フランスのファッションの歴史

あなたはファッション愛好家で、スタイルの知識を深める方法を探していますか?それとも、最もアイコニックなルックスの背後にある歴史に興味がありますか?もしそうなら、このブログ投稿はあなたのためです!フランスのファッションの歴史を詳しく見て、現代のファッションを形作った最も影響力のあるデザイナー、スタイル、時代のいくつかを探ります。

11世紀の紳士服

11世紀には、男性のファッションは長袖のチュニック、ズボン、マントによって定義されました。これらの衣服は通常、重いウールで作られ、刺繍で豪華に装飾されていました。これらの衣服に使用される色はさまざまですが、最も人気のある色は赤、黄、緑、青でした。この服装に加えて、男性は長いベルトとハイブーツを頻繁に着用していました。フランスファッションのこの時代には、帽子やジュエリーなどのアクセサリーも人気がありました。この時期の衣服のスタイルは、宮廷とそのファッションの好みの影響を強く受けていました。

フランスファッションの始まり:15世紀

15 世紀には、フランスのファッションがハイファッションの世界にその名を刻み始めました。この時期には、ルイ 11 世まで贅沢品と見なされていた「ローブ リング」と呼ばれるリネンのシュミーズが導入されました。太陽王としても知られる国王ルイ 14 世は、ファッションと贅沢をこよなく愛しており、スタイリッシュな衣服に対する彼の評価は、フランスのファッションをヨーロッパ中に広めるのに役立ちました。これに加えて、フランスではファッションのデザインと生産がますます洗練され、繁栄したファッション産業が世界中に輸出されるようになりました。この時代は、王族の間で人気のあった精巧なヘッドギアとボリュームのあるローブも特徴でした。この時代のファッショナブルな外観は、ヨーロッパ中の多くの人々に非常に人気がありました。

16世紀のコントラストファブリックとアクセサリー

16世紀、フランスのファッション衣類は、対照的な生地、スラッシュ、刺繍、トリム、その他のアクセサリーの使用が特徴でした。これは、豪華さが増し、新しい織物、衣装、アクセサリーが西洋社会に導入された時期でした。この間、フランスの宮廷は、スペインとフランスのファッションのヨーロッパの傾向に影響を受けました。革命直前のフランスの旧体制に忠実な王女であるマリー・アデライードは、この時代がいかに影響力を持っていたかを示す例です。コントラスト ファブリックは、強い視覚的影響を与える独特のシルエットを作成するのに役立つため、すべての社会階級の人々に人気がありました。刺繍は、複雑なパターンやモチーフで衣服を装飾して、豪華さをさらに追加するためにも使用されました。この時代には、フランス語のバスケット (缶詰で作られることが多い) や三角帽子などのトリムやその他のアクセサリーも人気がありました。

17世紀:豊かなファッション産業

フランスの 17 世紀は、ファッション産業が大きく成長した時代でした。これは、商品の輸出と、新しいシルエットと生地の導入によるものです。高級品の需要が高く、これにより国は大きな経済的利益を得ることができました。ファッション プリントは、17 世紀後半のフランスのドレスとファッションの歴史における位置付けに関する結論を策定するために使用されたため、追加の収入源を提供しました。パリはすぐにファッションの震源地となり、今日でも多くの一流デザイナー、大手ブランド、ブティックが本拠地と呼んでいます。フランスのファッション産業は 17 世紀にさかのぼり、その影響は今日のファッションにも見られます。

18世紀のネザー服

18 世紀、男性用の地下服はワードローブに欠かせないものでした。ジャケット、ズボン、長いシルクのストッキングで構成されるこの時期の習慣は、この時期に人気のあるスタイルでした。ズボンはしばしばボタンで留められ、クラスプまたはリボンで固定されていました。女性はローブ・ア・ラ・フランセーズまたはローブ・ア・ラングレーズを着て、精巧な生地とアクセサリーを特徴としていました。アメリカ革命の間、北アメリカの女性はフランスのファッションを取り入れましたが、より実用的な生地とスタイリングに適応させました。英国の男性用乗馬コートに着想を得たレディンゴテは、1780 年代の女性のファッショナブルなドレスでした。フランスのファッション デザイナーは、何世紀にもわたって革新を続け、世界的に象徴的な独自のスタイルを生み出してきました。

ココ・シャネルと20世紀初頭

ココ シャネルは、20 世紀で最も影響力のあるフランスのファッション デザイナーの 1 人でした。彼女の整頓されたスタイル、快適さと自由、シックなビジョンにより、彼女はファッション界で革命的な人物になりました。第一次世界大戦中、伝統的に男性が行っていた仕事に女性が就き始めたとき、ドーヴィルとビアリッツにあるシャネルのブティックは、ファッションに敏感な顧客がパリから逃げ出したため、栄えました。シャネルはクチュールの服を超えて影響力を拡大し、ジュエリー、ハンドバッグ、フレグランスの美的デザインを実現しました。ポール ポワレと共に、シャネルは第一次世界大戦後の時代にコルセット シルエットの制約から女性を解放し、快適さと自由をシックなものとして普及させたことで知られています。ヴィヴィアン・ソングは、このトレンドが 1 世紀前にフランスでどのようにファッションを変え、現在も変わっているかを探ります。

20 世紀初頭のファッションはさらに遠くに見える

20 世紀初頭、フランスのファッションは遠く離れた場所からインスピレーションを得ているように見えました。当時の異国情緒は、ポール ポワレなどのクチュリエが使用した大胆な色、デザイン、生地に反映されていました。彼は女性をコルセットから解放したと主張し、複雑で豪華な衣服の作成に専念しました。この 10 年間で技術が大幅に進歩しましたが、ファッションはほとんど変わっていませんでした。これは 1930 年にボストン美術館がテキスタイル アートを専門とする部門を設立した最初の美術館になったときに変わりました。 1950 年代までに、アパレルはより多様化し、ファッションは今日のように進化し始めました。

フランス人デザイナーのユニークなスタイル

フランスのデザインのユニークなスタイルは、ココ シャネルなどのデザイナーが伝統的なドレスに革命をもたらした 20 世紀初頭以来、国のファッション文化の特徴となっています。ボーイッシュでエレガントなデザインで、シャネルは今日に至るまで独自の美学を確立しました。 1903 年に自身のファッション ハウスを開いたポール ポワレも、業界に大きな影響を与えました。彼のデザインは、ファッショナブルなものの境界を押し広げる大胆な色、豪華な生地、大胆なシルエットを特徴としていました。この 2 人のアイコニックなデザイナーは、他のフランスのファッション パイオニアと共に、今日でも尊敬されているまったく新しいファッションのルックを定義するのに貢献しました。これらのフランス人デザイナーは、着こなしに対する独創的なアプローチで、現代ファッションの時代の舞台を整えました。

ファッションから産業を作るフランス人

フランス人のクリスチャン ラクロワは、1985 年にル プーフを発表したことで有名なファッション界のレジェンドです。しかし、フランスのファッションの長い歴史はそれよりもずっと前に始まりました。フランスでは 15 世紀からファッションの生産とデザインが盛んになり、17 世紀までには輸出向けの活況を呈する産業になりました。フランス革命はファッションを通じて政治的声明をもたらしましたが、ココ シャネルや他のフランス人デザイナーは、今日でも関連性のあるシルエットを作成することで、20 世紀初頭に限界を押し広げていました。この新しいデザイナーの名簿の中で唯一のフランス人であるアンリは、2018 年にシドニー トレダノによって、現在は LVMH が所有するパトゥを率いるように選ばれました。彼はそれ以来業界のリーダーとなり、フランスが依然として現代のファッションに影響を与えることができることを示しています。この国は、アイコニックなスタイルやシルエットを作成するだけでなく、ファッションを産業にすることにも責任を負っています。

シルエット:フレンチファッションのライン

フランスのファッションは何世紀にもわたって進化し、変化してきましたが、フランス独特のスタイルの 1 つの要素であるシルエットは不変です。 11 世紀から現在に至るまで、フランスのファッションは、その美学を表現するためによく使用される独特のシルエットを開発してきました。このシルエットは、身体の曲線とラインを強調する、洗練されたテーラードの外観が特徴です。このシルエットの最も有名な例は、ココ シャネルのアイコニックなリトル ブラック ドレスです。 LBD は、スリムなカットとクラシックなエレガンスで、フレンチ スタイルをカプセル化しました。フランスのファッションのこのスタイルは、何年にもわたって他の多くのデザイナーによって採用され、フランス人としてすぐに認識できる特徴的な外観につながりました。今日、シルエットはフランスのファッションの不可欠な部分であり、デザイナーはクラシックとコンテンポラリーの両方のルックスにそれを採用しています。

 

Antenne France
Antenne France
記事本文: 874
Enable Notifications OK No thanks