福島の海域の海への排出:中国と日本の最初の専門家対話

今週の3月30日土曜日、中国と日本の専門家は、北京から非難されたにもかかわらず、東京が墜落した福島原子力発電所の海への排出について初めて語った、と日本の外務省は述べた。

福島海域の海への排出に関する専門家の対話は、サンフランシスコで開催されたアジア太平洋サミットの傍らで、中国の習近平国家主席との会談の最後に、2023年11月に日本の岸田文夫首相によって発表された。「(福島原子力発電所からの)処理水の海洋への排出に関する日本と中国の専門家間の対話が3月30日に中国の大連で開催され、技術的な問題について意見が交わされた」と外務省は3月30日土曜日の声明で述べた。

最初の対話

これは、東京が8月24日に発電所の廃水を太平洋に投棄し始めて以来、このレベルでこのレベルで最初の対話であり、2011年の地震と津波で被害を受け、北京との外交危機を引き起こしました。歴史的に日本と緊迫した関係にある中国は、東京が海を「下水道」として扱っていると非難している。それは2023年の夏に日本の魚介類のすべての輸入を一時停止することで答え、数ヶ月後にロシアによって模倣されました。

安全な拒絶?

日本は、国連監視機関である国際原子力機関(IAEA)によって支持され、排出は安全であると主張している。11月、岸田文雄は中国に、国内の主要産業である日本の魚介類の安全性について「客観的な判断」を下すよう求めた。全体として、日本は130万m3以上の福島のトリシト化水を太平洋に投棄する計画です。これは540のオリンピックスイミングプールに相当しますが、現在のスケジュールによると、2050年代初頭まで非常に徐々にです。

https://www.rfi.fr/fr/asie-pacifique/20240331-rejet-en-mer-des-eaux-de-de-fukushima-premier-dialogue-d-experts-entre-chine-et-japon

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1664
Enable Notifications OK No thanks