ストーン・カウンシル

ストーン・カウンシルs.jpg
Le Concile de Pierre
作品概要
初夏、銀座シネパトスにて公開予定 配給:アルバトロス・フィルム
解説
本作は大ヒット作『クリムゾン・リバー』の原作者、ジャン=クリストフ・グランジェの同名小説の映画化。”フランスのスティーヴン・キング”の異名をとる小説家の原作を自由に脚色しながら、超大作映画の醍醐味とアートフィルムの洗練が絶妙にブレンドされた脚本が完成した。これまで誰も見たことがないヴィジョンを実現するのは、D・クローネンバーグ作品の常連撮影監督であるピーター・サシツキー。さらに妖艶なイメージを一新して、ほぼノーメイクでラウラ役に挑んだM・ベルッチとミステリアスな科学者に扮するC・ドヌーヴの競演にも要注目。
ストーリー
モンゴル人の養子リュサンとパリで暮らすラウラ・シプリアンは、悪夢や幻覚に苦しんでいた。リュサンは本当は何者なのか? 彼の胸に突然現れた印は? 彼の誕生日の直前、誘拐された息子を探して、彼女はモンゴル東部の秘境に旅立つ。


スタッフ  ★=(1月26日現在)来日予定
★監督:ギョーム・ニクルー
 製作:イヴ・マルミオン
 脚本:ギョーム・ニクルー、ステファーヌ・カベル
 撮影:ピーター・サシツキー
 原作:ジャン=クリストフ・グランジェ「クリムゾン・リバー」
キャスト
★モニカ・ベルッチ
★カトリーヌ・ドヌーヴ
 モーリッツ・ブライブトロイ

関連記事

ニュースレター

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る