デニムはフランス南部の町ニームにルーツに戻る

ジーンズは最も環境に優しい衣服の1つですが、デニム発祥の地であるニームの会社は、より持続可能な製造プロセスを開発するために町の古代のサヴォアフェールを利用しています。

テキスト:アリソン・ガード

毎年30億足以上が販売されているジーンズは、世界で最も摩耗している服の1つです。彼らは、あるリーバイ・シュトラウスのおかげで、1873年にアメリカで生まれました。しかし、彼らが作られている丈夫なインディゴブルーの生地は、ここフランスの中世の町ニームにそのルーツを持っています。

ニームが17世紀半ばに繊維産業のハブになったとき、地元産のウールとシルクから「セルジュ・ド・ニーム」と呼ばれる丈夫なツイルを織りました。生地が海外、特にイギリスに取引されたため、「デ・ニーム」(ニームから)が「デニム」になった可能性が高い。

ニームの産業はアジアからの安価な輸入品と競争できず、50年代半ばに多かれ少なかれ失敗しました。

しかし今、フランスの起業家ギヨーム・サゴのおかげで、その織機は再び回っています。

「デニムをニームに戻すのは古い夢でした」と、彼はアトリエ・ド・ニームのワークショップで、最近購入した2つの大きな織機を動かしながら言います。

アトリエ・ド・ニームのワークショップでインディゴ色のデニムを織る真新しい織機。© RFI/Hird
アトリエ・ド・ニームのワークショップでインディゴ色のデニムを織る真新しい織機。© RFI/Hird

サゴットは「意味のある」ものを求めて2014年にパリのデジタルコミュニケーションの仕事を辞めた。彼は先祖のより環境に優しい方法を使って、ニームを有名にした布を扱うことを目的として故郷に戻った。

初期の頃、彼はイタリアから生地を輸入し、ワークショップでジーンズをカットして縫製し、仕上げはフランスの他の場所で行われました。

新型コロナウイルスのパンデミックがビジネスを停止させ、彼に考える時間を与えたとき、彼は最も重要なのは過去のようにここニームで生地を作ることであることに気づきました。

高価な場合、新しいコンピュータ駆動の織機を見つけるのは簡単でしたが、伝統的なシャトル織機を手に入れることはより複雑でした。

「私は製織業にいなかったので、誰も私にそれを売りたくなかった」と彼は言う。最終的に、彼は1991年のSaurer Diederichsモデルの所有者に、マシンがフランスにとどまるべきだと説得することに成功しました。

より大きな課題は、それを使用することを学ぶことでした。訓練する学校はなく、ノウハウを持つ人はほとんどいませんでした。しかし、彼は幸運になり、2人の引退した織工が彼にロープを見せることに同意した。

Saurer Diederichs織機の染めていない綿糸は、来年の夏のコレクションのためにエクリュ色のデニムを作ります。 Saurer Diederichs織機の染めていない綿糸は、来年の夏のコレクションのためにエクリュ色のデニムを作ります。© RFI/Hird
Saurer Diederichs織機の染めていない綿糸は、来年の夏のコレクションのためにエクリュ色のデニムを作ります。
Saurer Diederichs織機の染めていない綿糸は、来年の夏のコレクションのためにエクリュ色のデニムを作ります。© RFI/Hird

「私はまだ学んでいます」と彼は言い、古い織機に寄りかかって、経糸と横糸の交差がどのように進んでいるかを確認します。

彼は、ジーンズを作るのに必要な1m30のデニムを織るのに約10分かかると言います。

よりグリーンで、より清潔で、長持ちするジーンズ

サゴットはトルコから100%コーム綿の糸を輸入している。南東の町アダナを中心に栽培され、紡がれた、それは特別な二重ねじれた糸で、17世紀と18世紀にセルジュ・ド・ニームのツイルを作るために使用されたものに似ています。

工業的に作られたジーンズに使用される糸よりもはるかに強く、製織プロセスに耐えるために化学物質やポリマーで「サイズ」である必要はありません。

通常の糸は、サイズだけでなく、溶剤と膨大な量の水でサイズを分解する必要があります。

国連は、工業的に作られたジーンズのペアごとに7,500リットルの水が使用されていると推定しています。サゴットは、彼のペアの使用が「約75%少ない」と言います。

トルコの特別なダブルツイスト糸のクローズアップは、汚染物質の助けを借りずに織りに耐えるのに十分な強度があります。© Ateliers de NImes
トルコの特別なダブルツイスト糸のクローズアップは、汚染物質の助けを借りずに織りに耐えるのに十分な強度があります。© Ateliers de NImes

サゴットのワークショップは、毎年4,000組のジーンズを作るのに十分な生地を生産しています。それらはポルトガルの家族経営のワークショップで設計および製造されています。

もちろん、特別なスレッドとより労働集約的なプロセスには値札があります。ジーンズは1足あたり平均180ユーロです。

しかし、それらはユニークです – それぞれにシリアル番号があり、何よりもニームのオリジナルのデニムと同じように、長持ちするように作られています。

ニームの中心部にあるアガウ通り。18世紀と19世紀には川が流れ、労働者は綿、絹、ウールを染めて、他の生地の中で町の有名なツイルを作った。 ニームの中心部にあるアガウ通り。18世紀と19世紀には川が流れ、労働者は綿、絹、ウールを染めて、他の生地の中で町の有名なツイルを作った。© Hird/RFI
ニームの中心部にあるアガウ通り。18世紀と19世紀には川が流れ、労働者は綿、絹、ウールを染めて、他の生地の中で町の有名なツイルを作った。
ニームの中心部にあるアガウ通り。18世紀と19世紀には川が流れ、労働者は綿、絹、ウールを染めて、他の生地の中で町の有名なツイルを作った。© Hird/RFI

リーバイ・ストラウスのつながり

町のヴュー・ニーム美術館では、サージュ・ド・ニームで作られた最も初期の衣服を見ることができます。

生地のサンプルは、労働者の衣服、大きなバッグ、またはボートの帆の範囲と並んで、独特の十字の織り方を示しています。

18世紀後半のカルマノールのジャケットは、1789年の革命家が着用した可能性があるという事実にもかかわらず、ミントコンディションです。

オリジナルのデニムであるセルジュ・ド・ニーム生地で作られたXVIIIのチャイルド・カサキンジャケット。スタイルとプロポーションは、現代のリーバイスのデニムジャケットに驚くほど似ています。© Gilles LEFRANCQ / Musée du vieux Nimes
オリジナルのデニムであるセルジュ・ド・ニーム生地で作られたXVIIIのチャイルド・カサキンジャケット。スタイルとプロポーションは、現代のリーバイスのデニムジャケットに驚くほど似ています。© Gilles LEFRANCQ / Musée du vieux Nimes

その隣には1957年のリーバイスのジャケットがあります。顕著な類似点があります。

「ボタンが同じように配置されているのが見えますが、長さは似ています」とキュレーターのリサ・ラボリー=バリエールは言います。

リーバイ・シュトラウスがフランスのモデルに触発されたと思うのは魅力的です。

「主にリーバイ・シュトラウスのアーカイブが20世紀初頭に破壊されたため、リンクを知るのは非常に困難です」と彼女は言います。

「しかし、いくつかのデニムが米国に直接来たか、デニムが主にイギリスやドイツのプロテスタントによってそこに輸出された可能性があります。」

それらは、1598年のナントの勅令に続いてルイ14世によってフランスから追い出されたユグノーでした。

「彼らは他の種類のセルジュ・ド・ニームを作るために彼らのすべての知識を持って行った」とキュレーターは指摘する。

今日最も一般的に使用されている合成バージョンの横にあるインドからの生のインディゴのボール(左)で、ミュゼ・デュ・ヴュー・ニームで展示されています。© Hird/RFI
今日最も一般的に使用されている合成バージョンの横にあるインドからの生のインディゴのボール(左)で、ミュゼ・デュ・ヴュー・ニームで展示されています。© Hird/RFI

「フランス製」の制限

エマニュエル・マクロン大統領はフランスの再産業化を強く推し進めているが、繊維産業でそれが起こる可能性は低い。「ここでジーンズを最初から最後まで製造するのは高すぎるだろう。たぶん、それは高級品のために働くことができます」とサゴットは言います。

しかし、彼は「メイド・イン・フランス」のコンセプトに執着していない。彼は、より良い製品になるので、ジーンズをポルトガルでデザインして製造することを選びました。

「私たちはフランスでそれらを作ろうとしましたが、仕上げに多くの問題がありました。これを言うのは難しいですが、品質が良く、彼らは良いノウハウを持っているので、私たちはポルトガルで働いています。」

Ateliers de NImesで織られたインディゴ色のデニムのロール。 Ateliers de NImesで織られたインディゴ色のデニムのロール。© RFI/Hird
Ateliers de NImesで織られたインディゴ色のデニムのロール。
Ateliers de NImesで織られたインディゴ色のデニムのロール。© RFI/Hird

サゴットは、他の方法でニームの古いサヴォアフェールを復活させることを望んでいます。つまり、オリジナルのセルジュ・ド・ニームを織るために使用される地元産のウールとシルクからデニムを作ります。

彼はまた、織機が動いているときに表面に落ち着く廃綿繊維のリサイクルを実験する予定です。

「フランス語では、私たちはそれをbourre de cotonとbourre de soieと呼んでいます。彼らは昔、それを糸を作るために使っていました。

彼はいくつかをすくい上げ、指の間で転がして糸のようなものを作ります。

「他の繊維とブレンドする必要がありますが、使用できます。

「リサイクルは新しいアイデアではなく、非常に古いアイデアです。」

サゴットは、過去2年間耐久性をテストしてきた2組のジーンズのうちの1つを着ています。© RFI/Hird
サゴットは、過去2年間耐久性をテストしてきた2組のジーンズのうちの1つを着ています。© RFI/Hird

https://www.rfi.fr/en/france/20230723-denim-nimes-ateliers-jeans-sustainable-fashion

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1749
Enable Notifications OK No thanks