エネルギー危機減税の段階的廃止に伴い、フランスの電力価格が上昇する

フランスの電力価格は2月1日に10%近く上昇すると財務大臣は発表しました。これは、ウクライナ戦争によって引き起こされたヨーロッパのエネルギー危機の間に引き下げられた電気税を再導入するための2段階のアプローチの最初のものです。

電気代は2月1日のピーク時に最大9.8%増加し、基本料金は8.6%上昇すると、Bruno Le Maire財務相は日曜日の夜にTF1テレビのインタビューで述べた

「それは難しい決定だが、必要な決定だ」と彼は言った、「公共財政を保護し」、Covid-19のパンデミック中に経済を支えるために導入された「どんな費用がかかる」措置から離れ、ロシアのウクライナ侵攻でエネルギーコストが急上昇するにつれて拡大した。

9月、政府は2024年に電気料金を10%以上引き上げないと約束しました。

2021年の電力消費減税の増加の結果である利上げは、家に住んでいる2人の子供がいる家族が電気代が月に18ユーロ上昇することを意味する、とル・メールは述べた。

エマニュエル・マクロン大統領は先週、電力価格は近隣のスペイン、ドイツ、イタリアの料金よりも低いまま、「通常」レベルに戻ると述べた。

ル・メールは、補助金を終了するために、2025年2月に2回目の最終的な利上げが実施されると述べた。

財務省は、補助金期間中、政府は国の電気代の37%をカバーし、年間90億ユーロに達したと述べた。

Jean-Yves Manoは、住宅問題を扱う消費者協会CLCVの会長です。

月曜日にFranceinfoのインタビューで、彼は、この増加は8月や冬のシーズン以降など「より適切な時期に移行した可能性がある」と述べ、フランスの人口の34%が暖房を買えないため暖房なしで行くと付け加えた。

彼は、特にインフレに関して、家計が追加の増加を支援できるように、収入を増やすよう政府に求めています。「このすべては、これらの追加料金を負担する財政的能力を持っていない多くのフランス人にとって耐え難い」と彼は言った。

(ニュースワイヤー付き)
https://www.rfi.fr/en/france/20240122-french-electricity-prices-to-increase-with-phase-out-of-energy-crisis-tax-cuts

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1516
Enable Notifications OK No thanks