ヨーロッパ全土に向かう「例外的な」サハラ砂漠の塵雲

巨大なダストプルームがヨーロッパを横断し、多くの地域で空気の質が悪化している、とヨーロッパの気候モニターは警告している。この現象は近年増加しており、これは2週間で3回目のほこりのエピソードです。

EUのコペルニクス大気監視サービス(Cams)は、現在フランスの一部に到達し、スカンジナビアまで北に行く可能性のある現在の塵雲を「非常に強い」と呼んだ。

カムズは月曜日に発表された声明で、このエピソードは4月6日に始まり、イベリア半島とフランスとドイツの特定の地域で、直径10マイクロメートル未満の粒子である「高濃度のPM10」につながった。

これらの砂やほこりの粒子は激しい夕日を作りますが、鼻や喉を刺激し、喘息発作やアレルギー反応を引き起こす可能性があります。

最悪の影響を受けたのはスペインだったが、フランス、スイス、ドイツの一部でも小さな汚染の急増が記録された。

今週末、南フランスの5つの部門の当局は、住民に激しい身体活動、特に心臓や呼吸器の問題を抱えている人を避けるよう助言した。

4月6日から進行中の最新のダストエピソードは、ここ数週間でヨーロッパに到達した3番目のエピソードです。

サハラ砂漠からのほこりのプルームは自然現象であり、珍しいことではありませんが、今年の増加は西ヨーロッパ全体の暖かい気象条件に関連しています。

「サハラのダストプルームがヨーロッパに到達することは珍しくありませんが、近年、そのようなエピソードの強度と頻度が増加しており、大気循環パターンの変化に起因する可能性があります」と、コペルニクスの上級科学者であるマーク・パリントンは述べています。

以前の2つの塵雲は主に地中海と南ヨーロッパにとどまりましたが、北のスカンジナビアの車にいくつかのほこりが発見されました。

カムスによると、このエピソードは火曜日に徐々に終了し、スウェーデン、フィンランド、バルト海、ロシア北西部まで届くと予想されています。

(AFPと)

https://www.rfi.fr/en/france/20240408-exceptional-sahara-dust-cloud-heading-across-europe

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1701
Enable Notifications OK No thanks