france/20240705-more-than-50-people-assaulted-in-tense-french-snap-election-campaign

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1742
Enable Notifications OK No thanks