カンヌは、コッポラとクローネンバーグをフィーチャーした19本の映画ラインナップを明らかにする

5月に南フランスで開催されたカンヌ映画祭で、切望されたパルムドールを競うために19本の映画が選ばれました。この賞は、昨年の受賞者であるAnatomy of a Fallなど、オスカーで最優秀オリジナル脚本を含む賞の雪崩を獲得したアートハウス映画に大きな後押しを与えることができます。

映画業界で最も権威があると考えられているフランスのコートダジュールのフェスティバルの第77版は、5月14日から25日まで開催されます。

今年のフェスティバルの最優秀賞であるパルムドールのコンペティションには、エマ・ストーンとギリシャの監督ヨルゴス・ランティモスの別のチームアップが含まれています – 優しさの種類 – ストーンがフランケンシュタインスタイルの風刺「Poor Things」でオスカー賞を受賞したわずか数週間後。

イラン生まれの監督アリ・アッバシによるドナルド・トランプの初期を描いた伝記映画「見習い」も注目を集めることが期待されている。

そして、コッポラのメガロポリスの周りに話題があることは間違いありません。これは、ゴッドファーザー監督が85歳でカンヌに復帰したことを示しています。

コッポラ首相に「名誉ある」

コッポラは、会話(1974年)と、1979年にフェスティバルで初演されたときにも完成しなかったアポカリプス・ナウのために、パルム・ドールを2回受賞しました。

自己資金によるメガロポリスは、アダム・ドライバーとフォレスト・ウィテカーをフィーチャーした、現代のニューヨークに移植されたローマの政治ドラマだと言われています。

「彼がこの映画を発表しに来る名誉を私たちにしてくれたことを大喜びに思います」と、フェスティバルディレクターのティエリー・フレモーは記者団に語った。

たった4人の女性監督

フェスティバルは、コンペティション外のクエンティン・デュピューのLe Deuxième Acte(第2幕)で始まります。

今年の審査員は、バービー監督のグレタ・ガーウィグが率いており、「フェスティバルの魂を完璧に体現している」とカンヌ会長のアイリス・ノブロッホは述べた。

2つの非常に話題の映画が特別上映されます – ラ・ベル・デ・ガザは、イスラエルに移動するトランスセクシャルのパレスチナ人を追うが、セルゲイ・ロズニツァによる侵略は、彼の母国ウクライナでの戦争を中心としています。

待望のフュリオサ:ジョージ・ミラーのマッド・マックス・サーガは、初演の1つですが、競争から外れています。

木曜日には、最優秀賞を争う19のエントリーのみが発表されました。通常は約22個ありますが、さらに追加される可能性があります。

フェスティバルは昨年、公式コンペティションに7人の女性監督が参加し、女性の代表の面で記録を樹立しましたが、今年は19のエントリーのうち4つだけが女性によって監督されています。

パルムドール(ゴールデンパーム)のコンペティション映画:

  • アリ・アッバシの見習い
  • モーテル デスティーノ バイ カリム アイヌーズ
  • アンドレア・アーノルドの鳥
  • ジャック・オーディアールによるエミリア・ペレス
  • ショーン・ベイカーによるアノラ
  • フランシス・フォード・コッポラによるメガロポリス
  • デビッド・クローネンバーグのシュラウド
  • Coralie Fargeatによる物質
  • ミゲル・ゴメスによるグランドツアー
  • クリストフ・オノーレによるマルチェロ・ミオ
  • Jia Zhang-Keによる潮に捕らえられた
  • Payal KapadiaによるAll We Imagine As Light
  • ヨルゴス・ランティモスによる優しさの種類
  • L’Amour Ouf (lit.クレイジー・ラブ) by Gilles Lellouche
  • アガテ・リーディンガーによるワイルドダイヤモンド
  • ポール・シュレイダーのオー・カナダ
  • リミノフ – キリル・セレブレニコフのバラード
  • パオロ・ソレンティーノによるパルテノープ
  • マグヌス・フォン・ホーンの針を持つ少女

カンヌで初演されるが、競争から外れている:

  • フュリオサ:ジョージ・ミラーのマッドマックス・サーガ
  • ホライゾン、ケビン・コスナーによるアメリカのサーガ
  • クエンタン・デュピューによる第二幕
  • She’s Got No Name by ピーター・ホソン・チャン
  • エヴァン・ジョンソン、ガレン・ジョンソン、ガイ・マディンの噂
  • タウフィク・アルザイディによるノラ
  • コンスタンチン・ボヤノフの恥知らず
  • ジュリアン・コロンナによるル・ロワイアム | 1st映画
  • Vingt Deux!by ルイーズ・クールヴォアジエ | 1st映画
  • Le procès du chien by Laetitia Dosch | 1st film (誰が犬に噛まれたのか?)
  • Gou Zhen by Guan Hu (ブラックドッグ)
  • モー・ハラウェによる楽園の隣の村 | 1st映画
  • 9月はアリアン・ラベドによって言う | 1st映画
  • Boris LojkineによるL’histoire de Souleymane
  • ロベルト・ミネルヴィーニによる呪われた
  • ルンガノ・ニョーニによるモルモットになることについて
  • ぼくのおひさま by Hiroshi Okuyama (My Sunshine)
  • サンティヤのサントシュ
  • Truong Minh QuýによるSuri VietとNam
  • ハーフダン・ウルマン・トンデルによるアーマンド | 1st film

(AFP付き)

https://www.rfi.fr/en/culture/20240411-cannes-film-festival-19-films-line-up-palme-d-or-featuring-coppola-cronenburg

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1690
Enable Notifications OK No thanks