カテゴリー エコロジー

フランスのエコロジー/環境/SGDs情報

エネルギー危機で脱原発を検討するドイツ

ドイツのフィリプスブルグ原子力発電所
ドイツは脱原発を問うのか、少なくとも延期するのか。現在のエネルギー危機に直面して、ロシアのガスに依存する国では多くのタブーが挑戦され、急遽抜本的な改革を迫られ、時には痛みを伴う再考を余儀なくされているのです。

CO2、微細藻類が救う

微細藻類
温室効果ガスの排出削減を目指し、フランスの企業が産業現場向けのCO2回収装置を開発しています。光合成によって工場排ガスを餌とする微細藻類を利用したものです。この微細藻類は、その後、食品産業の原料に生まれ変わります。

涼しい建物への反射塗料

強火に対抗するために、一部の大きな建物は屋根に反射塗料を使用することを選択します。屋根の過熱を避け、室内温度を下げるために太陽の光線を反射する塗料です。モンタルジ(ロワレ)近くのアミーリーのスーパーマーケットは、米国またはインドで非常に一般的な慣行である「クールな屋根」を選択し、フランスでますます発展しています。

地球温暖化:アルプス全域が緑化の影響を受けている

ローザンヌ大学(スイス)の研究者が行った調査によると、標高1700m以上のアルプスのほぼ8割で植生が増加していることが、6月2日(木)に科学雑誌「サイエンス」に発表されました。生物学者でこの研究の共著者であるアントワーヌ・ギサンは、不安を隠さない。

IPCC報告書:地球温暖化抑制のためには「今しかない]

気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は、4月4日(月)に第6次報告書の最終部分を発表しました。その目的は、気温上昇を緩和するための選択肢を評価することです。それらはわかっているが、政治的な意志が欠けている、と専門家は言う。ただし、温暖化1.5℃という「住みやすい」閾値内にとどめるためには、3年以内に排出量のピークを迎える必要があります。

ワン・オーシャン・サミット:ビッグブルーに関わる多くの問題

昨年9月にエマニュエル・マクロン大統領が発表した「ワン・オーシャン・サミット」が、2月9日(水)から3日間、ブレスト(ブルターニュ)で開幕します。輸送や食料のための空間である海は、この惑星の本当の肺でもある。このイベントの企画を委託されたオリビエ・ポワブル・ダーヴォル氏は、海を「保護し持続的に利用する」ための「解決策と約束のサミット」を約束した。しかし、NGOは様子見で、このプログラムのグレーゾーンである深海鉱業に批判を集中させている。

EU、輸入による森林破壊に対する最初のマイルストーンを設定

欧州委員会は、2022年の議会での投票に先立ち、11月17日に輸入森林破壊対策の規制案を提示しました。森林破壊が進んでいる地域で生産された大豆、牛肉、ココアなどの製品は、ヨーロッパでの販売が禁止されます。これは世界初の試みですが、さらに野心的なものになる可能性があります。