カテゴリー ニュース

オミクロンを背景とした日本の反米主義

日本での新型コロナの症例数は日に日に増えています。1月に入ってから、すでに流行の第6波が発生している。そして、この列島に駐留する5万人の米軍関係者は、熱い視線を浴びている。なぜなら、すべての証拠が、彼らがオミクロンの変種を広めるのに大きな役割を果たしたことを示唆しており、それが住民の怒りを呼んでいるからです。

アセアンを二分するビルマ事件

1月18日(火)、アセアン諸国の外相がビルマの政治危機について協議する予定であった。しかし、この東南アジアの組織の輪番議長を務めるカンボジアは、一部の閣僚がCovid-19のために渡航が不可能であることを理由に、このイベントを取り消した。少なくとも、それが正式な理由です。

ウクライナ:欧米人は「外交的解決」を望むが、戦争を恐れている

ウクライナとロシアの国境は依然として緊張が続いており、月曜日にはロシアと米国が事態の拡大を防ぐための対話を開始する予定です。これは、1月7日(金)にブリュッセルで行われた、アメリカ人とヨーロッパのパートナーによるナトー会議のテーマであった。

新型コロナで学校に戻る:改訂された健康プロトコルにより教師が心配

今週1月3日(月)には、学校へ戻る時期です。2週間の年末年始の休暇を終え、1250万人の生徒が学校に戻ってきます。これは、極めて感染力の強い変種「オミクロン」の波が押し寄せている最中です。政府によって見直された学校保健プロトコルにもかかわらず、教師たちはこの状況に不安を感じていると言います。

クレムリンがソーシャルネットワークVkontakteを買収し、ロシアのインターネットを支配する

ロシアの政府系企業であるガスプロムは、同国で最も人気のあるソーシャルネットワークであるVkontakteの過半数の株主となりました。今回の買収は、主権的で統制のとれたロシアのインターネットを確立するためのクレムリンの活動の一環です。