男性のスカートファッション

ワードローブにユニークな要素を追加したい男性ですか?スカートをはこうと思ったけれど、何から始めたらいいのかわからない?もしそうなら、この記事はあなたのためです!メンズスカートファッションの歴史と文化をまとめたので、自信を持って着こなすことができます。

メンズスカートファッションとは?

メンズ スカートの起源は古代エジプトとローマにさかのぼります。男性がスカートをはくというアイデアはかなり前からありました。古代ギリシャでは軍服の不可欠な部分です。フランス革命の時代、下層階級の農民が着用していたパンツ スタイルがフランスで社会的に受け入れられるファッションとして取り上げられました。エリザベス・ホーズは、プリーツ付きのフスタネラを着た男性モデルでも知られています。今日、ユニセックスのファッションムーブメントが引き継がれ、男性のスカートがますます一般的になっています。有名人もレッドカーペットでスカートをはいているのが見られ、この傾向をさらに正当化するのに役立ちました。

メンズスカートファッションの歴史

メンズ スカート ファッションは何世紀にもわたって存在しており、多くの文化に深く根ざしています。古代エジプトからルネサンス期のヨーロッパまで、男性は長い間スカートをワードローブの一部として取り入れてきました。古代ローマ人もドレープのトガを着ていましたが、14世紀の男性はほとんど毎日スカートの下にタイツを着用していました。これだけでなく、ヨーロッパの王族も華やかなスカートで知られていました。

中世では男女ともにスカートをはくことが一般的でしたが、乗馬を容易にするために男性のみがズボンを履くようになりました。ズボンの方が機能性が高いために、男性用のスカートは無くなり、スカートは女性の服装という観念が西洋で生まれました。逆に言うとズボンは女性が履いてはいけない服装であり、近代になって女性にも開放されました。

スカートの最も初期の例は紀元前 3,000 年にさかのぼり、それらを着用する慣行は歴史を通じて続いており、男性と女性がワードローブの一部としてスカートを着用していました。しかし、ここ数十年で、スカートは男性の間で珍しいものになり、スカートは今や女性が着るものにすぎないと多くの人が信じています。しかし、この変更はいつ行われたのでしょうか。

メンズ スカートの歴史と、メンズ クローゼットからのスカートの消失につながるさまざまな要因を見ていきます。男性とスカートの文化、ジェンダー、ファッションへの影響と、それが男性のファッションの未来にとって何を意味するかを探ります。それでは、男性がスカートをはくのをやめた時期を見てみましょう。

 スカート着用の歴史的傾向

何世紀にもわたって、スカートは女性らしさと関連付けられてきましたが、男性がファッショナブルな形でスカートを着用し始めたのはつい最近のことです。歴史的記録によると、世界最古のズボンは3300年前の中国で見つかった遊牧民が馬に乗るためのもので、ヨーロッパでも一般人が着るようになったのは16世紀からです。

男性は 19 世紀にスカートをワードローブの通常の一部として着用することをやめました。一部の文化では、男性は儀式用の服装の一部としてスカートを着用し続けましたが、他の文化では女性専用でした。スカートは性別専用の衣服ではありますが、男性が着用するのが一般的になりつつあります。

ジェンダー規範とパンツの出現

男性のファッションにおける最も重要な変化の 1 つは、19 世紀にズボンが登場したことです。何世紀にもわたって、男性はスカートやローブを着ていましたが、1800 年代半ば頃、ズボンやその他のより構造的な衣服が男性の間で人気を博し始めました。この変化は、主にジェンダーの役割と規範の変化によるものであり、男性性の象徴となりました。ズボンが広く受け入れられるようになるまでには時間がかかりましたが、最終的には男性の標準となり、男性がスカートとローブを着用するという考えは過去のものになりました。

スカートの着用に対する文化的影響

スカートの着用に対する文化的影響は、歴史的に性別と地理に依存してきました。世界のさまざまな地域の男性が歴史のさまざまな時点でスカートを着用しなくなった一方で、変化に貢献したいくつかの社会文化的要因がありました。たとえば、西洋世界では、啓蒙時代にジェンダーの役割に変化が見られ、男性は社会においてより積極的で軍事的な役割を担っていました。これは、男性が着る衣服に反映され、ズボンやその他の男性的な衣服の人気が高まっています。さらに、衣服の簡潔さに対するカトリック教会の反対などの宗教的影響も、男性と女性が着用する衣服の種類に影響を与えました。最終的に、これらの文化的影響は、今日私たちが観察する現在の性別に基づく衣服の規範にあります。

スカートの社会的意義

スカートの社会的意義には、長く複雑な歴史があります。スカートは伝統的に、何千年もの間、多くの文化で男性も着用していました。これらの社会の多くでは、スカートは権力と地位の象徴であり、スカートの長さは社会での階級を示していました。スカートはまた、男性が着用するときには強さと自信を示すことが期待されていたため、男らしさの兆候と見なされていました。しかし、20世紀には、スカートはもっぱら女性的な衣服と見なされるようになり、男性用のスカートはほとんど時代遅れになりました。この傾向は 21 世紀に入っても続き、現在ではスカートは女性専用のアイテムと見なされています。

現代社会におけるスカートの関連性

近年、スカートはより多様化しており、これまで以上に丈、生地、スタイルの幅が広がります。また、現代社会では男性のスカート着用が増加傾向にあります。

全体として、スカートを着用する男性の減少は、さまざまな要因による複雑な現象です。工業化の台頭、ズボンがより「男性的」であるという概念、およびジェンダーの役割に関する継続的な文化的規範のすべてが、スカートを着用する男性の減少に重要な役割を果たしていることは明らかです。最近、一部の場所でスカートを着用する男性が復活していますが、「男性的」であるという概念へのアンチテーゼ的な意味が強いでしょう。今後もスカートがファッションの形として受け入れられ続けるかどうかはまだわかりません。

世界中のスカート

スカートは西洋世界の単なるファッション ステートメントではなく、世界中の他の多くの文化でも見られます.たとえば、フィジー、ミャンマー、ブータンの男性は、伝統的な服装の一部としてスカートを着用することがよくあります。さらに、アフリカと中東の文化は、一般的に男性と女性の両方が着用するロングスカートであるスールーを取り入れています。スカートは、キルトが文化の不可欠な部分であるスコットランドでも見ることができます。世界中のスカートのスタイルと生地の多様性は、スカートが単なるトレンドではなく、多くの異なる文化や伝統の重要な部分であることを証明しています。

 1970 年代、スタンフォード大学の研究者である David Hall は、温暖な気候では男性が実用的な服装としてスカートを着用することを提唱しました。1985 年の結婚式でキルトを着ているのを見たチャールズ皇太子がスカートを普及させたことは有名です。今日のメンズ スカート ファッションは、ストリートウェア愛好家や有名人の間でますます人気が高まっています。

軍隊のスカート

メンズ アーミー スカートは、英国陸軍のスコットランド連隊がタータン チェックのスカートを着用していた 18 世紀から存在しています。イギリス陸軍のスコットランド連隊のモダンなフルドレス キットは、従来のズボンよりも快適なスカートとしてよく見られます。 Kanye West は 2012 年のイベントでレザー キルトを着用して話題になり、メンズ スカートが大胆なファッション ステートメントになり得ることを証明しました。男性のスカートのファッションも、伝統的なデザインに限定されません。モダンなストリートウェアやミディ スカートも人気の選択肢です。エッジの効いたスタイルをお探しなら、男性がスカートやドレスを着てはいけないというルールはありません。

スカートを履いた有名人

セレブリティは何年もトレンドを設定してきましたが、メンズ スカート ファッションも例外ではありません。デビッド・ハーバーからロバート・パティンソンまで、ここ数ヶ月で多くのスターがスカートをはいているのが見られました。トラヴィス・バーカーでさえ、スカートとセーターのコンボを揺らしているのが発見されました。オスカー アイザックは、2014 年の iHeartRadio ミュージック アワードでスカートとパンツのコンボを着たとき、よりおしゃれに見えました。ブラッド ピットとジャレッド レトも、公の場でスカートをはいているのが見られました。男性のスカートファッションは、ハリウッドで最も影響力のある人々の一部に受け入れられているようで、スカートがここにとどまることを示しています。

ストリートウェア スカートの台頭

ストリートウェアのスカートの台頭は、近年のメンズファッションの大きなトレンドとなっています。サムライ パンツのユニークなデザインは完全に自由な動きを可能にし、ダンス ウェア、ヨガ、瞑想に最適です。男性は今、スカートが提供するファッションの自由を利用しています。ハイウエストからミディレングスまで、男性は自分の好みに合わせてさまざまなスタイルを選択できます。ストリートウェアのスカートは、A$AP Rocky などの有名人に着用されており、世界中の主要都市のストリートで見ることができます。 2000年に着想を得たルックスも人気で、クロップトップやラインストーンのヘアクリップ、ローライズジーンズなどが復活。これらのスタイリッシュな作品で、男性は自分の肌に快適で自信を持って最高に見えることができます。

メンズミディスカートのブーム

メンズ ミディ スカートのブームは本物で、今も続いています。かつて女性のファッション界に追いやられていた古典的なスタイルである男性用のミディ スカートは、近年、メンズウェアに進出しています.ジョーダン クラークソンやリル ナズ X などのスタイル インフルエンサーがこのルックをスポーツしているのが見られるようになり、その人気は高まる一方です。 デニムからギンガムまで、さまざまな素材のミディ スカートを提供しているため、ストリートウェアの定番アイテムとなっています。

スカートのはき方

スカートを履いていても、怖がる必要はありません。自信とスタイルの適切な組み合わせにより、どんな男性も外見を引き立てることができます。クラシックなプリーツのフスタネッラや、トム ブラウンのドロップバック プリーツ ウール スカートのようなシンプルなものから始めましょう。もう少し大胆なものを探している人には、Yohji Yamamoto の大胆なプリントのミディ スカートがぴったりかもしれません。どんなスタイルを選んでも、ぴったりとしたトップスまたはブレザーとステートメントシューズと合わせて、ルックを完成させてください。より大胆な感じがする場合は、さまざまなパターンとテクスチャーを組み合わせて、真にユニークなアンサンブルを作成してください。正しい姿勢とアクセサリーがあれば、誰でもスカートをスタイリッシュに着ることができます。

定着するトレンド

要するに、男性がスカートを履くというトレンドは今後も続くということです。有名人やファッション デザイナーがこの新しいスタイルを取り入れるにつれて、メンズ スカートの選択肢はますます多様化しています。トラディショナルなキルトからストリートウェアにインスパイアされたミディ スカートまで、どなたにもぴったりのアイテムが揃っています。メンズスカートは、慣れるまでに時間がかかるかもしれませんが、より人気があり、流行に敏感なサークルと日常のサークルの両方で受け入れられています.適切なスタイリングと自信があれば、誰でもスカートをはいて自分のファッションで主張できます。

Antenne France
Antenne France
記事本文: 754
Enable Notifications OK No thanks