カテゴリー ファッション

フランス発のファッション

ファッションはグリーンですか?

店で服を着ている。ピクサベイ/Pexels
私たちが着ている服はどこから来たのですか?彼らは誰によって作られたのですか?彼らは長持ちしますか?今夜、私たちは繊維産業を見ています。今日、それは最も否定的な社会的および環境的影響の1つを持っているセクターの1つです。ユネスコの調査によると、1キログラムの綿を生産するには、Tシャツには10,000リットルの水、または平均2,500リットルの水が必要です。繊維部門は、小麦と米の栽培に次いで世界で3番目に大きな水消費者です。

エリザベス2世とファッション:スタイルの女王

3種類のドレスで登場したエリザベス2世。AP - AP イラストレーション
エリザベス二世は、ファッションの犠牲者になるどころか、時代とともにほとんど変化することなく、常に注目を集めるワードローブを持っていました。彼女の服装にはしばしばメッセージが込められており、また、彼女なりに流儀をわきまえた君主というイメージも醸成されていました。

マルゴー&ティータ:ジュリー・シェルによる、祖母たちへの香り高いオマージュ

Margot & Tita
Julie Schoellがフランスの香水ブランド「Margot & Tita」を立ち上げました。二人の祖母に捧げるブランド。彼女の香水やパフュームミストは、天然素材とヴィーガン素材でできており、「je t'aime moi non plus」や「alors on danse」など、文学や音楽にちなんだ名前が付けられています。

パロマ・カシレ、 フランスの高級ランジェリーの 職人兼デザイナー

欧州工芸会が今週末の4月3日(日)に閉幕します。パロマ・カジレは、イベント期間中に工房をオープンしている職人の一人です。 オートランジェリー・デザイナーが、独創的で着心地の良い作品を提案します。パロマ・カジレは、ランジェリーを愛するすべての女性のために、伝統的なノウハウを生かし、パリのアトリエでコレクションを考案し、精巧に作り上げ、慈愛に満ちたアプローチで提供しています。

アフロヘアーの歴史

古代エジプトからアフリカの大帝国、植民地時代からラスタやナッピー・ムーブメントまで、アフロ・ヘアの歴史とそれにまつわるアクセサリーや製品を小学校の先生であるジャーリッサ・セクメットが教えてくれます。

日本にインスピレーションを得たエコ・ファッションブランド「チパンゴ」の多文化の創造性

Cipangoは、さまざまなモバイルまたは非モバイルの旅と異なる文化からインスピレーションを得たブランドです。Paola Pimentelの衣装は、相反する2つの文化を「交配」させる手法から生み出されたものです。デザイナーはコレクションにおいて、雰囲気、時間、記憶、歴史、想像力を通して、発見と補完的な差異をたどります。

男が美しくなるとき

フランス語圏のアフリカでは、髪型や肌、ひげに気を配るなど、自分の美しさに関心を持つ男性がますます増えているのだそうです。彼らは自分のケアに適した製品を探しており、中には美容院に行くことに抵抗がない人もいます。Aminata ThiorはLa vie iciで私たちと一緒です。

Nêge ParisのAnne-Sophie LangeとAliénor Schillioの夢のパジャマ

Aliénor SchillioとAnne-Sophie Langeは学生時代に出会い、その後、大企業で働くようになった。大企業の手続きにはすぐに嫌気がさし、自由でありたい、創造したい、と思うようになったのです。パジャマと可愛いプリントという2つのこだわりを持つ彼らは、それぞれの価値観と個性を生かしたプロジェクトをスタートさせました。こうして生まれたのが、彼らのエコ・パジャマ・ブランド「Nêge Paris(ネージュ・パリ)」です。

みんなのためのメイク

特別な日のために長い間予約されていたメイクアップは、ダカール、アビジャン、コトヌー、ヤウンデの女性の日常生活に不可欠です。ソーシャルネットワークとその「メイクアップ」「トゥトス」によって駆動され、黒と混合肌に適応した新製品によっても運ばれるトレンド。Setalmaa.comのAminata Thiorの創設者は、ここでの生活の中で私たちと一緒にいます。

ファッション:キャットウォークにスポットライトを

スポットライトで覆われた金属のアーチ、花輪や伝統的なランタンに混じった小さなランプ...アフリカのファッションショーは照明に大きな賭けをしている。LEDのおかげで消費電力が少なく、光の蕩尽。ファッションとアクセサリーのデザイナー、サラ・コドヨがLife hereに登場です。

ラグジュアリー業界の驚異的な回復力

エルメス
明日からフランスの首都で始まるパリ・ファッション・ウィークへの招待状を手に入れるには、あと24時間しかない。バーチャル形式での2年間を経て、ビッグブランドはパブリックなファッションショーに戻りつつあります。
Enable Notifications OK No thanks