経済成長の鈍化は、フランスが公共支出で100億ユーロを削減しなければならないことを意味する

フランスのブルーノ・ル・メール財務相は、2024年のGDP成長率予測の1.4%から1%への低下を補うために、すべての政府部門および機関で100億ユーロの支出削減を発表しました。

「それは前向きな成長予測ですが、新しい地政学的状況を考慮しています」とル・メールは日曜日にTF1テレビとのインタビューで述べ、ウクライナとガザでの戦争と紅海の海上輸送の問題、中国の「著しい景気減速」と「ドイツの2023年の景気後退」を引用しました。

政府の改訂された成長予測は他の見積もりと一致しており、フランス銀行は0.9%の成長を予想しており、OECDは今月初めに予測を0.8%から0.6%に引き下げました。

その結果、フランスは「すぐに」100億ドルの国家支出を削減する必要があるだろう、とル・メールは述べたが、増税や社会保障費の削減によっては行われないだろう。

省庁の経費を削減する

彼は、すべての省庁の運営費から50億ユーロが削減され、他の5ユーロは、開発のための公的援助から10億ユーロ削減され、再生可能エネルギープログラムからさらに10億ユーロ削減されるなど、公共政策から来ると述べた。

輸出機関ビジネスフランスや地方政府政策機関ANCTなどの州事業者の予算から、さらに10億ドルが削減されます。

ル・メールはまた、政府は2024年の州の赤字をGDPの4.4%に削減し、2027年にEUの上限である3%を下回るまで財政不足を徐々に削減するという目標を尊重すると述べた。

(ロイターと)
https://www.rfi.fr/en/france/20240219-france-to-cut-€10-billion-in-public-spending-as-2024-growth-forecast-lowered

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1749
Enable Notifications OK No thanks