カテゴリー ファッション

フランス発のファッション

チパンゴまたはパオラ・ピメンテルの多文化の創造性

Cipangoは、さまざまなモバイルまたは非モバイルの旅と異なる文化からインスピレーションを得たブランドです。Paola Pimentelの衣装は、相反する2つの文化を「交配」させる手法から生み出されたものです。デザイナーはコレクションにおいて、雰囲気、時間、記憶、歴史、想像力を通して、発見と補完的な差異をたどります。

男が美しくなるとき

フランス語圏のアフリカでは、髪型や肌、ひげに気を配るなど、自分の美しさに関心を持つ男性がますます増えているのだそうです。彼らは自分のケアに適した製品を探しており、中には美容院に行くことに抵抗がない人もいます。Aminata ThiorはLa vie iciで私たちと一緒です。

Nêge ParisのAnne-Sophie LangeとAliénor Schillioの夢のパジャマ

Aliénor SchillioとAnne-Sophie Langeは学生時代に出会い、その後、大企業で働くようになった。大企業の手続きにはすぐに嫌気がさし、自由でありたい、創造したい、と思うようになったのです。パジャマと可愛いプリントという2つのこだわりを持つ彼らは、それぞれの価値観と個性を生かしたプロジェクトをスタートさせました。こうして生まれたのが、彼らのエコ・パジャマ・ブランド「Nêge Paris(ネージュ・パリ)」です。

みんなのためのメイク

特別な日のために長い間予約されていたメイクアップは、ダカール、アビジャン、コトヌー、ヤウンデの女性の日常生活に不可欠です。ソーシャルネットワークとその「メイクアップ」「トゥトス」によって駆動され、黒と混合肌に適応した新製品によっても運ばれるトレンド。Setalmaa.comのAminata Thiorの創設者は、ここでの生活の中で私たちと一緒にいます。

ファッション:キャットウォークにスポットライトを

スポットライトで覆われた金属のアーチ、花輪や伝統的なランタンに混じった小さなランプ...アフリカのファッションショーは照明に大きな賭けをしている。LEDのおかげで消費電力が少なく、光の蕩尽。ファッションとアクセサリーのデザイナー、サラ・コドヨがLife hereに登場です。

REV Societyで、Aurore Jacquesはタイツを変えて、地球のためのエコ・ジェスチャーをする。

卒業後、Aurore Jacquesは2019年にREV Societyを設立しました。繊維製品の生産過程で発生する端材を利用したタイツとソックスのブランド。オーロラ・ジャックはタイツにリサイクルナイロンを使用しており、ブランド創設以来、1トン以上の繊維廃棄物をリサイクルしてきました。フランスとイタリアを結ぶエコシステムで、エコロジータイツなどをオンラインのみで販売。 

ファッションは持続可能ですか?

世界で最も汚染されている繊維産業の1つ。そして、近年加速している生産。イヴ・ミノーのすべての数字。そして、道がまだ長くても、現れ始めている解決策。起業家側では、ヨーロッパでは、消費者に近く、しばしば生産しようとしている人もいます。これは、紳士服ブランド、Loomとその共同創設者であるJulia Faureの場合です。

スローファッション:公害対策としてのファッションへの異なるアプローチ

大手ファッションブランドは衣類の大量生産を続けていますが、古い生地の寄付、交換、さらには再利用も最新です。実際、より責任を持って消費し、生態学的影響を制限するために、新しい服を買うのをやめる決定を下す人もいます。ファストファッション(製造、流通、特に必死の消費を理解する)とは対照的に、スローファッションはますます注目を集めています。

倫理的なファッション:ブランドの新しいエルドラド?

その汚染次元と一部の工場に課せられた劣悪な労働条件の認識に直面して、ファッション業界はより倫理的な製品を提供する努力を始めています。イニシアチブは増加しており、いくつかのブランドがより持続可能で責任ある開発プロジェクトを発表しました。これらのアプローチの関連性、さらには誠実さでさえ、時々疑問を提起しますが。