カテゴリー イル=ド=フランス地域圏

ile de france
ile de france

イル=ド=フランス地域圏は、フランスの首都パリを中心に形成されています。海に面していないこの地域圏は、オー=ド=フランス地域圏、ブルゴーニュ=フランシュ=コンテ地域圏、サントル=ヴァル・ド・ロワール地域圏、ノルマンディー地域圏と接しています。

地域圏はパリ市とその周辺の7つの県で構成されており、それぞれが独自の特性を持っています。これらの県は、セーヌ=エ=マルヌ県、イヴリーヌ県、エソンヌ県、オー=ド=セーヌ県、セーヌ=サン=ドニ県、ヴァル=ド=マルヌ県、ヴァル=ドワーズ県です。

この地域圏は、フランスの総人口の約19%を占めており、購買力平価換算のGDPはフランス全体の3分の1を占めています。これは一人当たりGDPが国平均の1.5倍を超えることを意味します。

観光面では、ヴェルサイユ宮殿やフォンテーヌブロー宮殿など、世界遺産に登録されている場所が多く存在します。これらの観光地はパリから日帰りで訪れることが可能で、一年中多くの観光客が訪れます。

この地域圏は、その歴史、文化、経済力により、フランス国内外からの人々を引きつけ続けています。

カイユボット邸

カイユボット邸は、フランスのパリ郊外に位置し、印象派の画家ギュスターヴ・カイユボットの一家が夏の避暑地として使用していた邸宅です。この邸宅は、約11ヘクタールもの敷地内に19世紀の邸宅と英国式庭園があり、イェール川も流れています。

ヴェルサイユ宮殿

Château de Versailles
Château de Versailles(ヴェルサイユ宮殿)は、フランスのルイ14世からルイ16世までのフランス王の主要な居住地で、その豪華さと歴史で世界的に認知されています。元々は狩猟用の小屋でしたが、ルイ14世が1682年に宮廷を移転させ、フランス王室の中心地となりました。1883年からは、その壮大な庭園とともに、一般公開される国立博物館となり、1979年にはフランスで最初にユネスコの世界遺産に登録されました。

グラン・パレ

Grand Palais
Grand Palais(グラン・パレ)は、フランスのパリ8区にある大規模な展覧会場・美術館で、1900年のパリ万国博覧会のために建てられました。この建物は、4人の建築家が設計に関わり、その壮大なファサードは初期のボザール建築の典型例とされています。また、大規模な外装は古典的な石造りに鉄製の大胆なアール・デコの装飾が施されています。

コンコルド広場

Place de la Concorde
Place de la Concorde(コンコルド広場)は、フランス・パリ8区にある大広場で、パリのセーヌ川右岸(北岸)の中心部に位置しています。テュイルリー庭園と、同広場が起点となるシャンゼリゼ通りとに挟まれた場所にあります。広場の面積は7.6ヘクタール(19エーカー)で、パリで最大の広場です。

パリ市庁舎

Hôtel de Ville de Paris
パリ市庁舎(Hôtel de Ville de Paris)は、フランスのパリにある建物で、パリの地方行政機関がその中に入っています。この建物は、パリの市庁舎として1357年から使用されています。

セーヌ川

la Seine
セーヌ川(La Seine)はフランスを代表する大きな川で、その美しさと歴史的な重要性からパリ市内を流れ、多くの有名なランドマークと結びついています。

エッフェル塔

La tour Eiffel
エッフェル塔は、フランスの首都パリの7区、シャン・ド・マルス公園の北西に位置する塔です。1889年に、フランス革命100周年を記念してパリで行われた第4回万国博覧会のために、建築技師のギュスターヴ・エッフェル率いるエッフェル社により建設されました。

ヴェルサイユ宮殿

Château de Versailles
ヴェルサイユ宮殿は、フランスの宮殿で、1682年にフランス王ルイ14世が建てました。この宮殿は、当初は離宮として建設され、その後ルイ14世によって増築が繰り返され、現在の豪華な姿になりました。宮殿内には地方の有力貴族の居住空間も用意され、権力の一極集中を実現していました。そのため、フランス絶対王政の象徴的建造物とも言われています。

モンマルトルの丘

Basilique du Sacré-Cœur de Montmartre
モンマルトルの丘は、フランスの首都パリで一番高い丘で、標高は130メートルです。元々はこの丘を含む一帯のコミューン名でしたが、1860年にその一部がパリに併合されてセーヌ川右岸のパリ18区を構成するようになりました。

奇跡のメダイ教会

La chapelle Notre-Dame de la Médaille miraculeuse
奇跡のメダイ教会(La chapelle Notre-Dame de la Médaille miraculeuse)は、フランスのパリ7区にある美しい白い教会で、1815年から1930年にかけて建てられました12。この教会は、老舗デパートのボン・マルシェの近くにひっそりと立っています。

2024年は印象派誕生150周年!フランスはイベント盛りだくさん

印象派150周年
来年は東京オリンピックに続き、パリ・オリンピックが開催されます。 今回のオリンピックはパリだけではなく、フランスの様々都市で競技が行われることになっています。 それに伴いフランス全土で様々なイベントが予定されています。
Enable Notifications OK No thanks