炎の点火は「2024年オリンピックのお祝いの始まりを示す」

オリンピックの聖火が打ち上げられ、パリ大会に向かっています!オリンピアのヘラ神殿から目と鼻の先にある古代のゲームのサイトで象徴的に行われるこの不変の儀式の間に、炎が点火され、その旅が始まります。ギリシャを通って数千キロ、最初にピレウス港へ。その後、5月8日にマルセイユ、続いてパリへのツール・ド・フランス…この機会に、RFIはギリシャのオリンピアからオリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(Cojop)の会長をライブで迎えます。

大祭司の役を演じるギリシャの女優メアリー・ミナは、2024年4月15日、ギリシャ南部の古代オリンピックの発祥地であるオリンピアの古代遺跡にあるヘラの古代寺院で、パリ2024オリンピックの炎点灯式のリハーサル中にオリンピックの炎を保持しています。AFP - アリス・メシニス
大祭司の役を演じるギリシャの女優メアリー・ミナは、2024年4月15日、ギリシャ南部の古代オリンピックの発祥地であるオリンピアの古代遺跡にあるヘラの古代寺院で、パリ2024オリンピックの炎点灯式のリハーサル中にオリンピックの炎を保持しています。AFP – アリス・メシニス
Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1701
Enable Notifications OK No thanks