マクロンは、ウクライナへの武器供給が不足しているため、武器生産の増加を求めている

フランスのエマニュエル・マクロン大統領は、ヨーロッパがウクライナを支えるための武器供給を増やすのに苦労しているため、防衛メーカーに生産と革新を促進するよう促した

2022年2月のロシアのウクライナ侵攻以来、マクロン大統領は防衛産業を「戦争経済モード」に切り替えるよう促し、フランス北西部のシェルブール海軍基地への訪問中に彼の呼びかけを繰り返した。

金曜日のフランス軍への新年の挨拶で、マクロンは、ロシアとの戦争におけるウクライナのニーズにより迅速に対応するために、「私たちが始めた変革を増幅しなければならない」と述べた。

「ロシアに勝てると思わせることはできない」とマクロンは付け加え、「ロシアの勝利はヨーロッパの安全保障の終わりを意味する」と警告した。

「数年にわたる生産期限に二度と満足してはならない」と大統領は言った。

弾薬不足

フランス大統領は、防衛メーカーはスピードと量を増やし、革新することが期待されていると強調した。

マクロンはフランスの「高品質の」武器を称賛したが、国が過去に十分に生産または革新しておらず、彼が言った「快適な年」が「自己満足のしびれの一形態」を引き起こしたと強調した。

「この世界はもはやそれを許さない」と彼は言った。

マクロンは、一部の防衛会社が「迅速に提供できることの重要性」を理解するのが遅く、「過去1年半の間、時々契約を逃し、私は後悔している」と考えています。

先週、ウクライナは軍隊が「非常に現実的で差し迫った」弾薬不足に直面していると警告した。

欧州連合は2024年初頭までに100万発の砲弾を届けることを約束していたが、EUの議員は、これまでに30万発しか届けられていないと述べている。

https://www.rfi.fr/en/france/20240121-macron-calls-for-increased-weapons-production-as-arms-supplies-to-ukraine-fall-short

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1516
Enable Notifications OK No thanks