旧ソ連で起きたチェルノブイリ原発事故はヨーロッパのみならず日本でも、大変センセーショナルに伝えられ、放射能汚染の脅威を感じたのは記憶に新しい。このときヨーロッパではこの事故を発端に脱原発が進められ、イタリアなどのように廃止されたり、新規建設が行われない状態だった。

アメリカもスリーマイル事故の影響で原発の新規建設は控えられ、原発を推進する国は先進国では主にフランスと日本というだったが、地球温暖化対策で見直されている状況だった。

しかし、福島原発の事故で一転、原発推進派のフランスでさえ、8割が原発廃止に賛成という状況だ。原発が爆発するというショッキングな映像は世界中に流された影響で、外国にいる友人からはヨーロッパなど外国への避難を提案されることが多かった。

友人の中には航空券を用意し、住むところまで提供してくれるというオファーを出してくれる人もいて、日本国内の冷静な感覚とは大きく離れているのには驚いた。

海外のメディアでは、福島原発の放射能汚染のシュミレーション映像などが流され、危機が繰り返し報道されているので無理もないが、これによって自国の原発に対しても不信感が高くなっているようだ。

フランスでは世論調査では、出来るだけ早く廃止、25〜30年かけてゆっくり廃止に77%がを占めました。また支持政党毎にも意見は異なるようで、与党UMPが37%、社会党支持者は77%です。緑の党が61%と言うのが興味深いです。

ドイツなどは、自然エネルギー利用も積極的になっており、原発廃止気運を利用して一気に自然エネルギー導入に踏み切ろうという感じもあります。

関連記事

ニュースレター

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. espace sans tabac
ページ上部へ戻る