映画監督のロマン・ポランスキーが名誉毀損容疑でパリで裁判にかけられる

映画監督のロマン・ポランスキーは、女優シャーロット・ルイスによる性的暴行疑惑の信憑性に疑問を呈したとして、火曜日にフランスで名誉毀損裁判に直面する。

現在パリに居住している90歳のフランス系ポーランド人ディレクターは、法廷に出頭することは期待されていません。彼は代わりに彼の法務チームによって代表されます。イギリス在住のシャーロット・ルイス(56)が裁判に出席します。

オスカーとパルムドールを3回受賞したポランスキーは、彼のキャリアを通じて一連の性的暴行の申し立てに直面しており、そのすべてが現在法令で禁止されており、彼の否定にもかかわらず、彼が映画で働き続けることを妨げているものはありません。

英国のシャーロット・ルイス(R)は、2010年5月14日にロサンゼルスで開催された記者会見でグロリア・オールレッド弁護士の話を聞いている。ロマン・ポランクシ監督の1986年の映画「海賊」に出演したルイスは、16歳の時にポランスキーの犠牲になったと主張している。ロイター/フレッド・プラウス
英国のシャーロット・ルイス(R)は、2010年5月14日にロサンゼルスで開催された記者会見でグロリア・オールレッド弁護士の話を聞いている。ロマン・ポランクシ監督の1986年の映画「海賊」に出演したルイスは、16歳の時にポランスキーの犠牲になったと主張している。ロイター/フレッド・プラウス

ルイスは2010年5月、ポランスキーが1983年にパリの自宅でのオーディション中に性的暴行を受けたと主張した。後にポランスキーの1986年の映画「パイレーツ」に出演した女優は、英国の警察に行かず、代わりに彼女のアカウントをアメリカの警察と共有しました。

ポランスキーは、1999年のニュース・オブ・ザ・ワールドとのインタビューからルイスに起因する引用を参照し、その中で彼女は「私は彼の愛人になりたかった[…]私はおそらく彼が私よりも彼を望んでいた」と述べた。ルイスは2010年に引用の正確性に異議を唱えた。

「中傷、信用毀損、中傷」

ポランスキーのパリマッチのインタビューに続いて、ルイスは名誉毀損訴訟を起こし、その後の治安判事公聴会につながりました。これは、告発の本質が裁判中に調査される報道法のほぼ自動的な手続きです。

ポランスキーの法務チームは、パリ・マッチに対するクライアントのコメントで名誉毀損を否定した。「ローマン・ポランスキーは、彼を告発する人と同じ根拠に基づいて、公に身を弁護する権利を有する」と、アラン・ヤクボウイッチとともにポランスキーを擁護する弁護士のデルフィーヌ・メイユは述べた。

裁判での弁護で、彼女はルイスに関するニュース・オブ・ザ・ワールドの記事の著者であるスチュアート・ホワイトを召喚した。

「中傷、信用毀損、中傷。これらはすべて、シャーロット・ルイスによって勇敢に暴露されたポランスキーシステムの不可欠な部分です」と彼女の弁護士、ベンジャミン・シュアイは述べました。

ポランクシはキャリアを通じて他の性的暴行で告発されてきたが、彼は否定している。

フランスは彼を米国に引き渡すことを拒否し、1977年に13歳の少女の法定強姦で起訴された。

スイスとポーランドに彼を引き渡そうとする試みも失敗した。

(ニュースワイヤー付き)

https://www.rfi.fr/en/france/20240305-filmmaker-roman-polanski-on-trial-in-paris-on-defamation-charges-me-too-france-cinema

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1742
Enable Notifications OK No thanks