ニュースの言葉 ファッション

[ja] les_mots_de_l_actu_20230303.mp3 – powered by Happy Scribe

文化省フランス語代表団と一言。イバン・アマール

ファッションウィークが始まりましたが、RFIをはじめとするフランス語圏のメディアがそう呼ぶとすれば、それは彼らもそう語るからです。ファッションウィークは明らかにアングリズムですが、イベントが英語圏からイタリア、フランスなどに移っても定着しつつあるのです。また、報道関係者であっても、「ファッションウィーク」という表現を見かけることがあります。英語のFashion Weekに比べると、頻度は低いと言わざるを得ない。それは、英語の “fashion “という言葉自体がファッショナブルであるためでもある。そして、もう一歩踏み込んで言えば、ファッションはファッショナブルである。たとえば、ファッションの被害者の話もこうして聞くことができる。これももちろんアングリズムで、「お金を使いすぎたり、服を買いすぎたり、頻繁に着替えたりする、ファッションの流行の奴隷のような人たち」を、まるで表現が逆コンマのように皮肉や冗談で指しています。また、誰かのことを少し影響された言い方で「彼はとてもファッショナブルだ」と言えば、「彼はこうした目まぐるしく変わる流行にとても敏感だ」という意味になります。この絵に、他の言葉、他の発明が加わっています。例えば、”Fashionista “は、あなたを笑顔にします。

語彙は少しスノッブで、嘲笑されやすいが、それは対象が望んでいることだ。言葉は起源とジャグリングする。ファッション」という言葉は、はるか昔、1949年に大流行したことが分かっています。しかし、ファッションはフランス発祥のものですから、イギリスの地で生まれたと考えるのは誤った判断です。なぜなら、ファッションはフランス語が起源だからです。布の裁断や着こなしなど、正しい方法という意味で、英語の語源にもなっています。常にこの正しい方法という考え方に戻ってくるのです。ファッショニスタというのは、つまりこだわりのあるファッションのことで、どちらかというと女性に使われる言葉です。彼女は、このDIYのエンディングでイタリアに迂回し、もちろんファッショナブルな服も非常に人気があった国を思い起こさせるのですが。そして、このポリグロットの旅をFashion faux pasで締めくくることができるのです。ここでもまた、自分たちがセンスの裁定者であると考える人たちの典型的な、おそらく刹那的な決まり文句ですが、フランス語の上に成り立つ英語であるこのファッションという言葉を、英語話者に広く使われているフランス語表現であるために、ほとんど英語で発音できる「faux pas」という言葉で読み替えているところが興味深いです。

そこで、ファッションフェイクパの話です。ファッションの失敗談です。

ファッションウィーク、ファッショニスタ、ファッションの犠牲者、ファッションのフェイクパス…ここに小さなものを作る英語主義があります。しかし、彼らは長生きするだろうか?いずれにせよファッション、そしてファッショナブルな形容詞でさえ、良い1世紀半の間フランス語を悩ませてきました…彼のトランスクリプトと一緒に、このクロニクルでイヴァン・アマールの説明を聞いてください。

文化省のフランス語代表団とのニュースの言葉。イヴァン・アマール。

ファッションウィークがオープンしたばかりで、RFIや他のフランス語を話すメディアがそう呼ぶなら、それはホストもそのように話しているからです。ファッションウィーク、もちろん英語主義ですが、デモンストレーションが英語圏の国からイタリア、フランスなどに滑り込んだとしても、根付いています。そして時々、マスコミでさえ、私たちは表現ファッションウィークに気づきます。それは聖公会ファッションウィークよりも頻度が低いことを認めなければならない。また、英語の「ファッション」という言葉自体がファッショナブルであることです。さらに、さらに進むと、ファッションはファッショナブルです。これは、例えば「ファッションの犠牲者」について聞く方法です。英国主義は、もちろん、表現が引用符にあるかのように、皮肉で楽しい方法で指定し、あまりにも多くのお金を費やし、あまりにも多くの服を購入し、あまりにも頻繁にそれらを変更するこれらの服の流行の奴隷である人々。そして、私たちが少し影響を受けた方法で誰かについて「彼は非常にファッショナブルです」と言うなら、それは彼がすぐに変化するこれらの流れに非常に敏感であることを意味します。

だから、言い換えれば、他の発明がこの絵に埋め込まれるようになりました:ファッショニスタ、例えば、それはあなたを笑顔にします。だから、私たちはこのややスノッブな語彙の中にいて、簡単にばかげています。しかし、主題はそれを望んでおり、言葉は起源と両立しています。私たちは、19世紀ずっと前に、ファッションという言葉が非常にファッショナブルだったことを知っています。すべての人ではなく、それは貴重な言葉ですが、それはダンディの言葉であり、ダンディズムについて話しました。しかし、ファッションはフランス起源であるため、彼がイギリスの土壌で生まれたと考えるのは間違っています。最初は、それが方法です。英語の単語はそこから来ています。布を切るか、それを着る正しい方法です。私たちはいつもこの良いマナーの考えに戻ります。ファッショニスタに関しては、つまり、ファッションに夢中です。そして、その言葉はむしろ女性で使われています。彼女はもちろん、衣料品ファッションも非常に人気がある国を思い起こさせるこのDIYエンディングでイタリアに迂回します。

そして、私たちは「ファッションフェイクパス」でこのポリグロットコースを終えることができます。繰り返しますが、これはおそらく一時的な決まり文句であり、良い趣味の審判のように自分自身を与える人々の典型的なものですが、彼はフランス語に基づいて構築された英語の単語であるこの単語「ファッション」を読むので興味深いです。「偽のステップ」という単語は、英語話者によって広く使用されているフランス語の表現であるため、英語でほぼ発音できる「偽のステップ」という単語です。だから、私たちは「ファッションフェイクパス」について話します、それは味のせいです。

Le mot de l’actualité avec la délégation à la langue française du ministère de la Culture. Yvan Amar.

La Fashion Week vient de s’ouvrir et si RFI et d’autres médias francophones l’appelle ainsi, c’est parce que ses animateurs en parlent comme ça eux aussi. Fashion Week, un anglicisme évidemment, mais qui s’implante même si la manifestation glisse des pays anglophones vers l’Italie, vers la France, etc. Et parfois même dans la presse, on repère l’expression semaine de la mode. Il faut avouer qu’elle est moins fréquente que l’anglicisme Fashion Week. C’est aussi que le mot anglais « fashion » est lui-même à la mode. Et d’ailleurs, pour aller plus loin, la mode est à la mode. C’est ainsi qu’on entend parler, par exemple, de « fashion victim ». Anglicisme de nouveau, bien sûr, pour désigner de façon ironique et plaisante, comme si l’expression était entre guillemets, ceux et celles qui sont les esclaves de ces vogues vestimentaires qui dépensent trop d’argent, achètent trop de vêtements, en changent trop souvent, etc. Et si l’on dit de quelqu’un de façon un peu affectée, « il est très fashion », cela veut dire qu’il est très sensible à ces courants qui changent vite.

Alors, d’autres mots, d’autres inventions sont venues s’incruster dans ce tableau : fashionista, par exemple, ça fait sourire. Alors, on est dans ce vocabulaire un peu snob, facilement ridicule. Mais le sujet veut ça, les mots jonglent avec les origines. On sait que le mot fashion a été très en vogue, il y a longtemps dans le courant du 19e siècle. Pas chez tout le monde, c’est un mot précieux, mais c’était le mot des dandys et qui parlaient du dandysme. Mais ce serait mal l’évaluer que de penser qu’il est né sur le sol britannique, parce que la fashion, elle est d’origine française. Au départ, c’est la façon. Le mot anglais vient de là, la bonne façon soit de couper un tissu, soit de le porter. On en revient toujours à cette idée de bonnes manières. Quant à la fashionista, c’est-à-dire l’obsédé de la mode. Et le mot est plutôt utilisé au féminin. Elle fait un détour par l’Italie avec cette terminaison bricolée qui évoque un pays où la mode vestimentaire a également été extrêmement prisée bien sûr.

Et puis on peut terminer ce parcours polyglotte avec le « fashion faux pas ». Là encore, voilà un cliché probablement éphémère, typique de ceux qui se donnent comme les arbitres du bon goût, mais intéressant parce que il lit ce mot « fashion » qui est un mot anglais construit sur du français, au mot « faux pas », au mot « faux pas » qu’on peut presque prononcer à l’anglaise parce que c’est une expression française très utilisée par les anglophones. Donc, on parle de « fashion faux pas », c’est la faute de goût quoi.

https://francaisfacile.rfi.fr/fr/podcasts/les-mots-de-l-actualité/20230303-fashion

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1745
Enable Notifications OK No thanks