フランスの古着のトレンドをフィードするウェブサイトとしての中古シック

フランスで古着を買うことは、かつてハイストリートで買い物をする余裕がなかった人々によって行われました。最近、使用済みの服は、ビンテッド(現在国内トップの衣料品ウェブサイト)などのオンラインプラットフォームとして、節約からトレンディにシームレスに移行しました。しかし、この態度の変化は、国の伝統的な連帯ベースのチャリティーショップを犠牲にしています。

「今日、中古は新しいファッションです」と、フランスで中古の実践を研究しているIAEアンジェビジネススクールの教師、エヴァ・セリオは言います。

若い人々は目立つようにしたいので「他の人と同じではない作品を見つける」ために古着屋に行く、とセリオはRFIに語った – しかし、これは必ずしもそうではなかった。

フランス人は長い間、フリーマーケットをブラウズしたり、アンティークショップで珍しい発見を探したりして楽しんできましたが、古着を着ることは最後の手段と見なされていました。

「10年前、多くの人がすでに使われていた服を望んでいなかった」とセリオは言う。現在、タブーが解除され、オンラインプラットフォームは中古品の売買を主流の慣行にしています。

フランスのオンライン衣料品販売の推定20%は中古プラットフォームからのもので、Vintedは群を抜いて最大です。

15年前にリトアニアで発売されたVintedは、2013年にフランスに来ました。現在、フランスは最大の市場であり、8000万人のユーザーのうち2300万人を占めています。

人々を労働力に戻すためのプログラムに資金を提供するために中古品を販売するエマオなどの伝統的なフランスのチャリティーショップでは、寄付が減少しています。

セリオは、過去2年間で「質の高い寄付」、つまり簡単に再販できるアイテムは、寄付されたものの60%から40%に減少したと述べています。

「売買の味」

代わりに、人々は服やアイテムをオンラインで販売しています。

新型コロナウイルスのパンデミックとロックダウンにより、人々はクローゼットを片付け、販売と購入の味がした。

「多くの消費者は、環境に優しい理由で転売すると言います」とセリオは言います。

中古服の購入は、全国またはヨーロッパ全土のさまざまなバイヤーに小さなパッケージを送る物流があっても、生態学的です。

「より多くの中古製品を購入しても、直接製品を購入するよりも中古製品を購入する方が常に良い選択です」とセリオは言います。

しかし、彼女は、お金を稼ぎ、より少ない費用で購入する可能性は、環境を救うよりもドローカードである傾向があることを観察しました。

収入をより多くの服を買う方法と見なす人もいます。

「他の服やその他のアイテムを購入するためのファッション予算のようなものです」とセリオは言い、中古の衣類の生態学的影響が低いため、より快適に購入できると付け加えた。

セリオ自身は、フリーマーケットに行くのが大好きだった父親と一緒に育った彼女の個人的な経験のために彼女の研究のためにトピックに興味を持ったと言います。

「私の父は週末のすべてのフリーマーケットを訪れました」と彼女は言う。

彼女はアイテムを転売し始め、その後Vintedを使い始めましたが、その後、彼女の研究のためにインタビューした他の人と同様に、プラットフォームから外れました。

やりがいの仕事

それは多くの仕事です、特に自分のアカウントを中小企業に変えた人 – 利益で販売するブランド名のアイテムをフリーマーケットを精査し、素敵な写真やマーケティングを提示します。

「毎日つながる必要があり、美しい写真とファッショナブルなアイテムが必要です」とセリオは言います。「それはあなたの日常生活の多くを占めます。」

さらに、多くのオンラインインタラクションと同様に、バイヤーとのやり取りはネガティブになる可能性があります。

「売り手と買い手の間には、失礼な人々との紛争が起こる可能性がある」とセリオは言う。

人々を直接つなぐ方法として始まったル・ボン・コインのような他のプラットフォームは、より多くの対面での交流を促進します。例えば、人々が子供服を寄付したり販売したりするコミュニティFacebookグループもそうです。

セリオは、高齢者はまだ自分のアイテムを寄付することに興味があり、第二の人生を送っているように感じると言います。

「彼らは近所や家族との交流が好きです。そして、彼らは人々を助けたいと思っています。だから、彼らは慈善団体に寄付していたし、それを止めたくない」と彼女は言う。

ブランド自身が中古市場に飛び込み、クライアントがVintedで服を転売するのを防ぐために独自のプラットフォームを立ち上げています。

「エコロジカルフットプリントの面でブランドが良くなるのに役立ちますが、倫理的な問題を提起します」とCerioは言い、プログラムを運営するために寄付の販売に依存しているエマオのような社会的使命を持つ伝統的なチャリティーショップを指摘しています。

https://www.rfi.fr/en/france/20231203-secondhand-chic-as-websites-feed-trend-for-used-clothing-in-france

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1749
Enable Notifications OK No thanks