日本のアルコール消費量は過去20年間で急激に減少しており、これに対抗するため、日本の税務当局は20歳から39歳までの若者にもっと飲酒を奨励するためのコンペティションを開始することになりました。

日本のアルコール消費量は過去20年間で急激に減少しており、これに対抗するため、日本の税務当局は20歳から39歳までの若者にもっと飲酒を奨励するためのコンペティションを開始することになりました。

Enable Notifications OK No thanks