フランスの絶滅危惧種の半分以上が保護されていない:報告

フランスの環境研究機関による新しい報告書によると、フランスの絶滅の危機に瀕している動植物種の半数以上が適切に保護されていない。

国際自然保護連合(IUCN)のフランス委員会は、フランスで絶滅の危機に瀕している動植物種の56%(2,857種中1,610種)は、いかなる保護命令にも記載されていないと述べています。

IUCNのフランス委員会の種保全委員会の委員長であるマルティーヌ・ビガンは、フランスの生物多様性の保護は「不十分で部分的」であると述べています。

この組織は、2022年にモントリオールで開催されたCOP15生物多様性サミットで行われた環境コミットメントを尊重するための措置の強化を求めている。

すべての両生類とほとんどすべての絶滅の危機に瀕している哺乳類や爬虫類は保護措置の対象となっているが、クモ、サメ、トカエイはフランスではリストから除外されている、とIUCNは木曜日に発表された報告書に書いた。

生息地の保護は非常に重要です

魚、無脊椎動物、植物は、保全レーダーに載っていないため、「小さな割合で」しか保護されていない、とIUCNのフロリアン・キルシュナーはフランス・インフォメーションに語った。

しかし、彼は種自体の保護だけではすべての問題を解決できないと警告している。

「不可欠なのは、貴重な自然の生息地を破壊する汚染や乱獲、土地開発を止めることです」と彼は言います。

地理的には、グアドループ、マルティニーク、ポリネシアなどの特定の海外領土の絶滅危惧種がフランス本土よりも無視されているように見え、強い格差もあります。

保護されていない種の中で、IUCNは300種以上が絶滅の危機に瀕しており、絶滅前の最終的なカテゴリーであると述べています。

フランスでは、閣僚または都道府県の法令は、保護された種をリストアップし、その破壊、卵または巣の破壊と除去、標本の収集または捕獲、販売、自然生息地の劣化など、一連の禁止事項を規定しています。

組織のフランス支部は、これらの保護命令を、絶滅の危機に瀕しているすべての絶滅危惧種、絶滅危惧種、または脆弱な種をカバーするように拡張することを推奨しています。

「古い」注文

また、注文には、低繁殖率、移動、または固有種であるため、脆弱性要因を示す「絶滅危惧種」を含める必要があると述べています。

種に不可欠な生息地の保護は、保護命令に体系的に統合されるべきである、と支部は述べた。

特定の命令は、現在の脅威に直面して種の保護の必要性をもはや満たしておらず、2026年までに更新されなければならない、とIUCNは述べています。

組織は、1982年の植物、淡水魚(1988年)、またはアグリオン(青と黒で囲まれた体を持つトンボ)を含むフランスからの特定の昆虫に関する例を引用し、脆弱でありながら保護されていないと分類されています。

4月に発表された別の研究では、IUCNは、フランス本土で研究された319種類のキノコのうち28種類のキノコが絶滅の脅威にさらされているか、非常に脆弱であることを発見した。フランスの領土にリストされ、まだ評価されていない25,000種類のキノコのごく一部だけです。

キノコは、土壌の肥沃度と生態系のバランスに不可欠な役割を果たしています。彼らは木と共生し、根を通して栄養素を提供します。キノコは天然素材をリサイクルすることができますが、今まで保護措置の対象ではありませんでした。

(AFPと)

https://www.rfi.fr/en/environment/20240614-more-than-half-of-endangered-species-in-france-are-not-protected-report

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1742
Enable Notifications OK No thanks