ニュース

再び脚光を浴びることになったPauline Croze

2021年10月12日

Pauline Crozeの深くてグルーヴィーな声は、6枚目のスタジオアルバム『Après les heures grises』に収まっています。アーバン・ポップを基調としたレコードで、多くのコラボレーションが行われました。ポーリン・クロースは、これまで以上に多彩で繊細なシンガーとしての地位を確立しています。

ポーリン・クロースは、『Après les heures grises』に収録されている曲のいくつかを、ロワール=エ=シェール地方で、監禁の間や監禁されている間に、自室で一人で書き始め、作曲しました。ファンク、ポップ、エレクトロ、R’n’b、ピアノボーカルなどの音楽スタイルを駆使した作品で、そのために多くのアーティストを起用しました。Fils Cara、Nk.F(フレンチラップで最も重要なサウンドエンジニアの一人、Nikola Feve)、Charlie TrimburまたはRomain Guerret(グループAline)、Pierrick Devin(Phoenix、Lomepal)。彼らのほとんどは若い、意識的な選択だ。”現代的で都会的なタッチ “を求めて、若いアーティストに声をかけただけではありません。誰もが未開拓のアングルを持ってくる。私が言うのもなんですが、より多くの色を与えてくれるパレットなのです」と彼女は微笑む。このような音楽的、テーマ的な開放性がアルバム全体に見られることは明らかです。

Je suis un renard(私はキツネです)」がピアノによる繊細な自画像として聴こえ、それが「私は童謡、子供(…)、波/短剣です」という一連の無意味で感動的なコントラストを通して理解できるとすれば、このレコードの残りの部分は、特定のものから始まり、一般的なものへと開かれていきます。Pauline Crozeは、「監禁と疫病が、いくつかの歌詞に、より社会的な側面を与えた」と語る。”Solution “のように、壁に背を向けている人の話です。個人的な問題から、私たちが直面している健康危機の解決策を探している人々へと “ズームアウト “していきました」と説明しています。

その危機感(時にはグローバル化した不安感)は、金正恩(北朝鮮の指導者、編集部注)に宛てた、偽りの愛に満ちた魅惑のポップソング「Kim」(ロマン・ゲレとの共作)に見ることができます。「2019年の夏、彼がアメリカを脅かしているのをテレビで見たとき、私はとても弱気になりました。それは、相手のすべての気配にとらわれている愛の状態を考えさせました。愛の中の弱さと危険の中の弱さの分岐点を作りたいと思いました。36度です」。

スクリーンを通して世界が私たちの生活に浸透していく方法、ポーリン・クロースはそれに逆らいます。これが『Crever l’écran』のメインテーマであり、彼女は自分自身を、「何百万ものイメージに人質にされて」「キャンバスの馬に乗って逃げている」仲間に捨てられた女性として描いています。彼女は「それは破壊し、孤立させ、カップルを引き離すこともある」と確認しています。

世界の観戦者

Pauline Crozeのスクリーンに対する煩わしさは、Phobeにも反映されています。彼女は、私たちが携帯電話から燃えている森を見ることについて語っています。しかし、歌手はエコロジー志向の歌詞を書いていることを否定しています。”私はもちろん気にしていますよ!当たり前ですよね。でも、私はレッスンをするのではなく、小まめに話をしたいのです。そのため、恋に落ちたカップルの別れを描いた『ラ・ロカデ』に生態学的な次元が出てくると、彼女は心底驚く。そして、「アーチと燃えるキリン」や「鉄の葦」と表現しているところ。「私にとっては、都会の家具、空に浮かぶ金属製の非常に細長い物体」、そして「よく見ていたダリの『炎のキリン』」と展開しています。

絵画にも影響を受けた「Hippodrome」は、馬の疾走音が聞こえてくるサスペンスフルなエレクトロパルス作品です。乗馬に魅せられたポーリン・クロースは、子供の頃から、名前がわからない19世紀末の画家が描いた競馬の絵に悩まされていた。”レースは、社会的階層が非常に強く混在しています。遊びに来る人もいれば、お金を獲得するために何時間も過ごす人もいます。彼らはその希望に多くを賭けている。人生と競馬を重ね合わせたこの言葉は、確実性のない行動が賭けになってしまう現代にも当てはまります。

しかし、「After the Grey Hours」では、レース、ダンス、熱狂だけではありません。ティム・デュプが作曲した「Nuits d’errance」は、バーバラを彷彿とさせる内省的なピアノボーカルのバラードです。メランコリックで空気感のある「No Derme」にも柔らかさが漂い、少しベールに包まれたような歌声で、私たちを夢へと誘い、傷口から生まれ変わるようにします。Les heures grises』の後、ポーリン・クロースは再び飛び立ちます。

ポーリン・クロース Après les heures grises (Universal Music) 2021年

アジア製玩具のサプライヤーの中には、配送の遅れが発生しているところもあります。Reuters - Eric Gaillard

クリスマスを前におもちゃ屋さんを悩ませる供給問題

コヴィド-19のパンデミックによる原材料の不足や供給問題は、クリスマスツリーの下でも結果が出るのだろうか?アジアで製造された玩具の一部のサプライヤーでは、納品が遅れています。フランスでは、今はまだ棚がいっぱいでも、クリスマスが近づくとおもちゃ屋さんが心配になってきます。

慌てる必要はありません。今のところ、専門家は消費者にとっての大幅な値上げの恐れを否定していますが、ファーザー・クリスマスには事前に計画を立てるようアドバイスしています。というのも、時折在庫切れの可能性があるため、お目当ての商品が店頭に並ばない可能性があるからです。

このおもちゃ屋では、店長のGillesが代理店に注文した分の半分しか受け取っていない。また、メーカーによってはさらにその先を目指しています。例えば、レゴ社のように、3週間ほど前から、すでに注文されているものを除いて、もう商品を納入しないと言ってきたサプライヤーもあります」と説明します。私のサプライヤーの中には、100%納品してくれるところはありません。なぜなら、フランスで製造していても、パッケージを作っていないサプライヤーもあるからです。つまり、木がないことに依存しているのです。木が足りないということは、紙や段ボールなどが足りないということです。私が発注した場合、納品されない文献が30%から50%あります。ひどいもんです。そして、「在庫がありません」と言われるか、「在庫がありません」と言われるかのどちらかです。あるいは、「こんな日に届くはずだ」と言われることもあります。具体的には何もない」。

価格上昇

不足が予想されても、今のところ消費者は怖くない。たとえ、ある人が他の人より早く行くとしても。今朝は、まだ店頭に出していないのに、アドベントカレンダーを買いに来たおばあちゃんがいました」とGillesは言います。不足していると聞いていたので、安全のために来ました。

物資の不足はすでに価格を押し上げている。このお店では、夏前に比べておもちゃが16%も高くなっています。しかし、長期的に見ると、業界が懸念しているのは、海上輸送コストが10倍になったことで、「職業全体」が弱体化し、マージンが減少していることだと、フランス玩具・保育連盟(FJP)のクリストフ・ドレベ事務局長は述べています。

2019年5月31日、ローマ・フィウミチーノ空港を離陸するアリタリア航空の飛行機(イメージイラスト)。AFP/Archivos

イタリア:アリタリア航空、74年間の活動の末にラストフライト

アリタリア航空のフライトは今日が最終日。イタリアの航空会社は、74年の激動の歴史の後、10月15日(金)に姿を消すことになりました。多額の負債を抱えているこの会社は、ITAという小さな組織に取って代わられます。コロナウイルスのパンデミックは、数年前から経営難に陥っていたグループに死の審判を下した。

創業74年のアリタリア航空、国旗のような白地に緑と赤のロゴ、そして現代のイタリアと絡み合った歴史。

第二次世界大戦後の工業的成功の象徴であり、1970年代には世界第7位の航空会社となりました。その後、景気が悪くなってきて…。イタリアの代表的な航空会社は、特に長距離路線の更新に失敗し、欧州の低コスト航空会社にマージンを奪われてしまいました。

130億ユーロの資金提供

負債を抱えたグループを救うために、国は20年間で130億ユーロ以上の資本増強やローン保証を行ってきました。しかし、最終的には110億ユーロ以上の負債を抱えてしまいました。倒産を回避して買い手を見つけるために、2018年に公的な監督下に置かれたが、それも無駄でした。

新型コロナのパンデミックの影響で、アリタリア航空にも死の宣告が下されました。ブリュッセルとの長い交渉の末、ITAが引き継ぐことになりました。この小さな会社は、今年、アリタリア航空の1万人の従業員のうち、わずか3分の1の機材と3,000人の従業員を引き継いだ。

しかし、歴史ある会社のスタッフは、新会社が発表通り2022年に5,750人を増員できるほど存続できるかどうか疑っています。

GITEX2021では、アフリカのスタートアップ企業が注目される(イメージ図)。AFP写真/Simon Maina

ドバイで開催されるGitex 2021でアフリカのハイテクが注目される

40年の歴史を持つGitexは、世界最大級の技術展示会の一つとなっています。第41回目となる今回は、2021年10月17日から21日まで、ドバイ・ワールド・トレード・センターで開催され、アフリカ大陸各地のイノベーションが紹介されます。

第41回目となる今回のGitexは、今年のドバイ2020万博とUAE Golden Jubileeに合わせて開催され、世界のこの地域におけるデジタルトランスフォーメーションの勝利に特化した内容となっています。

Gitexは、まさに “非日常 “と呼ぶにふさわしいショーです。大手ハイテク企業が開発した、人工知能、インターネット利用、大量データ処理、バーチャルリアリティ、スマートシティやインテリジェントシティ、遠隔医療、ロボット化、さらには量子コンピューティングなどの分野における最新のイノベーションを知る機会となります。

約140カ国がドバイに集まり、最先端のテクノロジーを紹介したり、ビジネスの成長、エネルギーへの移行、データのサイバーセキュリティなど、人類の活動のあらゆる分野に関わる議論に参加します。

4,000社

このイベントには、この分野の主要企業4,000社、デジタル・ジャイアントのトップ、世界中から集まった700社以上のスタートアップ企業、投資家、政府機関が参加し、完全にデジタル化された社会の将来像についてのビジョンを共有します。

今年のGitex 2021 Innovation Spotlightの目的は、中東、アジア、アフリカ地域の政府指導者たちのテクノロジーへの取り組みやコラボレーションを、ミーティングや一連の会議を通じて紹介することにあります。

「アフリカのためのパビリオンがある」

今年はアフリカが注目されています。エジプト、チュニジア、ナイジェリアなどの大陸から100社以上のスタートアップ企業を招待し、南アフリカのためのパビリオンも用意しています」と述べました。しかし、今年はアフリカ大陸に完全に特化した終日のイベントを開催します」と、ドバイ・ワールド・トレード・センターのヘッド・オブ・コミュニケーションであるLaureline Schwarz氏は説明します。その目的は、アフリカ諸国のリーダーたちのデジタル・ビジョンをGitexの参加者全員と共有し、彼らのニーズを分析し、テクノロジーの助けを借りてどのように国を発展させようとしているのかを理解すること、そして、急速な経済発展を遂げているこの地域の企業や住民が、すでに多くのプロジェクトを展開して、このデジタル変革を自らの手で成し遂げていることを確認することです。

アフリカのスタートアップ企業は、進歩と持続可能な開発の代名詞ともいえるイノベーションを発表することができます。健康、金融、エネルギー、教育、農業、環境保全のためのウェブやモバイルのアプリケーションを得意とするアフリカの新世代の起業家たちが開発したイノベーション。また、Gitexは、ドバイですでに明日の世界を形作っているこれらの溢れんばかりのテクノロジーに興味を持つ投資家やビジネスパートナーを見つける機会でもあります。

フェスティバルミュース杏

フランス映画祭2021横浜記者会見

フランス映画祭2021横浜

遂に今年もフランス映画祭が始まりました。

昨年に引き続き、新型コロナ感染症対策として時期をずらし、試写会や記者会見などを縮小して行っていますが、映画祭本編はみなとみらいで行われます。

さて、記者会見ではフェスティバルミュースに選ばれた俳優の「杏」さんのスピーチと質疑応答をメインにラインナップが発表されました。

フランス大使挨拶

ユニフランス会長挨拶

横浜市長挨拶

フェスティバルミューズ杏さん挨拶+質疑応答

日産挨拶

ラインナップ紹介

■名称:フランス映画祭2021 横浜 Festival du film français au Japon 2021

■期間:11月11日(木)~11月14日(日)

■会場:みなとみらい21地区中心に開催
■主催:ユニフランス

■共催:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本、横浜市

■特別協賛:日産自動車株式会社

■協賛:CNC、PROCIREP、TitraFilm

10月14日、パリで行われたNGO「Greenpeace」「Fondation Nicolas Hulot」「Oxfam」「Notre Affaire à Tous」のデモの様子。Alain Jocard AFP

温室効果ガス:裁判所がフランスに未達成の公約の履行を命令

10月14日(木)、行政司法は、地球温暖化対策のために温室効果ガスの排出量を削減するという未達成の公約を「修復」しなければならないと、この分野における政府に対する新たな決定を下しました。

パリ行政裁判所は、「世紀の事件」の旗の下に集まり、230万人以上の市民の請願に支えられ、2015年から2018年にかけての地球温暖化対策における国の欠点を指摘してもらうために2019年初めに提訴していた4つのNGOに有利な判決を下しました。

審査員は、「首相および主務大臣は、第1次炭素予算における温室効果ガス排出量の未補償分までの損害を修復するために、必要なすべての部門別措置を講じるよう命じられるべきである」と記した(2015-18年、目標に対する赤字は1,500万トンCO2換算で定量化されている)。

“政府の自由裁量”

この判決は、取るべき措置の選択を「政府の自由な評価」に委ねていますが、「この救済措置は遅くとも2022年12月31日までに有効でなければならない」と定め、スケジュールを設定しています。しかし、6ヶ月の遅延ごとに7,800万円の金銭的ペナルティを求めるNGOの要求は拒否しています。

2021年2月、裁判所はまず原告を支持する判決を下し、パリ協定やフランスが採用している「カーボンバジェット」に基づく自らの約束を果たせなかった国の「責任」を宣言しました。そして、裁判所に補償のためのこの差し止め命令を出すように求めました。

原告のNGOであるOxfamとGreenpeace Franceの代表であるCécile DuflotとJean-François Julliardは、「私たちは勝った」とツイートしました。 Notre Affaire à tousは、「指導者たちは、フランスの気候変動に関する公約を尊重する義務が生じた」と喜び、4番目の原告であるNicolas Hulot Foundationは、「フランスは、気候変動に関する不作為の結果を修復することを余儀なくされた」と述べています。

(with AFP)

2021年9月15日、パリで最も高いガソリンスタンドの燃料価格。AP - ルイス・ジョリー

燃料価格の上昇がユーザーと政府にプレッシャーを与える

ここ数週間、フランスの燃料価格は着実に上昇し、過去最高を記録しています。このテーマは非常にデリケートなので、政府は心配しています。2018年末には「Yellow Vests」運動を開始していました。エコロジカル・トランジション大臣のバーバラ・ポンピリ氏は、「この困難な時期に、マージンを減らすというジェスチャーをしてほしい」と販売会社に要請しました。 しかし、燃料価格の上昇を抑えるために、政府はどのような手段を講じているのだろうか。

ディーゼル1リットルが1.5ユーロという象徴的な数字を超えました。先週(10月4日~10日)、その平均価格は1.53ユーロに達し、「黄色いベスト」運動のきっかけとなった2018年の過去の記録を上回りました。 フランスで最も使用されている95E10無鉛ガソリンについては、1リットルあたり1.60ユーロとなり、2012年に記録した1.64ユーロに近い値となりました。

「怒り 」はますます大きくなっている。どんどん上がっていきます。

ナント近郊のハイパーマーケットでの情景:ディーゼル1リットルが1.51ユーロと表示されている。この日の最安値のひとつです。Emmanuellleは月に1,600ユーロを稼いでいます。このお母さんにとって、状況は厳しい。彼女はMatthieu Bonhoureに、「私たちはピンチを感じ始めているのは確かです。」彼女の満タンは、前回と比べて10ユーロも増えている。「どうしたらいいのかわからない。デモンストレーションは?わからないですね。」とりあえず、選択肢はありません。仕事に行くためにはタンクを満タンにしなければなりません。ここ数日、ソーシャルネットワーク上では、「黄色いベスト」運動を復活させようという声が飛び交っています。

ナントでこのスタンドを利用しているファビアンも心配している。「あそこでは、もうすぐ50リットルで80ユーロになる。これは私の購買力に直接影響します。」仕事のために毎日80キロの距離を移動しなければならないマノンは、この時期が大変な時期であることを認めています。「買い物には気をつけて、外出も控えています。通勤にはできればディーゼルを使いたいが、外には出られない。50代のネイリー夫妻にとって、この増加は決して喜ばしいことではない。”怒り “はますます大きくなっている。惨めな給料で一生懸命働いている。どんどん上がっていきますよ」とのこと。

この増加に対して、政府からの具体的な支援は?

世界経済の回復によって上昇した原油1バレルの価格を、自動車ユーザーが負担しているのです。現在、価格は1バレル84ドル近くになっており、請求額は今後も上昇する可能性が高いとパトリシア・ルコンプ氏は警告しています。

販売店は、州が1リットルのガソリンに90セント近くの税金を課していること、つまり燃料価格の半分以上を占めていることを政府に指摘している。したがって、その解決策として減税が考えられます。この燃料課税は、州にとって4番目に大きな税収となっているため、幹部はこのような選択肢を考えていません。新たな社会的危機を回避するために、政府は特定の援助に頼ることができる。

「国家はフランス人の背中でお金を稼ぐわけではない。」

急騰するのは燃料価格だけではありません。また、ガスや電気の価格も同様です。このテーマは、国際通貨基金(IMF)と世界銀行の総会が始まる10月13日(水)にワシントンで議論されました。フランスのブルーノ・ル・メール経済・財務大臣は、これらの会議のためにアメリカの首都に滞在しています。彼は、エネルギー価格の上昇による影響を軽減するための経営陣の行動を擁護したいと考えています。

「私たちは、このエネルギー価格の上昇からフランス人を守りたいと思っています。12月初めに100ユーロを追加するエネルギーバウチャー、3倍になるはずの電気料金が2022年初めには4%以上上がらないようにする電気料金の上限設定、そして最後にガス料金の凍結という即効性のある対応を行いました。これらは効果的かつ即時的な措置である」と主張した。

Bruno Le Maire氏は、「これらはコストのかかる措置であると振り返っている」と述べています。「電気料金の上限は50億ユーロ、エネルギーバウチャーは6億ユーロ 」とのこと。大臣は、「エネルギー価格の上昇により、フランス人の背中で国が儲けていると説明するすべての人に言いたい。このような発言は無責任であり、受け入れられない」と述べた。「国は、このエネルギー危機の間、フランス人の背中で金儲けをしているわけではない、それどころか」と彼は主張した。

[rfi] https://www.rfi.fr/fr/france/20211014-france-la-hausse-des-prix-du-carburant-tend-les-usagers-et-le-gouvernement
Wandercraft

外骨格の拡大を目指すスタートアップ、Wandercraft社

エマニュエル・マクロン氏は、2030年までにフランスの産業・企業を振興する計画を発表しました。その中でも、「ディープテック」と呼ばれる分野の人々。これらのスタートアップ企業は、外骨格を販売するWandercraft社のように、21世紀の課題に対して破壊的なソリューションを提供しています。この技術革新は、歩くことができなくなった患者さんにとっての希望となります。パリの中心部にある同社の敷地内をレポートします。

奇跡と言っても過言ではありません。10年間下半身不随だったKévin Pietが立ち上がって歩く。しかし、この奇跡は技術的なものです。立つことができるのは、外骨格のおかげです。この外部システムは、生体力学的または電動式で、ユーザーに物理的な支援を提供します。Kévin Piet氏のように移動に問題を抱えている人や、身体に大きな負荷がかかる従業員などが使用することができます。

黒い機械とKévin Pietは同じものです。胴体、脚、足はストラップで固定されています。そしてそれは、彼の形態に応じて、彼を前進させるためのアルゴリズムなのです。彼はWandercraft社で働いており、定期的にデバイスをテストしています。

体幹の筋肉が鍛えられるというメリットしかありませんでした」と彼は言います。車椅子の方が楽で、背筋が伸びて、猫背にならなくて……それに実は、立っていることで筋肉が伸びていることに気づいて、治療を減らしたんです。

まだ広く使われていないツール

今のところ、この外骨格は病院でしか使われていません。クレテイユのアンリ・モンドール大学病院にもあります。「長い間、寝たきりだった患者さんがすぐに立ち上がれるようになり、何よりも歩く訓練ができるようになります」とリハビリテーション科の医師であるキャロライン・コラス氏は語る。

マチュー・ヴァセリンが社長を務めています。このツールのアイデアは、「21世紀になって、ロケットを宇宙に送り出す時代に、もう一度立ち上がろうとする人たちにソリューションを提供できないのは、普通ではない」という不公平感から生まれました。

今のところ、年に10モデルを生産しています。数年後には4倍の生産量を目指している。

[rfi] https://www.rfi.fr/fr/france/20211014-france-la-hausse-des-prix-du-carburant-tend-les-usagers-et-le-gouvernement
尖閣諸島付近で、日本の海上保安庁の船に続く中国の海上保安庁の船。(ストックイメージ)AP

日本:北京と平壌に直面し、与党は軍事費の増加を要求

AF注)フランスが伝える日本では、フランスのメディアが報道した日本のニュースを出来るだけそのまま掲載しています。日本人から見ておかしなところがある場合もありますが、ご了承下さい。

日本の保守党(自民党のことですがLe parti conservateur japonaisと記載されています。フランスでもニュースでは党名は固有名詞で書きます。)は、10月31日に行われる国会議員選挙の綱領の中で、軍事費の大幅な増額を要求しています。日本は、中国の台頭と北朝鮮の核の脅威を懸念しています。国防省は、来年度の予算として500億ドル相当の予算を国会に要求している。

東京のフレデリック・チャールズ特派員と

四半世紀で30倍になった中国の軍事費に比べれば、日本の軍事費は盆栽のような矮小なものだ。来年には、日本のGDPの1%という基準を初めて超える可能性があります。米国の同盟国であり保護国でもある日本は、抑止力の強化を求めています。長期的には、保守党は防衛予算をNATO諸国の水準、すなわちGDPの2%以上に引き上げたいと考えています。

台湾の状況と直結している

米国と同様、日本も中国の台湾に対する攻撃的な態度に懸念を抱いています。今回初めて、自国の安全保障と台湾の安全保障を直接結びつけたのである。日本の保守党は、台湾の国会議員と安全保障に関する対話を開始しました。台湾で重大な事件が起これば、日本の存立が脅かされると考えているからだ。

一方、日本は平和主義憲法の制約を受けながらも、米国の攻撃戦略に組み込まれつつある。在日米軍基地が集中している沖縄周辺では、中国の沿岸警備隊や軍艦が、日本が管理し中国が領有を主張する尖閣諸島に接近しない日はありません。

日本には英国と同等の軍事力があります。戦後、その役割は自衛に限定されています。北朝鮮のミサイル発射の脅威に直面して、保守党は先制攻撃能力についての議論を開始した。日本の経済界は、より攻撃的な日本の戦略を望んでいません。特に、日本の最大の貿易相手国となった中国に対しては。

[rfi] https://www.rfi.fr/fr/france/20211014-france-la-hausse-des-prix-du-carburant-tend-les-usagers-et-le-gouvernement
Brigitte Bardot

Brigitte Bardot

ブリジット・バルドーは、20世紀の最も美しいフランス人女優の一人として記憶されると同時に、当時最も物議を醸した人物の一人としても知られています。ラ・マドラグの住人である彼女は、映画出演と並行して、歌でも大きな成功を収めました。主に、セルジュ・ゲンズブールとの交際がきっかけです。

バイオグラフィー

本名のブリジット・アン・マリー・バルドーから、1950年代から1960年代にかけてフランスの「ロリータ」と呼ばれた彼女は、アーティストとしての生活では名字と名前だけを残していました。1934年9月28日、パリ15区に生まれ、姉のマリー・ジャンヌと一緒に育ちました。工業系の両親のもとで育った彼女は、エンジニアである父から芸術(ダンス、音楽、歌)を学ぶことを勧められました。論理的には、彼女はすぐに光り輝くことを夢見て、15歳のときに注目されました…1949年、彼女は有名な雑誌「エル」のためにポーズをとりました。

ロジャー・ヴァディム

彼女のキャリアはスタートし、数年後にブリジット・バルドーが映画界に転向したのもそのためである。1952年11月に公開された “Le trou normand “では、ブルビルとの初共演を果たした。この時期、彼女は映画監督のロジャー・ヴァディムと出会い、その直後の12月20日に結婚しており、彼女のキャリアにとって重要な時期であった。

それ以来、彼女はジャン=リュック・ゴダール、クリスチャン=ジャック、エドゥアール・モリナロ、アンリ=ジョルジュ・クルーゾーなど、当時の偉大な監督たちと仕事をしてきました。また、1953年に「愛の法」で共演したカーク・ダグラスとはアメリカでも共演しています。彼女のフィルモグラフィーのハイライトの一つは、間違いなく1956年に夫が監督した「そして神は女を創った」です。

また、この撮影中に二人の仲が険悪になり、”バルドー・マニア “が本格化していった。今でも記憶に残っているジャン=ルイ・トランティニャンとのヌードシーンは、フランスを騒がせました。1957年12月に離婚が成立し、ブリジット・バルドーはサシャ・ディステルとのロマンスを楽しんだ。

映画を次々と撮っていた女優は、1960年1月11日にニコラちゃんの母親になった。父親は、前年からの2番目の夫であるジャック・シャリエで、1963年1月30日に別れました。しかし、彼女はフランスの魅力と美しさの象徴となっていたのです。

Miss Bejo

BBが本格的に歌手活動を始めようと考えたのは、1960年代の初めだった。きっかけとなったのは、1961年にブラジル人のロベルト・セトが歌った「…ブリジット・バルドー」という曲で、後にダリオ・モレノがフランス語でカバーしてラジオで放送されました。また、彼女は全世界にその存在を明らかにし、「Miss Béjo」という新しいニックネームを得ました。

1962年、彼女はスタジオに入り、最初のシングル「C’est rigolo」を録音した。ブリジット・バルドーは、2つの異なる、しかし補完的なキャリアを追求することができました。そして、自分が出演した映画のサウンドトラックにもサインをした。

1965年のルイ・マル監督の「Viva Maria」や「Babette s’ve va-t’en guerre」がそうであった。 しかし、これによって彼女はセルジュ・ゲンズブールを誘惑し、すぐに彼とのコラボレーションを提案した。彼のために作った最初の曲は「L’appareil à sous」というタイトルだった。

ゲンズブール

“キャベツ頭の男 “は、彼女の中に自分の新しいミューズ、そして何よりも1960年代の典型的な女性を見出していた。その後、2人のパートナーは、後に名曲となる楽曲を次々と生み出していった。第一弾は1967年末に録音された「ハーレー・ダビッドソン」。この10年間で最もヒットした作品のひとつで、一般の人々に知られるようになったのは、テレビ番組「Show Bardot」で、彼女が革の服を着てセクシーなバイカーとして登場したときでした その後、ポスターの流行が進み、ハーレーに乗ったBBの姿がフランス中の部屋に飾られるようになりました。シャルロットはパロディバージョン(「Je ne reconnais plus personne en… Massey Fergusson」!)を、ゲンズブール自身はキャリアの最後にこの曲に触発されました(「Harley David, Son Of A Bitch」)。

拗ねたような「Je t’aime moi non plus」がリリースされた年でもある。この曲は、セルジュ・ゲンズブールとジェーン・バーキンのデュエットによって広まったものだが、BBはこの曲を1986年以前に出版することを拒否していたのだ。 また、若いイギリス人歌手の声は、より官能的だったという説もあります…。

もうひとつのアンソロジー曲は、前作と同じくミシェル・コロンビエがアレンジした「Bonnie & Clyde」。この曲は1968年1月1日にラジオで放送され、テレビでも紹介され、豪華なアルバムにその名を刻んだ。実際にはヒット曲を集めたもので、この曲のようにデュエットで歌われたものもあれば、歌手のクレジットで歌われたものもあります。

よく知られているのは「Bubble Gum」と「La Madrague」ですが、非常に珍しい「Un jour comme un autre」はBBのレパートリーの中でも最も美しい曲のひとつです。彼のピグマリオンとのコラボレーションは、彼の最後のヒット曲「Nue au soleil」が生まれた1970年まで続きました。

彼女の最大のヒット曲2曲もこの時期のものです。「Tu veux ou tu veux pas?」

マリアンヌ

ブリジット・バルドーは名声の絶頂にあった。彼女の胸像がフランスのすべての市庁舎に飾られたとき、彼女は並外れた経歴を誇った。天使と悪魔のハーフである彼は、ドゴール将軍によって1970年代のマリアンヌに選ばれました。これは、1985年にレジオンドヌール勲章のナイトになる前の、もう一つの栄誉でした。

極右思想への共感を隠さなかったこの確信犯的な共和党員は、それでもこのスターの人生に疲れたことを認め、1973年に引退を表明したのである。その後、彼女はサントロペの伝説的な邸宅「ラ・マドラグ」に引きこもり、世界中の観光客が湾岸を航行する船から写真を撮ろうとしています。彼女はその決断を後戻りさせることなく、自分の名前を冠した基金を通じて、動物を守るためにすべての時間とエネルギーを捧げている。この目的のために、彼女は最後にスタジオに戻り、1982年にシングル「Toutes les bêtes sont à aimer / La chasse」をリリースしました。

ブリジット・バルドーは回想録を執筆し、1996年にグラッセ社から「Initiales B.B.」というタイトルで出版されました。約20カ国語に翻訳されたこの出版物は、彼女の幼少期と、元夫や息子との間に緊張関係が生まれ、両者との訴訟にまで発展した栄光の時代を再現しています。

映画館やテレビから離れても、バルドーはその名声を利用して政治的・社会的な意見を表明し、それがしばしば物議を醸したり非難されたりしています。

この生きた神話は、約50本の映画を製作し、80曲以上の曲を書いています。彼女は現在も南フランスに住んでおり、メディアに登場することはほとんどありません。

2019年8月

生年月日 28/09/1934
パリ(フランス)
国: フランス
言語:英語 スペイン語 フランス語
品質:シンガー
音楽ジャンル:歌

フランスの銀行であるソシエテ ジェネラルは、クレディ デュ ノールとの合併により誕生した新しいリテールバンクにより、2023年から2025年の間に3,700人の純減が見込まれると、火曜日に発表しました。REUTERS/John Schults

ソシエテ ジェネラルとクレディ デュ ノールの合併:2025年までに3700人を削減

フランスのグループ企業であるソシエテ ジェネラルは、クレディ デュ ノールのネットワークを統合して設立する新しいリテールバンクについて、2023年から2025年の間に「強制的な離職を伴わない形で」3,700人の純減が発生すると火曜日に発表しました。

「これらの人員削減は、自然退社(現在から2025年までの間に年間1,500人と推定)と、社内での再分類と移動を優先することに基づいて行われます」と、プレスリリースで述べています。グループの副社長であるSébastien Proto氏は、Agence France-Presseに「我々は時間をかけて漸進的にアプローチしている」と断言しました。これにより、トレーニングや個別のサポートプログラムを、変革の実際の実施に先立って開始することができるのです」。

61カ国に133,000人の従業員を擁するソシエテ ジェネラル グループは、火曜日に、フランスで新たに設立するリテールバンクのモデルと詳細な組織を定めたファイルを社会的パートナーに提出しました。これは、クレディ デュ ノールとソシエテ ジェネラルという2つのリテールバンクの「完全な合併」に基づいています。「単一のネットワーク、単一の本社、単一のITシステムを持ち、約1,000万人の顧客にサービスを提供し、25,000人以上の従業員を擁する単一の銀行です。

フランス国内の支店の整備

同行は、「1,450の支店からなる地域ネットワークにより、現在と同じ都市に留まることができる」という利点があります。2020年末までに、2つのネットワークは合計で約2,100の支店を持つことになり、そのうちのいくつかはお互いに近接していることになります。このグループは、ナショナルブランドに加え、クレディ デュ ノール グループのブランド(クレディ デュ ノール、クルトワ、タルノー、レイデルニエ、SMC)の中から地域名を組み合わせたものになります。「新しいモデル、つまり、例えば支店の再編成などの変革の実現は、2023年に始まり、2025年まで続きます」とプロト氏は付け加えた。

法的な合併は2023年1月1日に行われる予定です。2つのネットワークのIT統合は、2023年前半に行われる予定です。

(with AFP)

中国の国家主席は10月12日、発展途上国の生物多様性の保全と再生可能エネルギーの開発に向けた2億ユーロ以上の基金を発表しました。AFP - STR

COP15:習近平氏、生物多様性基金に2億円以上の拠出を約束

中国では、国連の生物多様性に関する会議であるCOP15がスタートしました。中国の大統領はビデオスピーチの中で、発展途上国の生物多様性を保全するための2億ユーロ以上の基金や、再生可能エネルギーの開発に向けた取り組みを発表しました。

北京特派員、ステファン・ラガルドとともに

昆明にいたNGOや外交官は、生物多様性の損失を食い止めるための強力な発表を期待していた。このスピーチはほんの始まりに過ぎず、特にアフリカや南米で、メガシティの進出からまだ一部が残されている原生林や湿地、その他の草原を保護するために、先進国からの支援を求めている人々に向けたものです。

必要不可欠な投資

「習近平はCOP15の画面で「中国は途上国の生物多様性の保全を支援する基金の創設に15億元を拠出する。現地では、中国の大統領が大規模な太陽光発電や風力発電のプロジェクトを加速することを発表し、ゴビ砂漠の砂地に横たわる巨大な風力発電機のブレードの映像や音楽が国営メディアで流されました。

来年5月の会議終了時までに、各国の陸海空域の30%を保護することを約束する共同宣言の達成を目指しています。生物多様性への投資なくして、パリ気候協定の目的を達成することは不可能です。COP15はグラスゴーで開催されるCOP26と併催されており、地球環境ガバナンスにおける道徳的優位性を主張する中国外交の重要なショーケースでもあります。

[rfi] https://www.rfi.fr/fr/france/20211014-france-la-hausse-des-prix-du-carburant-tend-les-usagers-et-le-gouvernement
10月12日(火)、エマニュエル・マクロンは、「フランス2030」計画を発表しました。産業競争力と将来の技術を開発するために、5年間で300億ユーロの投資を行います。Ludovic MARIN POOL/AFP

投資計画「フランス2030」:エマニュエル・マクロン大統領の最初の発表内容

原子力発電や電気自動車、農業のロボット化など、エマニュエル・マクロン氏は、フランスを革新と研究の国にしたいと考えています。大統領選挙まであと6ヶ月となった10月12日(火)、エリゼ宮で国家元首が「フランス2030」の戦略プランを発表しました。

今朝、エリゼ宮に集まった200人のビジネスリーダーや学生たちは、「フランスの再工業化」をテーマにマクロン大統領の話を聞きに来ていたのです。非常に洗練された環境の中で、国家元首は2030年に向けた300億ユーロの投資計画を発表しました。

フランスは、「もう一度、革新の偉大な国にならなければならない」と主張した。実際、産業や未来の技術において、その競争力は危機に瀕しています。具体的には、10億ユーロを投じて原子力発電に注力します。フランスは小規模な原子炉を開発する。

2つ目の目的は、化石燃料の代替と産業の脱炭素化のために、フランスを「グリーン水素のリーダー」にすることです。

また、フランス大統領は、フランス国内で「2030年までに200万台近い電気自動車」を生産し、「文化的な変化」をもたらしたいと考えています。20億ユーロは「アグリフード革命」を加速するために充てられます。マクロン氏は「健康的で、持続可能で、トレーサブルな食品に投資したい」と考えています。そして、そのために「デジタル技術、ロボット、遺伝子」を頼りにしたいと考えています。

また、大統領のスピーチで忘れてはならないのは、深海を強調していることです。地球の大部分を暗いままにしておかないためにも、深海の探査は優先課題の一つです。すばらしいプログラムです。

この未来の産業のための投資計画の発表は、フランスの大統領選挙の半年前に行われました。退任した国家元首はまだ正式な候補者ではありませんが、大逆転がない限り、2期目に出馬するはずです。

[rfi] https://www.rfi.fr/fr/france/20211014-france-la-hausse-des-prix-du-carburant-tend-les-usagers-et-le-gouvernement
TF1の「JT」のセットでジャーナリストのジル・ブーローと一緒に、2022年の大統領選挙で考えられるLRの対立候補の写真を前にしたグザビエ・ベルトラン。afp - トーマス・サムソン

2022年大統領選挙:グザビエ・ベルトラン氏、共和党の投票に応じることを表明

グザビエ・ベルトラン氏は10月11日(月)、大統領選挙の右派候補者を選出するための共和党大会に参加することを発表し、この疑惑に終止符を打ちました。Hauts-de-France地方のボスは、自分の政治的な断層を集めるために意志を発動した。右派のライバルとの勝負を折り合わせることができなかったと言わざるを得ない。

彼は賭けに負けた。グザビエ・ベルトランは、数ヶ月間の単独活動の後、右派のライバルたちとの世論調査での差を広げることができませんでした。つまり、彼は元の政党の仲間に戻るのです。そして、12月初旬にLRメンバーの投票に身を委ねます。

“簡単な解決策は、単独で、世論調査、意見調査を行い、私をトップにすることでした。私はこの選択をしたくなかった。なぜなら、私のDNAには集会があり、組合があるからだ」と、月曜日の夜、グザビエ・ベルトランは語った。

これは、「華やかさと勝利の選択」であると、LR代議士の代表であり、グザビエ・ベルトランの支持者であるダミアン・アバドは書いています。何よりも理性の選択。党は武装勢力であり、大統領選には欠かせないパクトールである。

“グザビエ・ベルトラン “は、つい数日前に「参加しない」と言っていました。彼が心を入れ替えたのは良いニュースです。同じく候補者であるミシェル・バルニエ氏を支持するブリジット・クスター議員は、「このファミリーのルールを尊重した上で、支援やついでに資金援助をお願いすることが重要です。

ヴァレリー・ペクレスのスポークスマンであるロビン・レダ議員は、「一方では同数制、他方では自薦の候補者という状況に耐えられなかった右派、共和党にとって、これは良いニュースでしかありません」と語っています。

何週間も先延ばしにしてきた大統領選挙で、理論上は右派の候補者は1人になるのだから」と、党の指導者たちは安堵していた。しかし、過激派がこれまでの時間を無駄にしたグザビエ・ベルトランを許すかどうかは定かではないと、ヴァレリー・ペクレスの側近は言う。

ミシェル・バルニエの側近は、「彼はプライドを捨てて釣りをし、自分を見失っていたが、今は家に帰ってきた」と言う。

2021年6月12日(土)、フランスで初回のワクチン接種数が3,000万回という象徴的な節目を迎えました。(イラスト) REUTERS - STEPHANE MAHE

コロナが緩和

“Towards a more serene end of the year”(より穏やかな年末に向けて)という見出しがLe Figaroに掲載されています。”So far, so good. 8月末に始まったポジティブな動きは、最も楽観的な予測を超えて継続しています。国レベルでは、人口10万人あたりの7日間のコヴィド-19の発症数が50件を下回っています。集中治療室では、9月15日には100人以上が入院していたのに対し、現在では1日の入院患者数が50人未満となっています。All Saints’ Holidayまであと2週間となりましたが、9月の学校生活の影響はまだ感じられません。科学委員会のメンバーであるSimon Cauchemez氏は、「たとえ再開されたとしても、過去に外出禁止令や監禁令が出されたような災害シナリオは回避されたようです」と分析しています。

効果的なワクチン

そして、もう一つのポジティブなポイントは、「ワクチン接種の有効性が確認された」と、ル・モンド紙が一面で発表していることです。

ワクチンを接種した50歳以上の人は、ワクチンを接種していない人に比べて、コヴィド-19による入院や死亡の可能性が9倍低い」と、フランス国立医薬品安全庁と国民健康保険基金の二重の監督下にある科学的利益団体であるEPI-Phareが昨日発表した2つの報告書の著者がまとめている。著者らは、フランスで使用されている、あるいは使用されたことのある3つの主要なワクチン、Pfizer社、Moderna社、AstraZeneca社の効果を分析しました。現実の環境では、これらの3つのワクチンは、非常に多くの人々に対して、同等の非常に高い有効性を示しています。EPI-Phareのディレクター、Mahmoud Zureik氏は、「これは、50歳以降のすべての年齢層に当てはまります」とまとめています。

そして、「前例のない事実」として、ル・モンド紙は、「これらの分析は、合計2260万人に対して行われた。これは、世界で最も多くの人が参加する、ワクチンの「実際の」効果を分析する疫学研究です。

そして、夕刊デイリーは、「フランスでのワクチン接種の有効性の程度を確認することは、未決定の人々の最後の広場を揺さぶることに成功するだろうか?

制約条件の緩和に向けて

このような状況下で、最もワクチン接種に消極的なフランス人にワクチン接種を勧めるために7月12日に設定された健康パスが徐々に放棄されていくことが考えられるだろうか」と疑問を投げかけている。(中略)今のところ、政府は慎重な姿勢をとっている。そのスポークスマンであるGabriel Attal氏は、「11月15日までにヘルスパスが軽くなることはない」と発表しています。

そして、「もうすぐマスクが外せるようになるのでは?ここでも注意が求められています…「科学評議会は、『個々のバリアー措置の明確な緩和』に直面して、警戒を呼びかけています。例えば、長距離の公共交通機関ではマスクを着用しないようにするなど、段階的に対策を講じていくことが考えられます。「なぜなら、ある専門家は『混血している人々は、流行が必ずしも同じ段階で減少していない異なる場所から来ている』と強調しています。

フランス2030:大規模な投資プログラム

また、今週の火曜日にエマニュエル・マクロン大統領が発表する「France 2030」プログラムも一面に掲載されています…

数百億ユーロの投資計画は、明日の産業部門を支援し、フランスを『独立』への道に戻すことになっている」とLibérationは述べている。要するに「未来のキャンペーンツール」。(中略)大統領は、フランスが「独立の道」を見つける必要性を称賛することになりますが、エリゼは健康危機から次の3つの教訓を導き出しました。私たちは、ウイルスが私たちのすべての業務を台無しにすることを経験しました。特定の分野における当社の依存度 そして、「イノベーションはすべてを変えることができる」という事実。特にどの分野を対象とするのか。自動車、原子力、航空、宇宙、健康、文化の各分野。

アトムの戦い…

大統領選挙に向けて、原子力はすでに多く語られている…「原子をめぐる戦いはすでに始まってい大統領選挙に向けて、原子力はすでに多く語られている…「原子をめぐる戦いはすでに始まっている」とLe Parisien紙は一面で叫んでいる。「候補者の中には、原子爆弾の使用に賛成か反対かという明確な立場をとる人が一日もいない。そのため、最高選挙を半年後に控えた今週の火曜日に、エマニュエル・マクロン氏が原子力に関する計画を発表する準備をしているのは偶然ではありません。Le Parisienによると、全体的なトーンは、原子への愛の宣言に似ているはずです。エリゼ宮では、国家元首が産業復興のために数十億ドルを投じることを発表する予定です。執行部はすでに、この加速を正当化するために、地球温暖化対策やエネルギーの独立を前面に打ち出している。その背景には、ガソリン価格の高騰があります。

[rfi] https://www.rfi.fr/fr/france/20211014-france-la-hausse-des-prix-du-carburant-tend-les-usagers-et-le-gouvernement
ドイツ:2021年10月9日(土)、ベルリン近郊にあるテスラ社の新工場の落成式に集まった野次馬。ドイツ当局から建築許可が下りていないにもかかわらず、工場がオープンすることになりました。Reuters - Annegret Hilse

ドイツ:イーロン・マスク、ベルリン近郊にTesla社の欧州初の拠点を開設

土曜日には、数千人の人々が、ベルリン近郊にあるテスラのメガファクトリーのツアーに参加しています。米国の電気自動車メーカーは、土曜日にオープンハウスを開催しており、同社のボスであるイーロン・マスク氏は、午後に来場者に直接挨拶する予定です。約27,000人の方に見学の案内が届いていますが、まだ計画の許可は下りていません。

10月9日(土)、幸運な人は完成間近の工場を見学することができます。ベルリンから30kmほど離れたブランデンブルク州のグリュンハイデに、300ヘクタールという広大な敷地があります。テスラは、年間最大50万台の電気自動車を製造し、12,000人の従業員を雇用することができます。また、この地に世界最大の電気自動車用バッテリー工場を建設する予定です。

ただし、この土曜日に27,000人の来場者が例外的に訪れることができるこのサイトは、まだ建築許可が下りていません…。テルサ社は、2年前に例外的な手続きを経て作業を開始し、現在も最終承認を待っている。工場は大きな水位の近くに位置しており、電池生産に必要な水が問題となっています。また、90ヘクタールの森林を伐採しなければならず、地元の生物に悪影響を与えています。

しかし、イーロン・マスクはそれで落胆することはない。テスラの社長は日頃からドイツの官僚主義を批判していますが、年内には生産を開始できると期待しています。アメリカの会社がヨーロッパで最初に設立する拠点であるこのオープンデーは、彼にとって象徴的なものであり、人気のある成功を約束するものです。非常に高い需要に直面して、テスラは何千人もの人々の入場を拒否しなければならなかった。

素晴らしかったです。ロボットや生産ラインの一部を見ました。この工場には新しい従業員が集まり、インフラも整備される…。テスラがここに進出するのはとても良いことだと思います…。

[rfi] https://www.rfi.fr/fr/france/20211014-france-la-hausse-des-prix-du-carburant-tend-les-usagers-et-le-gouvernement
フランス映画祭2021 横浜

フランス映画祭2021 横浜、今年は11月11日から開催

今年で29回目になるフランス映画祭、今年は11月に開催することになりました。
フェスティバルミューズは、杏(俳優)さんです。

フェスティバルミューズの杏さんからのメッセージ

Anne
Anne©Junko Tamaki(t.cube)

フランスと日本の関係は160年をこえ、そのどこを切り取っても、
常に繊細な芸術や文化を尊重しあっているような印象を覚えます。
それは映画であっても。
そんなフランスの映画と日本を結ぶ大切なイベントに選んでいただき、
とても光栄です。
モデルとして10代の頃から訪れていた思い出深いフランス、
まだまだ知りたいことだらけです。
この映画祭で、自分自身も造詣を深め、またその魅力を皆様にお伝えできたらと思っております。
11月を楽しみにしております。よろしくお願いいたします。  

<開催概要>

■名称:
(日)フランス映画祭2021 横浜
( 仏)Festival du film français au Japon 2021

■期間・会場:
2021年11月11日(木)~11月14日(日) 全4日間
みなとみらい21地区を中心に開催
■プログラム:
①11/12(金)〜14(日)フランス映画最新作の上映
②11/11(木)オープニング・セレモニー、ドライブインシアター
③マスタークラスなど

主催のユニフランス会長であるセルジュ・トゥビアナ、山中竹春横浜市長、
今年のフェスティバル・ミューズの杏からコメントを頂きました。

セルジュ・トゥビアナ(ユニフランス会長)

フランス映画祭2020 横浜は、コロナ渦の中で行われ、革新的な取り組みと新しい企画で、これまでに無い形式で多様なフランス映画を観ていただきました。多数のフランスの監督、俳優が参加協力し、日本の観客やジャーナリストの皆様との交流もオンラインで行われ、昨年のフランス映画祭2020 横浜は大きな成功を収めました。観客の健康を一番に考え、これまでと変わらぬ支援協力をいただいている日本の大切なパートナーの皆様と一丸となり、感染防止対策を十分にとり、安全重視で映画祭を開催することができました。コロナ禍での人数制限での実施にも関わらず、フランス映画祭2020 横浜を御覧になった観客は4,000人に登ります。多くの方にご参加いただいたことを心から感謝し、また信頼していただいていることを誇らしく感じます。
そして2021年、日仏の友好を深めるフランス映画祭2021 横浜で再びフランスの最高の作品を観ていただく機会を作り、長年にわたり、フランス映画を愛好してくださる皆様をお迎えすることを楽しみにしております。

山中竹春(横浜市長)

「フランス映画祭2021 横浜」の開催、誠におめでとうございます。
コロナ禍においても、関係者の皆様の御尽力のもと、この伝統ある映画の祭典を、今年も横浜にお迎えできますことを、大変光栄に存じます。横浜市は、ホストシティとして、フランスと横浜の友好の象徴である、この映画祭の成功に向けて、力を尽くしてまいります。皆様に安心して御鑑賞いただけるよう万全の感染症対策を講じ、フランスが誇る映像文化の結晶を、皆様にお届けします。
ぜひ、魅力あふれる多彩なフランス映画に触れ、幸せなひと時をお楽しみください。

 

フランス、ワクチンパスの提示義務廃止を検討

新型コロナウイルス感染症の感染者の数は大幅に減ってきています。
政府はワクチンパスの提示義務の緩和には慎重な姿勢を見せています。
一応提示義務の期限は11月15日ですが、
それ以降も全国的な対策が取られるだろうということです。

ワクチンパスの提示義務は11月15日まで続きますが、その後はどうなるのでしょうか?
スタジアムやテラス席など場所によって解除される可能性があります。

科学諮問委員会の助言に従って、今のところ規制緩和には慎重です。
ワクチンを接種していても、感染のリスクはあります。
これから寒くなってきますし、ワクチンの効果も低下してきます。
そのため再び感染拡大が起きる可能性があり、警戒が必要なのです。

しかし感染状況は改善しています。
そのため47県で学校でのマスク着用の義務がなくなりました。
10月11日からは更に21の県の学校でマスクを付けなくてもよくなります。

こうした傾向を受けてもう規制を一斉に解除してもいいと主張する専門家もいます。
ある一定の感染者数を下回った段階で、
例えば一週間で人口10万人中50人以下になったら、
全ての規制を解除し逆に増えたら規制を即設ければ良いと言います。

現在77の県で人口10万人中50人以下になっています。

フランス雇用回復

今年の第三、第四四半期の失業率が7.6%に下がりました。
契機と雇用が予想よりも早くコロナ危機以前の状態に戻ってきた証拠です。
2020年はおよそ30万人分の雇用が失われましたが、
2021年はおよそ50万人分生み出されるということです。

今はどこも人手不足で、その結果失業率が下がり続けています。
年末には7.6%まで下がることが予想されています。
2008年代の低い数字です。

一番求人が多いのは商業、運送業、家事代行などのサービス業です。
今年1年で51万4千人分の雇用が生み出されました。
世界的な経済活動の再開がその背景にあります。
国の大型支援のおかげで、多くの企業が倒産を免れて、
新たに人を雇い入れる余裕があります。

しかし、こうした状況は長くは続かないと主張するエコノミストもいます。
残念ながら2013年からは8パーセント前後の失業率に戻るでしょう。
若年層とシニア層の失業率が非常に高いままで、
景気回復の恩恵を受けていないといいます。

現在百万以上の求人があり、
その半数近くが無期限契約の雇用だということです。

アイルランドは10月7日(木)、法人税率の引き上げに合意しました。AFP - paul faith

OECD、136カ国が多国籍企業への15%課税に合意と発表

10月8日(金)、経済協力開発機構(OECD)は、アイルランド、エストニア、ハンガリーが参加したことにより、136カ国が多国籍企業に最低15%の税金を課すことに合意したと発表しました。

米国の財務長官やフランスの経済大臣は「達成」と言い、欧州委員会の委員長は「前進」と言った。一方、OECDは、2023年から多国籍企業に15%の最低税率を適用する国際的な税制の大改革に136カ国が賛成し、「歴史的な」合意に達したと評価しています。

世界のGDPの90%を占めるこれらの国々は、最低税率の導入により、約1,500億ユーロの追加収入を得ることができると、OECDは発表しました。140カ国が参加した交渉に参加していたケニア、ナイジェリア、スリランカは署名国に含まれていません。パキスタンは以前の署名国リストに含まれていましたが、金曜日のリストには含まれていません。

7月には、国際的な税制の大枠が合意されました。今回は、技術的なパラメータの定義が問題となりましたが、これは、国の税制戦略が大きく異なる国同士の厳しい交渉の対象となりました。

決定的なラリー

木曜日には、これまで署名に消極的だったアイルランドとエストニアが結集し、15%というキーロックが破られました。アップル、フェイスブック、グーグルの欧州本社があるダブリンにとって、売上高7億5,000万ユーロ以上のグループに対する最低税率が15%を超えないという保証は、決定的なものでした。7月の契約では「少なくとも」15%としており、増額の可能性が残されています。

金曜日には、欧州連合(EU)加盟国の中で最後まで踏み込まなかったハンガリーも、譲歩を得て協定に参加しました。法人税率9%を提案しているブダペストは、税制面での魅力に賭けている国のひとつであり、現在も議論されている重要なポイントのひとつ、多国籍企業の課税ベースを算出する際に認められる控除について交渉しています。

OECDでの交渉のもう一つの大きなポイントは、多国籍企業が事業や顧客を持っていても、本社がない国に再分配される税収の割合についてでした。毎年200億円の売上があり、高い収益性があります。ここで課税される利益の割合は、巧妙な計算により、利益率10%以上の25%に設定されています。

批評

今回の合意は、多くのリーダーたちにとって歴史的なものとなっていますが、新たな世界的な脱税スキャンダルである「パンドラ文書」は、この分野で多くのことがなされなければならないことを証明しています。また、NGOや一部の経済学者からは、その野心のなさと、それがもたらす不平等について批判されています。NGOのオックスファムによると、税率が15%の場合、追加で発生する税収の3分の2は、豊かなG7諸国とEUに利益をもたらすという。最貧国では3%にも満たない。

ノーベル賞受賞者のジョセフ・スティグリッツ氏は、「特定の抜け穴の除去」を可能にする「大きな前進」を歓迎する一方で、「途上国や新興国の懸念に十分に対応していない」合意を残念に思いました。経済学者は25%の最低税率を提唱した。

2023年までに改革を実施することを目標としており、その間に法整備を進めます。しかし、アメリカの政権がこの改革を議会に押し付けることができるかどうかなど、いくつかの疑問が残っています。

[rfi] https://www.rfi.fr/fr/france/20211014-france-la-hausse-des-prix-du-carburant-tend-les-usagers-et-le-gouvernement