フランスはモスクワのコンサートホールへの「凶悪な」銃攻撃を非難する

フランスは他の西側諸国に加わり、金曜日の夜にロシアの首都のコンサートホールでの銃攻撃を非難し、130人以上が死亡し、さらに多くの人が負傷した。イスラム国グループは責任を主張している。

フランスのエマニュエル・マクロン大統領は、モスクワのクロッカス市庁舎に対する「テロ攻撃を強く非難する」と、大統領官邸からの声明は述べた。

フランスは、犠牲者、彼らの愛する人、そしてすべてのロシア国民との連帯を表明している。

土曜日のロシア当局の最新のカウントによると、攻撃で少なくとも133人が死亡した。

何百人ものファンがロックコンサートのためにモスクワの北部郊外のホールにいたとき、音楽が始まる数分前に、武装した攻撃者が発砲した。

彼らはまた、ホールに火をつけ、建物全体に広がる炎が始まった。

パニックに陥った観客は出口に駆けつけ、何人かは地下室や屋根に逃げた。

「今夜のモスクワからの画像は恐ろしい」とフランス外務省は攻撃が展開するにつれてソーシャルメディアの投稿に書いた。

これらの凶悪な行為の原因を特定するためにあらゆる努力がなされなければならない。

11人が逮捕された

イスラム国グループが発表した声明は責任を主張したが、ロシアは誰に責任があると信じているのかをすぐに特定しなかった。

クレムリンは土曜日、銃撃犯容疑者4人を含む11人を攻撃で逮捕したと述べた。

それは彼らに名前を付けなかった。テレビ放映された演説で、ウラジーミル・プーチン大統領は、容疑者はウクライナに逃げようとしている間に捕らえられたと主張した。

欧州連合と国連は、フランスのように、ロシアの2022年の侵略以来、ウクライナに味方している米国や他の西側諸国とともに、この攻撃を非難した。

ホワイトハウスは「恐ろしい」出来事を嘆いたが、ウクライナの関与の兆候はないと述べた。

死者数の増加

米国大使館は、攻撃の2週間前に、コンサートを含むモスクワでの大規模な集会を標的にする「過激派」の危険性があると述べた。

今月初め、ロシア当局は、コーカサス地域のイスラム教徒が多数を占める小さな共和国であるイングーシでの作戦で、イスラム国の戦闘員の容疑者6人が殺害されたと発表した。

ロシアはイスラム過激派による過去の攻撃の標的となっていますが、明確な政治的つながりのない大量殺人も標的となっています。

ロシア当局は土曜日、モスクワ銃乱射事件による死者数を数回引き上げた。最初は約40と推定され、130以上に上昇し、攻撃は20年間でロシアで最も致命的な攻撃となりました。

当局は、他の100人以上が入院しており、その半数以上が深刻な状態にあると述べた。少なくとも5人の子供が負傷者の中にいると報告されている。

(AFPと)

https://www.rfi.fr/en/international/20240323-france-condemns-heinous-gun-attack-on-moscow-concert-hall-crocus-city

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1742
Enable Notifications OK No thanks