再生可能エネルギーは2025年までに世界の主要な電力源として石炭を追い越す

国際エネルギー機関(IEA)の予測によると、再生可能エネルギーは2025年初頭に世界の電力の主なエネルギー源として石炭を追い越すと予想されています。

水曜日に発表された電力市場に関する年次報告書で、IEAは、再生可能エネルギーが総発電量の3分の1以上を占め、2026年には37%に上昇すると述べた。

この増加は、主に太陽エネルギーのコスト削減によるものです。

「エネルギー部門は現在、世界経済の他のどの国よりも多くのCO2排出量を生産しているため、再生可能エネルギーの急速な成長と原子力の着実な拡大は、今後3年間で世界の電力需要のすべての成長と一致すると予想されます」とIEAのファティ・ビロル局長は述べています。

原子力ブーム

原子力を含めると、2026年までに世界の電力のほぼ半分が低排出源から供給されると予想されます。

IEAは、フランスが多くの原子炉の改修を終えると、来年、原子力発電所からの電力出力が記録的なレベルに達すると予想しています。

今後3年間の新しい容量の大半は、中国とインドから来ると予想されています。

IEAは、風力、太陽光、原子力などの低排出源から発電された電力は、今後3年間の世界的な需要の増加を満たすのに十分であると述べた。

一方、石炭からの発電量は、主に中国の化石燃料使用量の減少が予想されるため、2026年まで年間平均1.7%減少します。

IEAは、世界の電力システムにおける化石燃料の貢献度が2026年に54%に低下し、1971年以来初めて60%を下回ると予想しています。

同時に、天然ガスから発電される電力は年間約1%増加するはずです。

(AFPと)

https://www.rfi.fr/en/environment/20240124-renewables-to-overtake-coal-as-world-s-main-electricity-source-by-2025

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1530
Enable Notifications OK No thanks