フランスのワクチン接種は高齢者施設の入居者から

ワクチン接種は高齢者介護施設の入所者から始まります。 保険当局は新型コロナウィルスワクチンの優先接種対象発表。体の弱い人や高齢者が最優先で徐々に対象年齢を引き下げます。 5段階に分けて行われるワクチン接種の第一弾は早速今…

さらに表示 フランスのワクチン接種は高齢者施設の入居者から

フランスが伝えた日本のコロナ対策

ヨーロッパでの感染拡大で外出制限のあるなか、日本の町並みは人であふれかえっています。 今まで一度も大規模な外出制限は行われていませんが、ウイルスの伝播の追跡システムにあります。 フランスでは誰かが感染すると、誰と接触した…

さらに表示 フランスが伝えた日本のコロナ対策

ファイザーに続き、モデルナもワクチン開発

新型コロナウイルスのワクチンにおいて先行して開発していたファイザーに続き、アメリカの製薬企業モデルナが新たなワクチンを開発しました。 今回発表されたワクチンの有用性は94.5%と非常に高く、ファイザーのワクチンは-70度…

さらに表示 ファイザーに続き、モデルナもワクチン開発

フランス人女性がノーベル賞受賞

フランス人として65人目のノーベル受賞者は女性になりました。 ノーベル化学賞を受賞したのはエマニュエル・シャルパンティエで、現在51歳、ドイツ・ベルリンにマックル・プランク感染生物学研究所を設立し、所長を務めています。 …

さらに表示 フランス人女性がノーベル賞受賞

ワクチン約8000万回分が無駄になる?

新型インフルエンザの世界的流行はヨーロッパではひと段落したものと考えられており、フランスではワクチンが相当量余るのではないかと騒ぎになっている。 フランス政府が注文した新型インフルエンザは全部で9400万回分だ。現在国内…

さらに表示 ワクチン約8000万回分が無駄になる?

新型インフルエンザ、知らずに感染完治?

フランスでは、新型インフルエンザに関する興味深い調査結果が発表された。 その調査によると、フランスでは医師が診察した5倍以上の人が新型インフルエンザに感染していたというもので、その数171万人にものぼるという。 調査はマ…

さらに表示 新型インフルエンザ、知らずに感染完治?

新型インフルエンザ、西欧で下火傾向

WHOによると西ヨーロッパにおける新型インフルエンザの流行は下火傾向にあるが、フランスでは依然として流行がおさまる気配はない。原因として考えられるのが、寒波による急激な気温の低下と乾燥した空気だ。 フランスは12月に入り…

さらに表示 新型インフルエンザ、西欧で下火傾向

ワクチンセンター日曜もオープンへ

フランスでは新型インフルエンザワクチンの接種を希望する人が増加しており、各地のワクチンセンターは行列ができるほどの混雑ぶりをみせている。 待ち時間は2時間以上かかるセンターもあり、この大混雑をうけて人員増強、センターのオ…

さらに表示 ワクチンセンター日曜もオープンへ

新型インフルエンザ患者急増

フランスでは先週に入り新型インフルエンザ患者が急増している。新型インフルエンザで診察を受ける患者数は全国で73万人にも達し、その前の週の70%以上も増加した。 これにともない、ワクチン接種希望者も急増した。ワクチン接種を…

さらに表示 新型インフルエンザ患者急増

新型インフルエンザのワクチン捨てられることに

フランスでも新型インフルエンザのワクチン接種がスタートしている。開始初日は接種箇所の設けられた体育館に閑古鳥が鳴いたようだったが、開始5日目にしてその不人気ぶりが数字としてはっきりと表れた。 5日目にして接種対象者の2.…

さらに表示 新型インフルエンザのワクチン捨てられることに

ワクチン接種開始するも、不人気に

フランスでは全国一千箇所のセンターで新型インフルエンザワクチンの予防接種キャンペーンが開始されたが、どこのセンターもワクチンを受ける人の姿はまばらのようだ。フランス人の、ワクチン接種によるリスクへの不安が顕著となった。 …

さらに表示 ワクチン接種開始するも、不人気に

肌のホワイトニングで深刻な障害が発生

日焼けマシンで肌を黒くしようとする人もいれば、薬品を使って肌を白くしようとする人もいる。 フランスではアフリカ系黒人の女性の20%が、肌を白くするためのホワイトニング用薬品を使用しているとされている。この薬品だが違法な成…

さらに表示 肌のホワイトニングで深刻な障害が発生

新型インフルエンザで病院が混乱

世界各国で新型インフルエンザの感染が急激に広がっているが、フランスはイルドフランス地方の人口10万人のうち450人が感染したという。 感染拡大にともない混乱しているのは病院での診察状況だ。高熱が出れば誰もが新型インフルエ…

さらに表示 新型インフルエンザで病院が混乱

DNA鑑定で25年前の事件に真実を

日本でも足利事件で逮捕されていた菅谷利和さんが、DNAの再鑑定で無罪となったニュースは話題となっているが、DNA鑑定がフランスでも古い事件を捜査する手がかりとなっている。 1984年に女児が誘拐、その後殺害された事件では…

さらに表示 DNA鑑定で25年前の事件に真実を

院内感染の真実は?20年越しの裁判始まる

フランスで注目の裁判がまたひとつ始まった。20年越しの審判が下るのか、1988年に起きた院内感染で3人の関係者が起訴されている。 当時最新型だった手術室だが、この病院で背中の手術を受けた58名が院内感染し、今も苦痛を強い…

さらに表示 院内感染の真実は?20年越しの裁判始まる

ワクチン接種、集団より個人を優先

フランス本土で、4人目の新型インフルエンザによる死亡者が発生した。70代の男性でガンを患っていたという。 フランスでは、学級閉鎖が相次いでいる。予想より勢いのある感染拡大をうけて、公衆衛生高等評議会からワクチンの接種方法…

さらに表示 ワクチン接種、集団より個人を優先

新型インフルエンザ、学級閉鎖相次ぐ

新学期に入り、フランスでも新型インフルエンザの感染が拡大している。フランスの海外県では、呼吸不全を患っていた28歳の女性が感染により死亡している。 子どもたちへの感染拡大も広まっており、フランス南西部や北部での学級閉鎖、…

さらに表示 新型インフルエンザ、学級閉鎖相次ぐ

フランスのインフルエンザ対策

アンテンヌフランスでは数回にわたってフランスのインフルエンザ対策や現状について何回か取り上げてきたが、今回はまとめてお伝えしようと思う。基本的に他の予防接種と違ってインフルエンザの予防接種は、良く外れ意味がないと考えてい…

さらに表示 フランスのインフルエンザ対策