カテゴリー アート

このコーナーでは、映画、音楽、アートなどのフランス文化を紹介しています。フランス映画、フレンチポップス、イベント、芸術全般、エンターテイメント

2022年カンヌ:安楽死をテーマにした衝撃作『プラン75』、日本人監督・早川千絵が登場

"老いる "ということは、多くの日本人にとって本当に怖いことです。初の長編映画で、カンヌ国際映画祭の正式出品にこぎつける。45歳の日本人監督、早川千絵は、『プラン75』において、非常に爆発的なテーマである、国家による高齢者の安楽死政策の現実的ではない可能性に、素晴らしい感受性と驚くべき説得力で取り組んでいます。

カンヌ映画祭:2022年のパルムドールで優勝するのは誰ですか?

これは、特使が見たカンヌ映画祭で発表された映画の毎日のランキングです。2022年のパルムドールは、5月28日土曜日にフランスの俳優ヴィンセント・リンドンが議長を務め、アスガル・ファルハディ、レベッカ・ホール、ラジ・リー、ジェフ・ニコルズ、ディーピカ・パドゥコーン、ノオミ・ラパス、ヨアヒム・トリアー、ジャスミン・トリンカで構成される陪審員によって授与されます。

2022年カンヌ国際映画祭が開幕、しかしその行方は?

5月17日(火)の夜、世界最大の映画祭が大きく幕を開ける。今年のカンヌ国際映画祭では、パルムドールのコンペティション部門に21作品が出品されています。75回目を迎える今回の挑戦は、映画的なものだけではありません。その他、プラットフォームの脅威、ウクライナ戦争、女性の地位、環境、アフリカ、インド...など、さまざまな問題がクロワゼットで繰り広げられます。

“アート・パリ2022″、アートの中心にエコロジー

Art Parisは、アートフェアにおけるエコロジーへの意識に革命を起こそうとしており、この分野では初のエコデザイン・イベントであると主張しています。この2022年版の核心は、これまでとは異なるイベントの開催方法についての考察であり、同時にエコロジー危機に挑むアーティストや作品を促進したいという願いでもあります。4月10日まで、パリのグラン・パレ・エフェメールで開催。

Kavinsky, zombie electro

2011年に映画『ドライブ』の収録曲「Nightcall」で明らかになったフランスのミュージシャンKavinskyが、9年ぶりに『Reborn』で復活。ダフト・パンクをはじめ、フレンチ・タッチと呼ばれるアーティストの盟友である彼の詳細。

アラン・スティヴェル、シンフォニック・アドベンチャー

ハープを手に、ブルトン音楽の融合をやめようとはしない。 アラン・スティヴェルは、昨日4月7日にレンヌのリベルテで、そして今月8日にはパリのプレイエルで、2つのシンフォニック・コンサートを開催しています。ブルターニュ国立管弦楽団(ONB)との共演を前に、ケルト文化の発信者であるパイオニアに話を聞いた。

フランスで初めて開催されたNFTの美術品オークション

アートやファッション、スポーツなどをイメージしたNFT(non-fungible tokens)の一般販売が世界各地で盛んに行われています。フランスで初めて、認証されたデジタルアート作品のオークションが、物理的な空間とメタバースとそのアバターのインタラクティブなデジタル宇宙の両方で開催されたのです。 スマートフォンやパソコンでアクセスでき、オークション会場では大型スクリーンに映し出されました。

Victoires de la Musique:ラップが本当に居場所を持つのはいつなのか?

Victoires de la Musiqueの授賞式は2月11日にパリ地区のSeine musicaleで行われ、フランスのテレビで放送されます。ラップはどうですか?例によって、この音楽ジャンルは、ストリーミング・プラットフォームで最も聴かれているにもかかわらず、ほとんど表現されていないのです。私たちは、フランスのラッパーに授与されたかもしれない一連のヴィクトワール賞の代替リストを提案します。

Innocents

「Jodie」から「Colore」、「L'autre finistère」まで、イノセントが約20年にわたって作曲したメロディーは、フレンチポップスの歴史にその足跡を残しているのです。15年の活動休止を経て、2013年、ついにジペ・ナタフ、ジャン=シュリ・ウルバンを迎えて再結成。批評家からも一般からも絶賛されたルネッサンス。

IAM

マルセイユを拠点とするラップグループIAMは、わずか数年の間にフランスの音楽シーンを代表する存在となった。アルバムのリリースは、毎回イベントです。アケナトンをはじめとするメンバーは、個人的なプロジェクトも並行して行い、集団の事業と有益なバランスを保っている。

Françoise Hardy

フランソワーズ・ハーディが権威主義者のミレイユに優しくも強く叱責される場面である。若いフランソワーズは、恥ずかしそうに「ウイ・マダム」と答えました。ノスタルジックな歌、柔らかな声、角ばった美しい体つきもさることながら、このアーティストの内面は、ちょっとミステリアスで、ショービジネスの世界とは無縁のようだ、と言われる。ハーディ、いつも確実です。

Jean-Jacques Goldman

知らず知らずのうちに、ゴールドマンを聴いている可能性は高い...。セリーヌ・ディオンからパトリシア・カース、そしてカレドまで、この男は実に手ごわいヒットメーカーになったのだ。このミュージシャンの旅程は特異で、気取ったところがなく控えめで、ショービジネスの煌びやかさに警戒心を抱き、今後は公の場から身を引いていくことにしている。それでも、フランス国民の心の中に特別な位置を占めていることは間違いない。

Gipsy Kings

「バンボレオ」や「ジョビジョバ」といった曲で、ジプシー・キングスは20年以上にわたって五大陸のあらゆるパーティーを盛り上げてきた。アルル郊外からアメリカの大舞台まで、レイエス兄弟とバリアルディは驚くべき旅を続けてきた。ブリジット・バルドーの庭で始まったジプシー・ソースの成功は、何百万ものレコード、何百万人もの観客、何百万ドルものお金を生みだしました。