パリで開催のジャパンエキスポ

日本でもニュースで目にする機会のあるパリ郊外で行われているジャパン・エキスポ。2000年から開催されていて、始めは3000人ほどの入場者数だったのが、年々増え、今年は18万人を超えるほどに成長している。

オタク文化やアイドルばかりがテレビでは報道されるが、マンガ、ゲーム、ファッションの他、書道、茶道、武道など様々な日本の文化が紹介されている。もちろん来場者は日本に興味のある人ばかりだから、盛り上がっているが、その中に韓国勢が出展している。

日本政府がやっているわけではないし、展覧会ではテーマには厳密に当てはまらないが、関連産業が出展していることは多いので、ヨーロッパから見れば遠い日本が中国や韓国と同一視してしまうのかもしれない。世界的に見ても日本・中国・韓国は共通点の多い国だと感じるのだろう。

同じ事がヨーロッパにも言える。日本から見るとフランスはヨーロッパの一つとして、見てしまうことがあるだろう。ドイツとフランスが同じような感じで一括りにすれば、とたんにフランス人もドイツ人も拒絶するのだ。

ところで、このジャパン・エキスポには韓国の出展が目立ち、マンガや文化が多く見かけるようになってきている。最近では、日本のマンガに非常に良く似た韓国マンガだけではなく、K-POPやドラマなども登場している。

忍者の起源が韓国と主張している武術団体など韓国政府の支援を受けて活動している団体もフランスで活動しており、フランス人に日本の事がちゃんと伝わっているのか気になる。

メキシコ人や中国人や韓国人などがやっている日本料理店がちょっと日本ぽくないといって、JETROが認証制度をはじめたが、料理はどこの人間がやっても美味しい美味しくないはあるだろう。それと違って、日本のイメージを使って売り出しているようにしか見えないのである。

フランス映画祭2011:匿名レンアイ相談所

チョコレートへの共通の情熱から惹かれ合う男女。並外れて感情的で内気なカップルの行方は? ユーモラスで温かく、切ない恋を、じっくり心で味わって。

昨年クリスマスにフランスで公開され、スマッシュヒットを記録したロマンティック・コメディ。チョコレート工場の経営者 ジャン=ルネと、才能あるチョコレート職人アンジェリック。
チョコレートへの愛という共通点を持つ二人は次第に惹か れ合うが、もう一つの共通点が二人の恋愛の邪魔をする。それは感情表現があまりに「豊か過ぎる」ことだった……。 『デルフィーヌの場合』、『ベティの小さな秘密』が日本でも公開されたジャン=ピエール・アメリスの最新作。

監督:ジャン=ピエール・アメリス/出演:ブノワ・ポールブールド、イザベル・カレ/2010 年/フランス
80 分/35mm/カラー/2.35/ドルビーデジタル