カテゴリー 経済

フランスの経済情報

フランス、ロレーヌ地方の石炭火力発電所の今冬の再稼働を準備

フランス政府は、サン・アヴォルド(モーゼル)石炭火力発電所の再稼働の準備を進めていると、6月26日(日)にエネルギー移行省が発表しました。この措置は「ウクライナ情勢を考慮した予防的措置である」と説明し、ただし、エマニュエル・マクロン大統領がすべての石炭火力発電所を閉鎖するという約束に「変更はない」と断言している。

アラブ首長国連邦、フランスにとってロシアの石油に代わる存在に?

ウクライナ戦争はまだ続いており、その報復として、ヨーロッパ諸国は2022年末までにロシアの石油輸入のほとんどをなしにすることを決定した。課題は、代替となるサプライヤーを見つけることです。フランスの経済大臣Bruno Le Maireは、アラブ首長国連邦との「進行中の議論」について言及しました。

フランスの立法選挙:ラ・ヌープはインフレに直面して「社会的緊急計画」を提示する

政府は、立法期間後に購買力対策の実施を延期しました:保険料、食品小切手など。左派の連合は、その部分のために、インフレからフランスのポートフォリオを守るためのプログラムを提示する瞬間を利用することを決定しました。ラ・ヌープが選挙のわずか2週間前に有権者を誘惑する予定の社会的緊急計画。

ビジネス倒産は世界中で再び増加しています

この世界で最も裕福な上司はスイスのダボスフォーラムに戻っていますが、最近のいくつかの研究は、世界規模でのビジネス倒産の復活を指摘しています。健康危機の文脈における2年間の国家支援の後、ウクライナ戦争に関連する混乱と中央銀行の収容政策の終了により、財務省は圧力をかけています。アリアンツ貿易グループは、債務を返済できなくなった企業の数は今年増加すると推定しています。

イーロン・マスクのもとでTwitterはどうなるのか?

世界一の金持ちであるイーロン・マスクが、ソーシャルネットワークのツイッターを買収する。そして、アメリカのマスコミは火曜日、様々な憶測を呼びました。言論の自由という概念を軸に議論されている。イーロン・マスクはTwitterでより自由で透明性の高い活動を約束する。

レバノンでは、カルロス・ゴーンの身柄引き渡しは成功しそうにない。

レバノンの司法・政治界は、フランスの司法当局がカルロス・ゴーン氏に対して国際逮捕状を発行する決定を下したことについてコメントを発表しなかった。ルノー・日産アライアンスの元ボスは、日本からの驚くべきフライトの後、レバノンに住んでおり、ナンテールでの捜査の一環として、社会財産の乱用、マネーロンダリング、汚職の容疑で起訴されている。

欧米の制裁にもかかわらず、ルーブルは好調だ

ロシア中央銀行は4月8日(金)、市民への外貨売却を4月18日から再び許可すると発表しました。特にルーブルが弱かった3月上旬に解禁されましたが、ロシア当局の措置以降、海外からの制裁にもかかわらず、自国通貨は強含みの展開が続いています。

Opec+会合:原油はどこまで上がるのか?

サウジアラビアを中心とする石油輸出国機構(OPEC)加盟13カ国と、ロシアを含むパートナー10カ国は、水曜日にテレビ会議による会議を開催しています。原油の高騰を抑えるために増産を検討することもメニューにある。

トータルエナジーグループ、ビルマから撤退

2021年2月1日のビルマでのクーデター以来、世界的なエネルギー企業は、人権NGOの目に留まっている。ヤダナ・ガス田の操業者であるトタル社は、当初、子会社の従業員の保護を優先し、同国での活動を終了することを拒否していた。今回発表された撤退は、6ヶ月前に告知された後に発効します。