フランスのアンティークアートディーラーは、貿易を脅かすEUの規則に対してロビー活動を行う

フランスのアンティークアートディーラーは、文化財の違法輸入を制限することを目的とした今後のEU規制に反対するキャンペーンを行っていますが、批評家は合法的なトレーダーも犯罪化するリスクがあると言います。

欧州委員会は、新しい規則は、テロに資金を提供する略奪された文化財の輸入を防ぐと述べています。

この規制では、EU外で発見または製造された輸入考古学的、骨董品、美術品に関する新しい文書が必要です。

フランスの全国アンティークディーラー連合(SNA)は先月パリで記者会見を開き、講演者が「不合理で不釣り合いな」基準に反論した。

SNAは、2025年半ばから施行される新しい規則は、EUのアート市場に「劇的で有害な影響」をもたらすと警告している。

彼らはまた、非常に正確な出所に対する法的義務は、貿易の多くを不当に犯罪化すると述べた。

「そうでないことが証明されない限り違法」

英国に拠点を置くコンサルタントであり、美術業界団体のイワン・マッキステンのアドバイザーによると、この法律は「特に証明されていない限り、輸入品を違法とみなす」という。

彼は、これは「立証責任の逆転」を意味し、所有者の誠意を前提とする共通財産法を効果的に廃止すると付け加えた。

約300人のフランスのアンティークやアートディーラーに代わってロビー活動を行うSNAは、この規制により、所有者が化石、骨董品、テキスト、芸術などの文化財を博物館に寄付することも困難になると述べた。

18,000ユーロ以上の価値がある200年以上前のアイテムの所有者は、「輸入明細書」が必要になります。また、250年以上前の他のアイテムの輸入ライセンスも必要です。

批評家は、これらの文書に必要な証拠を見つけることは費用がかかるか不可能であると言います。

SNA理事会メンバーのアンソニー・マイヤーは、多くの所有者が「何年も」アイテムを持っていると付け加えた。

「義務がなかったので、誰もいかなる形式の情報、紙の証跡も要求しませんでした。当時は道徳的で合法だった」とマイヤーは言った。

「今日、考え方は変わり、私たちはそれとともに変化しています。」

略奪された芸術

EUは、ヨーロッパの大規模なアート市場と中東とアフリカへの近接性が違法取引の標的になっていると述べています。

欧州委員会は、この法律がシリアやアフガニスタンなどの戦争に見られた国での略奪の増加を抑制することを望んでいる。

また、委員会のウェブサイトによると、EUで輸入および販売された商品がテロ活動に資金を提供しているという報告に対処することを目的としています。

SNAは、違法な美術品取引が報告されたよりも小さく、組織化されていないという2つの研究を引用して、EUの主張に反論した。

「アート市場がテロに資金を提供しているというファンタジーは存在しない」と、SNAを代表するベルギーのアート弁護士であるYves-Bernard Debieは述べ、この法律は「フェイクニュース」に対応していると主張した。

妥協した市場

EU全体では、ルールは、世界第4位の美術品市場であり、そのような輸入のためのEU最大のフランスで大きな打撃を受けるでしょう。

マイヤーは、SNAやその他の国際貿易グループは、ブリュッセルの議員と協力して法律を調整し、除外を追加したいと付け加えた。

委員会によると、制度的なディスプレイや商業見本市など、EUに一時的にしか入国しないオブジェクトには例外が設けられます。しかし、ディーラーは、販売するライセンスがない場合、フェアにオブジェクトを持ち込むインセンティブはないと言います。

「私たちはすべての仕事、市場を救い、人々が芸術を鑑賞し、芸術を所有する可能性を救おうとしています」とマイヤーは言いました。

「アンティーク市場は、文化情報と知識の偉大な供給者の1つです。あなたが市場を殺すなら、あなたはその情報と感謝のすべてを殺すでしょう。

しかし、2019年に承認された規制により、SNAはロビー活動が遅れたことを認めました。

(ニュースワイヤー付き)

https://www.rfi.fr/en/culture/20240331-french-antique-art-dealers-lobby-against-eu-rules-that-threaten-trade

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1664
Enable Notifications OK No thanks