カテゴリー フランス映画

フランス映画

2022年カンヌ:安楽死をテーマにした衝撃作『プラン75』、日本人監督・早川千絵が登場

"老いる "ということは、多くの日本人にとって本当に怖いことです。初の長編映画で、カンヌ国際映画祭の正式出品にこぎつける。45歳の日本人監督、早川千絵は、『プラン75』において、非常に爆発的なテーマである、国家による高齢者の安楽死政策の現実的ではない可能性に、素晴らしい感受性と驚くべき説得力で取り組んでいます。

カンヌ映画祭:2022年のパルムドールで優勝するのは誰ですか?

これは、特使が見たカンヌ映画祭で発表された映画の毎日のランキングです。2022年のパルムドールは、5月28日土曜日にフランスの俳優ヴィンセント・リンドンが議長を務め、アスガル・ファルハディ、レベッカ・ホール、ラジ・リー、ジェフ・ニコルズ、ディーピカ・パドゥコーン、ノオミ・ラパス、ヨアヒム・トリアー、ジャスミン・トリンカで構成される陪審員によって授与されます。

2022年カンヌ国際映画祭が開幕、しかしその行方は?

5月17日(火)の夜、世界最大の映画祭が大きく幕を開ける。今年のカンヌ国際映画祭では、パルムドールのコンペティション部門に21作品が出品されています。75回目を迎える今回の挑戦は、映画的なものだけではありません。その他、プラットフォームの脅威、ウクライナ戦争、女性の地位、環境、アフリカ、インド...など、さまざまな問題がクロワゼットで繰り広げられます。