7月15日の週にセーヌ海でひと泳ぎするパリ市長

パリのアン・イダルゴ市長は、7月中旬にセーヌで泳ぐ予定で、正確な日付は天候に応じて7月15日から6月17日の間に固定されている、と彼女は水曜日にフランスの通信社AFPに知らせた。

もともと、水泳はパリオリンピックの1ヶ月前の6月23日に計画されていましたが、大雨によって引き起こされた強力な流れのために延期されなければなりませんでした。ほぼ2週間前に急な議会選挙のキャンペーンが開始されたため、さらに延期されました。

もともと、1月10日、オテル・ド・ヴィルでの新年の挨拶で、イダルゴは、セーヌで泳ぐことが実現可能であることを実証するために、オリンピックの前にセーヌで泳ぐことを約束しました。私たちはセーヌで泳いでいるだろう」と彼女は演説の中で言った。

試合は7月26日に始まります。

オープンウォータースイミングレースやトライアスロンなど、セーヌ州で開催される予定です。

歴史的なジェスチャー

パリの市庁舎は、これらのイベントが開催され、セーヌが泳げるようになると確信しています。

「トライアスロンのプランBは必要ありません。最悪の場合、嵐があれば競技を延期することができますが、セーヌは泳げるでしょう、それは確かです」と、パリ市庁舎の副スポーツディレクターであるピエール・ラバダンはフランス情報に説明しました。

イダルゴは、彼女のセーヌ水泳は「ジャック・シラクの約束から30年以上後」だと言った。

1990年、元フランス大統領、当時パリ市長は「目撃者の前でセーヌ海で入水する」と約束した。

しかし、彼は決してディップを進めなかった。

https://www.rfi.fr/en/sports/20240619-paris-mayor-to-take-a-dip-in-the-seine-the-week-of-15-july

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1742
Enable Notifications OK No thanks