地球温暖化は「前例のない」ペースで加速している、と研究は警告している

気候変動は記録が始まって以来、最速のペースで加速している、と数十人の科学者が水曜日に発表された報告書で警告した。特に過去1年間、地球はかつてないほど暑かった。

 

ジャーナルEarth System Science Dataに掲載されたこの研究は、地球温暖化が2014年から2023年の間に0.26C増加したことを発見した。

同じ時期に、地球の平均表面温度は1850-1900年の産業革命前のベンチマークを上回る1.19Cに達しました。

2023年は、自然に発生するエルニーニョの気象パターンに支えられ、1.43C増加しました。

人為的な温暖化の「前例のない」ペースは、国際的に設定された目標内の気温の上昇を制限する窓が閉まるにつれて起こります。

1.5Cに近づいている

2023年末までに、人間の活動は温度1.31°Cを押し上げた。

5月は記録的な世界気温の12ヶ月連続になる可能性が高いため、報告書は1.5Cの目標しきい値が危険なほど近いと述べた。

「残りの炭素収支(1.5°Cの温暖化に達する前に排出される二酸化炭素の量)は、現在約200ギガトン、または約5年間の現在の排出量に過ぎない」と報告書は述べた。

熱に寄与する要因の1つは、太陽のエネルギーの一部を宇宙に反射する大気中の特定の汚染粒子の減少です。

しかし、地球温暖化の主な要因は「温室効果ガス排出量が過去最高」でした。

この報告書は、1988年以来平均6年ごとに発表されている国連気候変動に関する政府間パネル(IPCC)報告書のギャップを埋めるために設計された一連の定期的な気候評価の一部です。

この報告書は、11月にアゼルバイジャンで開催される国連Cop29サミットに先立ち、世界中の外交官が年半ばの気候協議のためにドイツで会合する中で発表されました。

(AFPと)

https://www.rfi.fr/en/environment/20240605-global-warming-accelerating-at-unprecedented-pace-study-warns

 

Antenne France
Antenne France
記事本文: 890
Enable Notifications OK No thanks