フランスの政策失敗例

日本での現政権の維持が困難なことが原因か、麻生総理はG8で参加国首脳にもメディアにもあまり相手にされなかったらしい。フジテレビはイギリスの選挙システムがお金がかからないすばらしい仕組みだと特集していたが、ちょうどそのとき…

さらに表示 フランスの政策失敗例

サルコジ大統領、心配ないアピール

体調不良により入院、翌日には即退院というお騒がせ振りを発揮したフランスのサルコジ大統領。夏休みに入る前の最後の閣議を終えた後に、大統領府前で簡単な挨拶を行った。 体調に関する悪い噂が飛び交う中、それを吹き飛ばすのが狙いの…

さらに表示 サルコジ大統領、心配ないアピール

フランスの政治、ねじれ現象は?

日本では最近、政権交代で世の中が変わるような言い方をしているが、どうも信用できない。民主党の中身が元自民党の大物議員だったり元総理大臣経験者だったりすることもあるが、知事や市長などでは自民党以外の候補者が当選することは良…

さらに表示 フランスの政治、ねじれ現象は?

サルコジ大統領による演説詳細

先日行われたサルコジ大統領による両院合同議会での演説内容ですが、より詳しい内容をお送りいたします。 ▼国債の発行について 「国債の発行額および形態は、我々が優先課題を共同決定後に決める。国債はフランス国民もしくは金融市場…

さらに表示 サルコジ大統領による演説詳細

フランソワ・フィヨン改造内閣発足

フランソワ・フィヨン改造内閣が発足し、新内閣38人による会議が行われました。会議ではサルコジ大統領から「改革が必要である」と繰り返し主張され、新内閣への意気込みが感じられるものとなりました。 今回は、元ミッテラン大統領の…

さらに表示 フランソワ・フィヨン改造内閣発足

サルコジ大統領、150年ぶりの議会演説

サルコジ大統領が約150年ぶりに、ベルサイユ宮殿の上下両院合同会議で演説を行った。 演説では、時代は新たな入り口に来ているとし、様々な面で抜本的な改革が必要であると主張。新しい国債の発行、年金退職制度、炭素税の導入、さら…

さらに表示 サルコジ大統領、150年ぶりの議会演説

ダライ・ラマ、パリの名誉市民に

チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世がパリの名誉市民の称号を授与した。 昨年の北京五輪の聖火リレーの際には親チベット派の妨害行動がパリで行われたり、サルコジ大統領もオリンピック開会式に出席しないようにEU各国首脳陣…

さらに表示 ダライ・ラマ、パリの名誉市民に

ペルシャ湾に初めての仏軍基地

ペルシャ湾に初めてフランス軍の基地が開設された。フランスが国外に恒久的な基地を開設するのは50年ぶりのこと。最大500人が駐留予定で、ペルシャ湾などでの海賊対策や原油輸送路の安全確保が当面の任務となる見通しだ。 開設式が…

さらに表示 ペルシャ湾に初めての仏軍基地

エールフランス機、消息不明

5月31日にブラジルを出発したエールフランス447便が大西洋上で消息をたっている。 到着便を迎える予定だったシャルル・ドゴール空港へ、乗客の家族がかけつけ、医師やカウンセラー、神父のケアを受けている。乗客はフランス人の他…

さらに表示 エールフランス機、消息不明

日曜日も働きたい?!

まぐまぐ!プレミアム:フランスジャーナルより フランスはカトリックの国のため、日曜日は休息日としてとらえられている。そのため、日曜日になると商店の営業は認められておらず、一部業種を除く大半の小売店は日曜営業を行っていない…

さらに表示 日曜日も働きたい?!

便利なパリ、グランパリ計画

フランスでは先日サルコジ大統領によって、パリを改造する都市計画「グランパリ」が発表された。 空港と市内のビジネス街を一本で結ぶ高速鉄道の計画が目玉となっているが、日本でも似たような話があったのが記憶に新しい。 先日、千葉…

さらに表示 便利なパリ、グランパリ計画

フランス、温室効果ガス排出量削減目標達成へ

昨今環境に関わる事が年々重みを増してきている。急速な景気後退によるリストラであふれる労働力を環境関連に移行しようという案もよく上がるほどだ。 そんな中でフランスが京都議定書の目標を達成したというニュースが入ってきた。サル…

さらに表示 フランス、温室効果ガス排出量削減目標達成へ

サルコジ大統領、ダライ・ラマ14世とついに会談

 フランスのサルコジ大統領はダライ・ラマ14世とついに会談を行った。経  済発展進む中国との関係強化を望む関係でオリンピック前から、前向きのよ  うで後ろ向きだっだダライ・ラマとの会談だったが、金融危機後になってか  ら…

さらに表示 サルコジ大統領、ダライ・ラマ14世とついに会談