音楽

フランス音楽(フレンチポップス、ジャズ、シャンソン、クラシックなど)

再び脚光を浴びることになったPauline Croze

2021年10月12日

Pauline Crozeの深くてグルーヴィーな声は、6枚目のスタジオアルバム『Après les heures grises』に収まっています。アーバン・ポップを基調としたレコードで、多くのコラボレーションが行われました。ポーリン・クロースは、これまで以上に多彩で繊細なシンガーとしての地位を確立しています。

ポーリン・クロースは、『Après les heures grises』に収録されている曲のいくつかを、ロワール=エ=シェール地方で、監禁の間や監禁されている間に、自室で一人で書き始め、作曲しました。ファンク、ポップ、エレクトロ、R’n’b、ピアノボーカルなどの音楽スタイルを駆使した作品で、そのために多くのアーティストを起用しました。Fils Cara、Nk.F(フレンチラップで最も重要なサウンドエンジニアの一人、Nikola Feve)、Charlie TrimburまたはRomain Guerret(グループAline)、Pierrick Devin(Phoenix、Lomepal)。彼らのほとんどは若い、意識的な選択だ。”現代的で都会的なタッチ “を求めて、若いアーティストに声をかけただけではありません。誰もが未開拓のアングルを持ってくる。私が言うのもなんですが、より多くの色を与えてくれるパレットなのです」と彼女は微笑む。このような音楽的、テーマ的な開放性がアルバム全体に見られることは明らかです。

Je suis un renard(私はキツネです)」がピアノによる繊細な自画像として聴こえ、それが「私は童謡、子供(…)、波/短剣です」という一連の無意味で感動的なコントラストを通して理解できるとすれば、このレコードの残りの部分は、特定のものから始まり、一般的なものへと開かれていきます。Pauline Crozeは、「監禁と疫病が、いくつかの歌詞に、より社会的な側面を与えた」と語る。”Solution “のように、壁に背を向けている人の話です。個人的な問題から、私たちが直面している健康危機の解決策を探している人々へと “ズームアウト “していきました」と説明しています。

その危機感(時にはグローバル化した不安感)は、金正恩(北朝鮮の指導者、編集部注)に宛てた、偽りの愛に満ちた魅惑のポップソング「Kim」(ロマン・ゲレとの共作)に見ることができます。「2019年の夏、彼がアメリカを脅かしているのをテレビで見たとき、私はとても弱気になりました。それは、相手のすべての気配にとらわれている愛の状態を考えさせました。愛の中の弱さと危険の中の弱さの分岐点を作りたいと思いました。36度です」。

スクリーンを通して世界が私たちの生活に浸透していく方法、ポーリン・クロースはそれに逆らいます。これが『Crever l’écran』のメインテーマであり、彼女は自分自身を、「何百万ものイメージに人質にされて」「キャンバスの馬に乗って逃げている」仲間に捨てられた女性として描いています。彼女は「それは破壊し、孤立させ、カップルを引き離すこともある」と確認しています。

世界の観戦者

Pauline Crozeのスクリーンに対する煩わしさは、Phobeにも反映されています。彼女は、私たちが携帯電話から燃えている森を見ることについて語っています。しかし、歌手はエコロジー志向の歌詞を書いていることを否定しています。”私はもちろん気にしていますよ!当たり前ですよね。でも、私はレッスンをするのではなく、小まめに話をしたいのです。そのため、恋に落ちたカップルの別れを描いた『ラ・ロカデ』に生態学的な次元が出てくると、彼女は心底驚く。そして、「アーチと燃えるキリン」や「鉄の葦」と表現しているところ。「私にとっては、都会の家具、空に浮かぶ金属製の非常に細長い物体」、そして「よく見ていたダリの『炎のキリン』」と展開しています。

絵画にも影響を受けた「Hippodrome」は、馬の疾走音が聞こえてくるサスペンスフルなエレクトロパルス作品です。乗馬に魅せられたポーリン・クロースは、子供の頃から、名前がわからない19世紀末の画家が描いた競馬の絵に悩まされていた。”レースは、社会的階層が非常に強く混在しています。遊びに来る人もいれば、お金を獲得するために何時間も過ごす人もいます。彼らはその希望に多くを賭けている。人生と競馬を重ね合わせたこの言葉は、確実性のない行動が賭けになってしまう現代にも当てはまります。

しかし、「After the Grey Hours」では、レース、ダンス、熱狂だけではありません。ティム・デュプが作曲した「Nuits d’errance」は、バーバラを彷彿とさせる内省的なピアノボーカルのバラードです。メランコリックで空気感のある「No Derme」にも柔らかさが漂い、少しベールに包まれたような歌声で、私たちを夢へと誘い、傷口から生まれ変わるようにします。Les heures grises』の後、ポーリン・クロースは再び飛び立ちます。

ポーリン・クロース Après les heures grises (Universal Music) 2021年

Jane Birkin

Jane Birkin

ジェーン・バーキンがフランスで最も愛される英国人アーティストになったのは、1960年代後半にフランスで最も優秀な音楽家の一人が彼女と恋に落ちたからである。非常に繊細な女優であり歌手であるジェーン・バーキンは、セルジュ・ゲンズブールを最もよく理解している人物であり、30年間にわたってそのユニークな声でフランスの歌を歌い続けています。

バイオグラフィー

ジェーン・バーキンは、1946年12月14日にロンドンで生まれました。彼女の父親であるデビッド・バーキンは貴族であり、英国海軍の司令官であった。母親のジュディ・ギャンブルは、ノエル・カワードのミューズとして活躍した大舞台女優で、ジュディ・キャンベルと呼ばれていました。ジェーンは、兄のアンドリューと妹のリンダと一緒に、中流階級の温かい子供時代を過ごした。

スウィンギング・ジェーン

1960年代のロンドンは、芸術ブームに沸いていました。そんな雰囲気の中で、若き日のジェーン・バーキンは、ミュージカル「情熱の花のホテル」で女優デビューを果たした。1965年にリチャード・レスター監督の『The Knack』で映画初出演を果たす。しかし、ミケランジェロ・アントニオーニが67年のカンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した「Blow Up」では、内気で不器用な少女が前面に出てきました。その頃、彼女は有名なジェームズ・ボンドのテーマを作曲した音楽家のジョン・バリーと結婚していました。1967年4月8日に女児ケイトが誕生したが、このときすでに夫婦の関係は破綻していた。

1968年、英仏海峡の反対側で、ピエール・グリムブラ監督は、セルジュ・ゲンズブール主演の映画『スローガン』のために、英語を話す若い女優を探していた。40歳の歌手、作曲家、作家、俳優は、すでに長く豊かで波乱に満ちたキャリアを持っていました。当時、彼はブリジット・バルドーとの一時的な恋愛から抜け出し、たった一人でフランスの歌に革命を起こしていた。マリサ・ベレンソンの後任として採用されたジェーンは、一言もフランス語を話せないまま撮影現場に到着した。ゲンズブールは、その経験を生かして、彼女を少しいじめた。しかし、マキシムでの2人きりのディナーで、フランス人とイギリス人女性は意気投合し、今では伝説的な愛の関係が生まれました。

I love you, too….

夜の外出が好きなゲンズブールは、この足の長いイギリス人女性といつも一緒にいた。彼らは、パリ中が注目するファッショナブルなカップルでした。ジェーン・バーキンは、その演技力や歌唱力で有名になる前に、ゲンズブールとの恋愛で有名になりました。

1969年、2人はごく普通の映画(『Les Chemins de Katmandou』と『Cannabis』)を一緒に作ったが、彼らの目には、この映画が2人を結びつけるという利点があった。切っても切れない関係です。その後、ジェーンはコート・ダジュールに行き、ジャック・ドレーの「La piscine」で、ロミー・シュナイダーとアラン・ドロンという有名なカップルと一緒に仕事をしました(今は別居中)。

しかし、その年のイベントは記録的なものでした。1968年にゲンズブールがブリジット・バルドーのために書いた「Je t’aime, moi non plus」は、とてもセクシーな曲だった。しかし、この録音は発売されなかった。その1年後には、ジェーン・バーキンが初のアルバム『Jane Birkin Serge Gainsbourg』でこの曲をカバーしています。実際、ジェーンはデュエット曲の「Je t’aime moi non plus」を含め、11曲中6曲を歌っている。発売当時、この曲はスキャンダルを巻き起こした。マスコミは大騒ぎし、ラジオ局はシングルを検閲し、バチカンまでもが反発した……結局、これらすべてがレコードに大きな宣伝効果をもたらし、数カ月で100万枚近くを売り上げた。エロティックなベールに包まれた二人のラブストーリーは、世界中の新聞の標的となった。

結婚生活

パリのヴェルヌイユ通りにある豪邸に引っ越した夫妻は、順調なスタートを切った後、より平穏な時期を迎えた。ジェーンの娘ケイトは、主にパリで生活し、セルジュが我が子のように育てた。

1970年、ジェーンは二次創作作品で2つの小さな役を演じた。年末にはゲンズブールのアルバム「l’Histoire de Melody Nelson」に参加し、1971年1月末にロンドンでレコーディングを行った。彼女の歌声はほとんど聞こえなかったが、彼女がインスピレーションを与えたのは明らかだ。傑作といわれるこのアルバムのジャケットには、彼女の顔が描かれています。このコンセプトアルバムは、1990年代まで歌手のほとんどのレコードを手がけることになるジャン=クロード・ヴァニエと共同で作詞・作曲・編曲を行った。

半年後の1971年7月21日、ロンドンの診療所で娘のシャーロットが誕生した。この頃、マスコミは1972年の結婚を発表し始めた。パリのリヨン駅が巨大なボールルームに変身して、盛大なパーティーが開かれるという話もあった。しかし、ジェーンは諦めることにした。彼女は結婚しないことを希望しており、それによってメディアの侵略的な津波を避けることができます。

ジェーンの映画キャリア

1971年から1972年にかけて、ジェーン・バーキンはあまり活動していない。しかし、1973年はゲンスブールが全曲を書き下ろした本当の意味でのファースト・アルバムの年だった。タイトル曲の「Di Doo Dah」は歌手のヒット曲の一つとなり、アルバムの中で唯一の優れた曲であった。

同年、”Dom Juan 73 “で共演した。(ロジャー・ヴァディム監督)にブリジット・バルドーを起用し、彼の最後の映画出演となりました。当時のジェーン・バーキンは、イギリスの修道女の役にとどまることが多い、おもしろい女優だと思われていた。1974年には、クロード・ジディ監督(『La Moutarde me monte au nez』)とミシェル・オーディアール監督(『Comment réussir dans la vie quand on est con et pleurnichard』)から、同じレパートリーに留まる役を提供されました。一方、ミシェル・ドゥヴィル監督の「Le Mouton enragé」で、ジェーン・バーキンは、よりシリアスで興味深いフィルモグラフィーへの第一歩を踏み出した。

1975年、ジェーン・バーキンは5本の映画を撮りました。クロード・ジディの「La Course à l’échalote」をはじめとする2つのコメディに加え、ジャック・ルフィオの非常にドラマチックな「Sept morts sur ordonnance」にも出演した。

しかし、この年の映画イベントは、またしても夫妻のスキャンダルが目立った。セルジュ・ゲンズブールは、初の映画「Je t’aime moi non plus」を撮影し、ジェーンに非常にアンドロジナスなスタイルの若い女性の役を与えた。1975年9月、南フランスのガルド地方で撮影が始まった。同性愛や性の曖昧さを背景にしたこの映画は、1976年3月に公開され、一般の人々の注目を集めた。ゲンズブールに対して、マスコミは異常に攻撃的であった。また、ジェーン・バーキンも惜しくありませんでした。しかし、フランソワ・トリュフォー監督やジャーナリストのアンリ・シャピエ氏など、この作品を高く評価する人もいました。彼は『Quotidien de Paris』誌に「ジェーン・バーキンの静かなキャリアにおいて、この映画は一陣の風だ(…)」と書いています。公開時のチケット販売枚数は約15万枚でしたが、その後、映画館では常に上映されているカルト映画となっています。

そしてセルジュが彼女を歌わせる

1975年にゲンズブール、フィリップ・ラブロ、ジャン=ピエール・サバールが共同で作曲したアルバム「Lolita go home」の後、ジェーンは「Je t’aime moi non plus」のサウンドトラックのおかげでレコードでの真の成功を収めた。この曲は1969年のデュエット曲ではなく、「la Ballade de Johnny Jane」である。この曲もゲンズブールの小さな傑作で、ジェーンはチャートのトップに立った。

1977年には、映画「マダム・クロード」のサウンドトラック用に「Yesterday Yes a Day」という曲の歌詞を書くなど、執筆活動にも挑戦しました。翌年、彼女は新しいアルバム “Ex-fan des sixties “で再び成功を収めた。タイトル曲は、ゲンズブールが恋人のために書いた最も美しい曲の一つです。このアルバムには「l’Aquoiboniste」も収録されています。これはゲンズブールの作家としての才能と文学的なゲームへの嗜好を示す奇妙なテキストで、ジェーンはその完璧な代弁者として長年にわたって最後に登場しています。

ジェーン・バーキンは、コメディや商業映画を作り続けた(1977年、クロード・ジディ監督、ジャン=ポール・ベルモンド共演の『L’Animal』、1978年、ジョン・ギレルミン監督、ピーター・ウスチノフ共演の『Mort sur le Nil』)。

方向性の変更

1970年代末、ジェーンはしばらくの間、スクリーンからもレコーディングスタジオからも姿を消していた。ゲンズブールとの生活は、ゲンズブールがどんどん過剰になっていく中で、一転して悪化していきました。アルコールや夜遊び、メディアによる挑発行為などで、夫婦の間に緊張感が漂い始めた。1980年のある夜、ジェーンは娘たちを連れてヴェルヌイユ通りを後にした。彼女はヒルトンに2ヶ月間滞在した後、何度かの引っ越しを経て、首都の16区に小さな家を購入しました。小さな庭に囲まれたこの家は、15年以上もジェーンの家として使われた。このように別居しても、二人の関係は続いていました。ジェーンとセルジュは娘を中心に結束し、頻繁に顔を合わせていた。

1980年以降、ジェーン・バーキンの人生にはもう一人の重要な男性が登場し、ゲンズブールと同様に共に生活し、仕事をすることになる。それは、当時すでにいくつかの作品を手がけていたジャック・ドイヨン監督である。この出会いは、その年にドヨンが監督した「La Fille prodigue」の撮影中に行われた。ジェーンにとって、彼からオファーされたミシェル・ピコリと共演する役は、女優としての人生の重要なステップとなった。彼女は初めて主役と苦悩に満ちたキャラクターの両方を演じ、1970年代の純情な純情娘とはかけ離れていました。彼女は、それまでほとんどの監督が明るみに出していなかった悲劇的な一面を見せてくれます。

ジェーン・バーキンはジャック・ドイヨンのパートナーとなり、1982年9月には娘のルーが誕生しました。ジェーンは、少なくとも年に1回は演技を続けていたが、役柄の選択はより難しく、シリアスなものになっていった(1984年にドワヨンの「La Pirate」とジャック・リベットの「L’Amour par terre」、1986年にレジス・ヴァルニエの「La Femme de ma vie」)。しかし、数年前に成功を収めたコメディー作品(1983年にパトリス・ルコント監督の『Circulez y’a rien à voir』、1984年に『Le Garde du corps』)からは消えなかった。

1983年:「バビロンでひとりぼっちの赤ちゃん」

1983年、ジェーン・バーキンはセルジュ・ゲンズブールのおかげで歌手活動を再開した。ゲンズブールが彼女のために書いたばかりのアルバム(『ベイビー・アロン・イン・バビロン』)が、ジェーンの最高傑作と言われていただけに、これは音楽的な出来事だった。当時、自己破壊的な挑発行為で脚光を浴びていた彼が、ジェーンのために書いたアルバムは、優しさと繊細さに満ちたものだった。彼はいつものように言葉で勝負しますが、その才能はこの破局によって昇華され、いまだに回復していません。このように、「Baby Lou」、「Fuir le bonheur de peur qu’il ne se sauve」、「Les dessous chics」(ジェーンのお気に入りの曲)などが好まれ、この音楽の再会に人々は魅了され、感動すら覚えたのである。ジェーンはこのアルバムで初のゴールドディスクを獲得しました。

このアルバムからは、ゲンズブールが監督したショートフィルムも生まれました。翌年、このアルバムのシングル「Baby Alone in Babylone」がアカデミー・シャルル・クロス賞のグランプリを受賞しました。

1985年、ジェーンは演劇という新たな経験に踏み出した。演出家のパトリス・シェローに説得され、パリ郊外のアマンディエ劇場でマリヴォーの名作「La fausse suivante」の舞台に立つことになりました。この作品は成功を収め、「La Fille prodigue」のパートナーであるミシェル・ピコリとともに、ジェーン・バーキンは世間での真の成功を手に入れた。

同年、娘のシャルロットは、クロード・ミラー監督の「L’effrontée」で映画初出演を果たしている。1986年3月、シャルロットは両親に囲まれながら、1985年のフランス映画界の最優秀女性ホープに贈られるセザール賞を受賞しました。また、1985年には、シャーロットは父親の作品「Charlotte forever」に出演しています。娘を溺愛する父親の物語は、スキャンダルを引き起こしました。これは、セルジュが1986年に娘のために書いたアルバム「Charlotte forever」から、その直後にリリースされた「Lemon Incest」という曲にも当てはまります。

ジェーンとその公開

た。ゲンズブールは彼女のために新しいアルバム「Lost Song」を書いた。このアルバムに収録されている9曲は、ゲンズブール自身が音楽を担当し、ロンドンで録音されました。しかし、これまでもそうであったように、特にシャルロットのために、ゲンズブールはクラシックの作曲家からインスピレーションを得ていました。シャーロットにショパンを弾いた後、ジェーンの「失われた歌」では、エドヴァル・グリーグのオペラ「ペール・ギュント」のアリアからインスピレーションを得ました。

このアルバムは、ジェーンが1987年3月にパリのバタクランのステージに立った時のものです。これは、歌手にとっては初めてのことでした。彼女はデビュー以来、一度もコンサートを開いていない。しかし、この未熟さにもかかわらず、本当の意味での成功を収めることができました。観客は魅惑され、熱狂した。無駄を省いた最小限の演出により、ジェーン・バーキンはほぼ完全にゲインズブールのリサイタルを披露しています。ゲンズブールを歌っていないときは、もうひとりの詩人、レオ・フェレと彼の伝説的な曲「Avec le temps」を取り上げることになっている。バタクランから1ヶ月後の4月には、Printemps de Bourgesフェスティバルに参加しました。この時、ゲンズブールは彼女のステージを撮影した。

しかし、1987年は映画界にとっても少し変わった年でした。映画監督のアニエス・ヴァルダは、ジェーン・バーキンに2本の映画を捧げました。ドキュメンタリー映画「Jane B. par Agnès V」と、40歳の女性(ジェーン)と監督の息子であるマチュー・デミーが演じる10代の若者とのラブストーリー「Kung-Fu Master」です。後者の作品では、フィクションの中に自伝的な要素が多く織り込まれています。映画の中のジェーンの両親と娘たちは、彼女自身の両親と娘であるシャーロットとルーが演じています。室内のシーンも歌手の自宅で撮影されています。

1987年、ジェーン・バーキンは、ジャン=リュック・ゴダール監督の「Soigne ta droite」にも出演している。

1990年:「アムール・デ・フェイント」

1990年、セルジュ・ゲンズブールはジェーンのために新しいアルバムを書いた。二人の音楽的なコラボレーションはそのままで、ゲンズブールはかつてのパートナーから以前にも増して刺激を受けていた。このアルバムは「Amours des feintes」というタイトルで、このタイトルだけでセルジュのジェーンに対する心境が表現されている。また、表紙には墨で描かれた歌手の肖像画がサインされています。このアルバムは1990年2月に録音され、9月に発売されました。

この年、ジェーン・バーキンは、イスラエル・ホロヴィッツの演劇「Quelque part dans cette vie」で、俳優のピエール・ダックスと共演し、演劇界でも勝利を収めました。最後に、映画「Daddy Nostalgie」では、同郷のダーク・ボガードと一緒に主役を演じました。

翌年は、ジェーンにとって非常に苦しい年となった。1991年3月2日、セルジュ・ゲンズブールが亡くなり、その数日後にはデビッド・バーキンが亡くなった。かねてより計画されていたように、ジェーン・バーキンは悲しみに打ちひしがれながらも、2ヵ月後にはカジノ・ド・パリのステージに立った。ゲンズブールの影が大きく立ちはだかり、悲しみに満ちた雰囲気の中で行われた一連のコンサート。

人道的コミットメント

喪に服したこの年、ジェーン・バーキンは人道的な活動に参加しました。数年前から、フランスの首都の路上で定期的に行われている反レイシストのデモに積極的に参加している彼女は、若いフィリピン人女性に捧げる短編映画を撮影するためにカメラを手にしました。30人以上のフランス人監督が、世論に警鐘を鳴らすために、政治犯を題材にした独自の短編映画を制作しました。

このような映画作りのセンスを活かして、1992年にはテレビ用の長編映画を脚本・監督しました。ジャック・ペランとクリスティーヌ・ボワソンが出演した「Oh Pardon tu dormais!」は、危機に瀕したカップルの夜の長い会話を描いた作品です。

また、ジェーンはツアーでステージに戻り、1992年7月にラ・ロシェルで開催されたFrancofoliesフェスティバルに出演しました。このツアーの後、ジェーン・バーキンはしばらくニュースから姿を消していた。一方、娘のシャーロットは、若手の女優として活躍した。長女のケイト・バリーについては、ファッション関係の仕事や薬物更生施設で働いていました。

1994年、ジェーン・バーキンは、エイズ対策のために新たな人道的投資を行いました。3年前のアムネスティ・インターナショナルと同じように、「ウイルスに対する3000のシナリオ」という企画で、何人もの監督がエイズをテーマにした短編映画を制作した。この日のために、ジェーンはディレクターを再開しました。

そして1994年の春、ついに彼女は戦争の真っ只中にあったボスニアへと旅立った。彼女は、本やレコード、コンピュータ機器などを送って、住民の精神的・文化的な支援を行うことを目的とした協会(パリ・サラエボ・ヨーロッパ)に同行しました。

歌に戻る

1994年9月、ジェーン・バーキンはロンドンのサヴォイのステージに立ち、セルジュ・ゲンズブールのレパートリーを中心としたユニークなリサイタルを行った。イギリスの人々は歌手を温かく迎え入れてくれ、彼女はイギリスでゲンズブールを歌うことがとても有意義なことだと感じた。

それから数ヵ月後の1995年初頭、ジェーン・バーキンはロンドンに戻ってきたが、その舞台は劇場だった。数週間にわたり、ナショナル・シアターでエウリピデスの古典劇「Les Troyennes」を上演しました。

しかし、1995年のハイライトは、ジェーン・バーキンのニューアルバムだった。全ての曲はゲンズブールの作品ですが、各曲が毎回異なるアーティストによって再オーケストレーションされることで、進化を遂げています。忠実なジャン=クロード・ヴァニエ、セネガル人パーカッショニストのドゥドゥ・ンジャイ・ローズ、作曲家のゴラン・ブレゴヴィッチ、DJのブーム・ベース、そして何よりも、30年前に同じくイギリス人女性のペチュラ・クラークが演奏した「La gadoue」のワイルドなバージョンに署名したネグレス・ヴェルトの名が挙がっている。

ジェーンは、1996年10月1日から13日まで、パリのオリンピアでステージに戻り、その後、52日間のフランスツアーを行いました。1997年1月には、オリンピアで録音された26曲入りのライブアルバムが発売された。

また、ジェーンは1995年に3本の映画で映画界に復帰しています。しかし、彼女が主役を演じたのは、ジャン=ピエール・モッキー監督の「Noir comme le souvenir」だけである。

1998年:「À la légère」

1998年9月14日、ジェーンのニューアルバム「À la légère」が発売されたが、その中で彼女はゲンズブールの曲を演奏していない。亡くなった作曲家の後を継ぐために、歌手は曲数と同じだけのアーティストに声をかけた。アラン・シャンフォール、ミオセック、アラン・スーチョンとそのソングライターのパートナーであるローラン・ヴルジ、ジェラール・マンセット、エティエンヌ・ダホ、フランソワーズ・アルディ、ザジーなどの名前が交錯した。8月末に発売された第1弾シングル「Love slow motion」は、MCソラールによるものです。しかし、巨匠ゲンズブールの代わりになるのは非常に難しい…。

翌年、ジェーン・バーキンは劇場に戻り、ティエリー・フォルティノーと自作の舞台「Oh! Pardon tu dormais」を上演しました。そして2000年、モントルー・ジャズ・フェスティバルに招かれ、フィリップ・レリショムとのコラボレーションでゲンズブールへのトリビュートを企画しました。7月9日には、モントルーのストラヴィンスキー講堂のステージで、ジャック・ヒゲラン、アラン・シャンフォール、アリエル、M、ウテ・レンパー、ミオセック、サリフ・ケイタなどのアーティストとともに、それぞれがセルジュ・ゲンズブールの曲を1曲または2曲ずつ演奏しました。

2002年:「アラベスク」

数々の映画(「Ceci est mon corps」、「Reine d’un jour」)に加えて、歌手は人道的な活動にも全力を尽くし続けました。2000年末には、遺伝性疾患の研究のために、毎年恒例のテレソンを主催しました。そしてその数日後、フランスの死刑廃止20周年を祝うパーティーに出席した。この日は、セルジュ・ゲンズブールの曲をカビレ族の音楽家の伴奏で歌いました。この演奏は、2002年3月にパリのオデオン座で行われた一連のリサイタルの前触れであり、ゲンズブールのレパートリーは東洋的なサウンドに一新されました。このコンサートはDjam & FamのDjamel Benyellesがオーケストレーションを担当し、2002年11月にライブアルバム「Arabesque」をリリースしました。

その後、11月10日、11日のベイルートを皮切りに、2003年1月にはフランスを横断するツアーを行いました。パリでは2月25日から3月1日までシャンゼリゼ劇場で開催されました。その後、ドイツ、イギリス、日本、そしてロシアやウクライナでも公演を行いました。

彼女は、ビルマの軍事政権の独裁と戦っている国民民主連盟のアウンサンスーチー会長を支持するなど、自分の政治的コミットメントを尊重しています。ジェーンは、自分のウェブサイトを訪れた人に解放を求める署名を呼びかけ、6月にはパリのビルマ大使館前で国際人権連盟とともにデモを行いました。

ジェーン・バーキンは、2003年12月に「Arabesque」のツアーがイスラエルとパレスチナに立ち寄った際にも、テルアビブ、ラマラ、ベツレヘム、ガザでイベントを行いました。ガザでは、ジャバリヤ難民キャンプで子供たちのために歌い、その後シャワ文化センターのステージに立ちました。

2003年には、カトリーヌ・コルシーニ監督の「Mariées mais pas trop」とアントン・リトヴァク監督の「Merci Dr Rey」の2本の映画に出演しています。

「2004年初頭、ジェーン・バーキンはアジア(ベトナム、日本、韓国、中国、インドネシア、タイ)で一連のコンサートを行い、3月2日にパリのシャトレ劇場でファイナルコンサートを行い、250日間に及ぶ世界ツアーを終了しました。

2004年:「ランデヴー」

2004年3月30日には、ゴンザレスとルノー・レタンが、フランソワーズ・アルディ、アラン・シャンフォール、アラン・スーション、カエターノ・ヴェローゾ、ブライアン・フェリー、エティエンヌ・ダホ、パオロ・コンテ、マヌ・チャオ、ミッキー3D、ミオセック、ベス・ギボンズ、ブライアン・モルコ、フィースト、井上陽水など、あらゆる世代のアーティストとの出会いをオーケストレーションしたアルバム「Rendez-vous」をリリースしました。

2004年9月9日、ジェーンはフランス国家功労勲章を授与されました。

11月には「Arabesque」ツアーの一環としてアメリカに戻り、ニューヨーク、フィラデルフィア、ワシントン、ロサンゼルスで公演を行いました。

2005年3月17日から4月3日まで、ジェーン・バーキンはイギリスのノーザンプトン王立劇場で上演されたシェイクスピアの「ハムレット」のガートルード役で劇場に出演しました。また、ダニエル・ヴィーニュ監督の映画「Les Aventuriers des mers du sud」にも出演しました。秋には新しいソロアルバムをレコーディングしました。

2006年:「フィクション」

長い間、ピグマリオンのゲンズブールのレパートリーに固執していたジェーン・バーキンは、2006年3月にリリースされたアルバム「Fictions」で別の世界を探求し、何よりも母語とのつながりを取り戻しました。実際、彼女は新世代のアングロサクソン系アーティストに声をかけ、英語で曲を作ってもらった。幼少期を想起させる「Home」はDivine ComedyのNeil Hannonが、「Living in Limbo」はアルバムのアレンジも担当したカナダ人のGonzalesが、「My Secret」は元PortishedのBeth Gibbonsがそれぞれ書いている。

また、トム・ウェイツの「Alice」やケイト・ブッシュの「Mother Stands for Comfort」などのカバー曲もあります。ドミニク・Aの “Ou est la ville?”、カリの “Sans toi”、アーサー・Hの “La reine sans royaume “など、数人のフランス人が挑戦しています。ジェーン・バーキンは、メランコリーとノスタルジアの間にある小さな物語の集合体であり、非常に個人的で親密なアルバムです。

2006年11月から2007年3月にかけて、ジェーン・バーキンはソフォクレスの「エレクトラ」という同名の舞台に挑戦し、パリ郊外のアマンディエ劇場を皮切りに、フランスの15の町で公演を行いました。その後、カメラの後ろに回って初の長編映画「Boxes」を監督し、ミシェル・ピコリ、ジェラルディーヌ・チャップリン、ナターシャ・レニエ、娘のルー・ドイヨンと共演しました。

2008年には、”Arabesque “プロジェクトの観客と再会し、彼らのためにコンサートを開催し、日本、レバノン、ノルウェー、ブラジル、アルゼンチン、ウルグアイ、トルコなど世界各地をツアーしました。同年夏には、ジャック・リベット監督の映画「36 vues du Pic Saint Loup」を撮影。

2008年:「Enfants d’hiver(冬の子供たち)」

忙しい日々の中、ジェーンは新しいアルバムを作る時間を確保しました。”Winter Children”(ジャケットには12歳の時のジェーンの写真が使われている)は2008年11月17日に発売された。このアルバムは、すべての曲をシンガーが書いた初めてのアルバムです。ジェーン・バーキンが古いノートを発掘しました。あるものは10代の頃のもの、あるものは7年前のもの、またあるものは「Boxes」の撮影時のものです。怒り、懐かしさ、優しさ、ユーモア……ジェーンは臆することなく、フランス語で自分を表現します(ビルマの敵対者に捧げた「アウンサンスーチー」だけは英語です)。

Enfants d’hiver」の制作にあたり、セルジュ・ゲンズブールの元恋人は、エディット・ファンブエナの協力を得て、アルバムの音楽を担当したのは、アラン・スーション、ピエール・スーション、ホークスレイ・ワークマン、アラン・ランティ、ピエール・ミッシェル・シヴァディエ、ベルトラン・ルイ、フランク・ユーリーでした。2009年、ジェーンは、ほろ苦い歌を披露するために、フランスの道を歩き始めました。

1年ぶりにスタジオに戻ったジェーン・バーキンは、2009年にアルバム「Daho Pleyel Paris」の1曲として、エチエンヌ・ダホとのデュエットで「Dessous chics」のカバーを録音しました。2010年にはFlorent Marchetと「Roissy」を共演しました。この曲はFlorent Marchetのアルバム「Courchevel」に収録されています。同年、ブノワ・ペトレ監督の映画「テルマ、ルイーズ、シャンタル」でネリー役を演じました。

2011年には、Collectif Paris Africaの「Des ricochets」という曲に参加。Hiner Saleem監督の映画「Si tu meurs, je te tue」のルイーズ役で、再び女優としての帽子をかぶることになりました。

同年5月、英仏の女優であり歌手である彼女は、日本の地震に深く影響され、シャルル・アズナブール、アラン・スーチョン、-M-など約20人のアーティストと共にパリでチャリティーコンサートを開催しました。

11月には、ジェーン・バーキンが日本の被災者のために活動を続け、「Serge Gainsbourg et Jane via Japan」と題した国際ツアーを行いました。ジェーン・バーキンのステージには、4人の日本人ミュージシャンが参加しました。また、元パートナーであるセルジュ・ゲンズブールの没後20周年を記念したイベントでもありました。

しかし、ツアーは予定より早く終了してしまった。ジェーン・バーキンは、2012年7月からフランス、ドイツ、ベルギー、イタリア、スイス、スペインで予定されていたすべてのコンサートをキャンセルしました。理由は、65歳の歌手が急性心膜炎のために休養を余儀なくされているからです。2013年に延期された日程は23回にものぼります。

8ヶ月の休止期間を経て、歌手はゲンズブールへのトリビュート曲でツアーに復帰しました。モナコでは、Abd Al Malik、Miossec、そして娘のCharlotteと共に、彼女のPygmalionのヒット曲を再演しました。

2012年には、セルジオ・カステリット監督の映画「Venir au monde」と、ベルトラン・タヴェルニエ監督の「Quai d’Orsay」に出演します。

2013年12月11日、ジェーン・バーキンと作曲家ジョン・バリーの娘であるケイト・バリーが亡くなりました。写真家は自宅マンションの4階から転落して自殺したが、この悲劇は歌手に多大な影響を与えた。

2014年12月、ジェーン・バーキンは「Gainsbourg, poète majeur」というショーで舞台への復帰を発表し、ミシェル・ピコリやエルヴェ・ピエールとともに『キャベツの頭を持つ男』のテキストを読み上げました。しかし、女優は「ちょっとした健康問題」を理由に、いくつかの日程を再びキャンセルしました。

2016年6月には、ジェーン・バーキンとアーサー・Hが、アンサンブル・シンフォニック・ド・モントリオールの伴奏で、ゲンズブールの音楽をモントリオールのフランコフォリで蘇らせました。2人の演奏家は2時間のショー「Gainsbourg symphonique」を共有しています。

2016年8月、スイスで開催されたロカルノ映画祭では、フランス系イギリス人女優に敬意を表し、彼女の全キャリアを対象とした金豹賞を受賞しました。このイベントで発表されたスイスの短編映画「La femme et le TGV」(The Woman and the High Speed Train)では、チューリッヒ在住の若手、ティモ・フォン・グーテン監督が主役を演じました。

2017年:「バーキン、ゲンズブール、ル・シンフォニック」

ジェーン・バーキンの声とゲンズブールの歌が再び融合したこの作品は、その名の通り、クラシック音楽の楽譜です。セルジュ・ゲンズブールのレパートリーは、ベートーヴェン、ドヴォルザーク、ブラームス、ショパンなどの偉大な作品からインスピレーションを受けることが多かったことを考えれば、これは驚くべきことではありません。ゲンズブールの作詞家であり、控えめなプロデューサーでもあるフィリップ・レリコムが芸術監督を務め、日本のピアニスト・作曲家である中島ノブユキが21曲の楽曲を交響楽団のためにリアレンジしています。ジェーン・バーキンは、ポーランドでワルシャワ・オーケストラと一緒にこのアルバムを録音し、その後、一般の人々に会うために旅に出ました。2018年2月には、ニューヨークのカーネギーホールでも公演を行いました。

2018年5月

14/12/1946
ロンドン(イギリス
国: フランス
言語:フランス語
品質:シンガー
音楽ジャンル:歌

sylvie-vartan

シルヴィ・バルタンの秘密

1960年代からフランスのスターとして活躍してきたシルヴィ・バルタンは、キャリア60年を記念してニューアルバム「Merci pour le regard」をリリースします。愛を祝福するこのアルバムは、彼女のイメージ通り、繊細でエレガント、そしてとても愛らしいものになっています。

シャンゼリゼ通りからすぐ近くにあるパリの最高級ホテルで、シルヴィ・バルタンを見つけるのは、少々恐れ多いことです。1964年にビートルズがOlympiaで彼女のためにコンサートを開いたように、フランスで初めてロックミュージックを歌ったこと、66枚のアルバムを出したこと、世界中で何千回もコンサートを行ったことなど、彼女のキャリアと同様に、この場所は印象的です。

壁の向こう側のスイートルームでは、笑いが絶えません。彼女の独特のアルト声でジョークを言っているのが聞こえてきます。そして、シルヴィ・バルタンの登場です。黒い服を着て、完璧な化粧をして、存在感と魅力にあふれています。誠実な優しさで、私たちが快適に過ごせるかどうかを尋ね、私たちに近づき、手に顔をつけて、まっすぐな目で、長い間このレコードを作ることを夢見ていたことを熱意をもって語ってくれた。

自信と懐かしさ

特に、クララ・ルチアーニ、エリサ・ルポイント、ラ・グランド・ソフィーなどの詩的でエレガントでノスタルジックな歌詞に戻るピアノ・ボーカルのおかげである。

シルヴィ・ヴァルタンは、あらゆる形の愛について歌ったこれらの曲をすべて愛していると語る。クラリカが書いた『Le bleu de la mer Noire』は、彼女が幼い頃に追放された祖国ブルガリアのものから始まっています。

“この曲は特筆すべきことに、私の心に響きました。クラリカはとてもエレガントな感性を持っていて、私はとても気に入っています。彼女の父親はハンガリー人で、私の母親もハンガリー人ですから、とても優しくて身近な存在です」と微笑む。彼女の幼少期は、デイブが書いた『Ma tendre enfance』にも反映されており、「オーダーメイド」だと彼女は感動して語っています。”私たちはとても長い間、友達でした。彼は私の特徴を知っています。

優しさに満ちた声で、目を少し曇らせながら、シルヴィ・バルタンはこう打ち明けます。「私は子供の頃、家族や両親にとても愛されていました。鮮明に覚えています。そして、この深い愛は決して失敗することはありませんでした。もちろん、その後は、ロマン・ゲイリーが母親について語ったように、「比較の毒に一生悩まされる」ことになります。子供時代は、「セピア色」の「無邪気な頃」の思い出でもあります。Une dernière danse, un cha chaでは、「失われた時間は戻ってこない」と、戻って忘れたいという気持ちを歌っています。

Merci pour le regard」は、頭でっかちな「Ce jour-la」でのかつての恋人たちとの想像上の再会でもある。Tout bas, tout basでは、彼女の声にピアノとトランペットが添えられています。このトランペットは、彼女がキャリアをスタートさせ、ジャズに出会わせてくれた、今は亡き兄Eddyを思い出させてくれます。お兄ちゃんのことや、大好きなこの曲のことを話すときは、目がキラキラしています。

シルヴィ・バルタンがピアノと繊細なエレクトリック・ギターを従えて、夜のパリを散歩する様子を語る「Merci pour le regard」では、スウィングとロックがあります。彼女は自分の孤独を破ってくれた人に感謝する。”Thank you for these few steps/ I was bored with myself/ Apart from me, apart from you/ Not the shadow of an appointment “と書かれています。

ご覧いただきありがとうございます

カトリーヌ・ドヌーヴやブリジット・バルドーよりも多くの新聞の表紙を飾ってきたこの歌手は、メディアが自分から離れていくことを恐れているのだろうか。思わず笑ってしまいます。”いいえ!最初からルックスが良かったので、キラキラしたものや有名なものなどから距離を置いて、穏やかな気持ちでいられました。しかし、見た目も非常に重要です。人の目には魂が宿る。よく見られたものです。しかし、多くの優しさと愛と友情で それが私の力になりました。人々は私に多くのものを与えてくれました。感情や感性が研ぎ澄まされました。

このレコードに収録されている愛は、ほとんどハッピーではありません。質問は明白で、シルヴィ・バルタンはロマンチックですか?”私はそう思う。私にはある種のメランコリーがあり、私の声はそれを表現していると思います」。彼女は続けて…「そして、愛は世界で最も大切なものです。ジャン=ループ・ダバディ、ジャック・ブレル、ジョルジュ・ブラッサンス、バルバラ、レオ・フェレといった偉大なソングライターたちによって、あらゆる角度から歌われています。何千通りもの話し方があるので、無尽蔵にある。

これはラブストーリーから守るものでもあります。チェロとピアノが奏でる感動的な「J’emporterai」で死が訪れたとき、想像される死が彼女のものなのか、それとも愛する男性のものなのか、私たちにはよくわかりません。5曲を手がけたエリサ・ポイントのこの曲が、とても印象に残っていると打ち明けてくれました。愛は死を乗り越えられるのか?そうですね、誰かを深く愛したとき、その人はあなたに別の形で宿るのだと思います。しかし、それは完全には治らない傷だ。

だから彼女は歌うのだ。時間の経過(On s’aime encore mais autrement)や、時間が彼女の味方になっていないにもかかわらず、Les vents contrairesでは、海を想起させ、エレクトリックギターがカリフォルニアを彷彿とさせます。シルヴィ・バルタンは、80年代からパリとロサンゼルスを行き来して生活しています。しかし、それだけではなく、彼女は笑顔で語ってくれました。「祖国ブルガリアを離れてからも、私は行き来を繰り返しています。私が訪れたすべての場所は、私にインスピレーションを与え、私の心を開いてくれました。シルヴィ・バルタンには、愛がある。そして、彼女はこの新しいアルバムでそれを提供しており、彼女はステージで歌うのを「不安と焦り」ながら待っています。

[rfi] https://www.rfi.fr/fr/france/20211014-france-la-hausse-des-prix-du-carburant-tend-les-usagers-et-le-gouvernement
Patrick Bruel

Patrick Bruel

Happy Birthday Patrick!


1990年代前半にフランスで「ブルエルマニア」がありました。歌手はまだこの時代の特徴が強く残っていて、常にそれを喚起したいとは思っていない。それどころか、彼はむしろ芸術的な評価を求めているのです。今日、彼はフランスの歌の “重鎮 “の一人です。

バイオグラフィー


1959年5月14日、アルジェリアのオラン近郊のトレムセンで生まれたパトリック・ベンギギは、フランス人教師である離婚した母オーガスタに育てられた。アルジェリアの独立後の1962年にフランスに戻った二人は、パリ郊外のアルジャントゥイユに住み、その後、パリ13区に移りました。思春期に熱中したのはサッカーで、それを職業にすることを夢見ていた。彼は、母親が持っていたブラッサンスやブレルのレコードや、自分が持っていたエリック・クラプトン、ジェフ・ベック、ジミ・ヘンドリックスといった偉大なロックギタリストのレコードを聴いて育った。

1978年に学士号を取得した後、パトリックは大学に進学したが、何よりもクラブ・メディテラニーでGO(エンターテイナー)となり、ギターで歌いながらパーティーを開いていた。

同年、日刊紙「フランス・ソワール」の広告に答えたパトリックは、アレクサンドル・アルカディ監督の映画「Le coup de sirocco」に出演した。この映画は、1962年にアルジェリアが独立した後、黒人の家族がフランスに到着するというストーリーである。パトリック・ベングイがブリュエルになったのはこの時である。映画の成功にもかかわらず、プロとしての結果は乏しく、1979年、パトリックは長い間夢見ていたニューヨークへの旅立ちを決意した。そこでは1年間、ビッグアップルを縦横無尽に駆け巡り、音楽体験に満ちたナイトライフをリードしていきます。ナイトクラブ、クラブ、バー……人々が音楽を聴く街にある無数の場所をすべて訪れました。この時、後に彼の共犯者、友人、そしてメインライターとなるジェラール・プレスグルヴィックと出会ったのである。

帰国後、パトリック・ブリュエルは、フランスの首都の主要なキャスティング・ディレクターの一人であるマルゴ・カプリエに見出され、すぐに劇場や映画館でいくつかの役を得ることができた。1981年にはピエレット・ブルーノの「Le Chariman」を劇場で演じ、翌年にはベルトラン・ヴァン・エファンテールの「Le Batârd」で映画に戻り、1983年には1950年代のフランス領アルジェリアを舞台にした「Le Grand Carnaval」でアレクサンドル・アルカディと再会しました。

1983年:「Marre de cette nana-là」

1981年に1stシングル「Vide」が注目されずに終わった後、1983年に「Marre de cette nana-là」がリリースされた。これは、若い男性にとってすぐに成功し、一夜にして若い女の子たちのアイドルとなった。

1985年には、マリア・パコムの新作『On m’appelle Emilie』、そしてパトリック・シュルマンの映画『P.R.O.F.S』を発表しました。最後に2枚目のシングル「Comment ça va pour vous」が発売され、前作と同様に好調でした。

1986年、パトリック・ブリュエルは、リダ・デヒ監督の映画「La Mémoire tatouée」で初めて国際的な映画体験をした。

しかし、1986年は何よりもファーストアルバム『De face』の年でした。ジェラール・プレスガービックとブリュエル自身がほぼ全面的に作曲したこのレコードは、歌手の最初のヒット曲が含まれていなかったため、それまでのシングルのようには売れなかった。このアルバムには、女優のミウミウとのデュエット曲や、ブルエルが主演したクロード・ルルーシュ監督の映画「アテンション・バンディッツ」(1987年)の主題歌として使用された「Tout le monde peut se tromper」などが収録されています。

1987年2月、28歳になろうとしていたパトリック・ブリュエルは、パリのオリンピアという権威ある舞台に立った。この初めての大きな舞台との接点が、1988年のライブアルバムにつながった。

パトリック・ブリュエルの映画での役柄は、演劇とは異なり、1988年にジョルジュ・ロートナー監督の「La Maison assassinée」で演じたような、どちらかというとドラマチックなものでした。しかし、1989年には、アレクサンドル・アルカディとの3度目のコラボレーションである「L’union sacrée」と、ピエール・ジョリヴェ監督の映画「Force majeure」で、2つの注目すべき作品に出演しています。

1989年10月、パトリック・ブリュエルのセカンドアルバム「Alors regarde」が発売された。このアルバムは、シンガーがスターから本物の歌のスターになるという、彼のキャリアの転機となりました。

パトリック・ブリュエルが自ら選んだトゥールーズ(Polygoneスタジオ)とニューヨーク(Hit Factory)で、クロード・ヌガロの「Nougayork」などのプロデューサーであるミック・ラナロがこのアルバムを録音し、プロデュースしました。フランス人ミュージシャン(ピアノと金管楽器のフィリップ・サイス、ピアノのジェラール・ビキアーロ、ドラムのクリスチャン・パドヴァーニ)とアメリカ人ミュージシャン(ニック・モローチ、カール・ジェイムス)による演奏で、ブルエルとプレスグルヴィック(2つのテキストにはブルーノ・ガルシン)が書いた11曲は、友情(「Place des grands hommes」)、愛(「Je te l’dis quand même」)、ブルエルとプレスグルヴィック(2つのテキストにはブルーノ・ガルシン)など、歌手の好きなテーマを喚起しています。

このアルバムは、Claude Nougaroの「Nougayork」のプロデューサーであるMick Lanaroが、Patrick Bruelが意図的に選んだToulouse(Polygoneスタジオ)とNew York(Hit Factory)で録音・制作したものです。フランス人ミュージシャン(ピアノと金管楽器のフィリップ・サイス、ピアノのジェラール・ビキアーロ、ドラムのクリスチャン・パドヴァーニ)とアメリカ人ミュージシャン(ニック・モローチ、カール・ジェームス)による演奏で、ブルエルとプレスグルヴィック(2つのテキストはブルーノ・ガルシン)が書いた11曲が収録されています。ブルエルとプレスガービック(2つの歌詞はブルーノ・ガルシン)が書いた11曲は、友情(”Place des grands hommes”)、愛(”Je te l’dis quand même”)、ブラジル(”Décalé”)、地球の問題(”Alors regarde”)など、歌手の好きなテーマを喚起しています。情緒をベースにしたこのアルバムは、最初から大成功を収めたわけではなく、1stシングルの「Casser la voix」が売り上げを大きく伸ばしたのだ。しかし、「ブリュエル現象」が現れるのはステージ上です。

ブルエルマニア

アルバム発売から1年後の1990年10月5日、ブルエルはフランス国内および海外で130日以上に及ぶ長期ツアーを開始した。コンサートでは連日、会場を埋め尽くすほどのファンが集まり、ファンの叫び声や歌手への涙の訴えで、ミュージシャンの声が聞こえなくなることもあった。Bruelmania “が日本を席巻した。1990年10月9日から17日まで、パリのゼニスで行われたこのツアーには、12月にも3回のコンサートが追加され、観客の要望に応えました。Bruelは12月16日にOlympiaでも演奏しました。

ブルエルは1991年2月のVictoires de la musiqueに3度ノミネートされたが、1度も受賞することはなかった。確かに、若い人(女の子)を相手にした彼の勝利は、しばしば嘲笑や皮肉を引き起こした。彼に報酬を与えないことで、プロフェッションはこのイメージを世論の一部に反映させています。

しかし、パトリック・ブリュエルは何万人ものファンを魅了し続け、1991年5月のPrintemps de Bourgesフェスティバルでは、数時間で8,000枚のチケットが売れたという。様々なシングルがヨーロッパやカナダのチャートにランクインしました。彼は数カ国語でミュージックビデオを撮影し、ヨーロッパの多くのテレビ番組に出演しました。

6月、パトリック・ブリュエルは、Sacem(作曲家・作家協会)が毎年授与する賞のひとつ、Vincent Scotto賞を受賞しました。そして91年の夏、ツアーは大勢のファンの間を縫って進み、ラ・ロシェルのフランコフォリーなどにも立ち寄りました。そして、アルバム「Alors regarde」が250万枚近く(後に300万枚を超える)売れた11月には、90-91年のツアー中に録音されたライブアルバム「Si ce soir」が発売され、100万枚の売り上げを記録した。

1992年2月1日、パトリック・ブリュエルはついにVictoire de la Musique賞の最優秀男性パフォーマー賞を受賞しました。そして1993年には、Claude Zidi監督の「Profil bas」とMichel Deville監督の「Toutes peines confondues」の2本の映画に出演しました。

1994年4月、3rdアルバム「Bouge」を発売。ミック・ラナロがプロデュースし、ニューヨークでレコーディングされたこの新作は、前作よりもはるかにロック色が強く、彼の70年代ロックへの情熱を思い起こさせるようなギターリフが好まれている。しかし、ブルエルはロマンチックな歌手というイメージから脱却するのに苦労し、アルバムの成功は「Alors regarde」のスコアには及ばなかった。レコード会社のBMGは、1994年末から始まったツアーで売上を伸ばしたいと考えていた。そこで、1994年9月16日から20日まで、パリ最大の会場であるベルシーでコンサートを行うことがメディアで発表され、大きな反響を呼びました。

9月15日、ザイールのLokua Kanzaが、Patrick Bruelの復帰公演のオープニングを飾りました。新曲と旧曲の中で、パトリック・ブリュエルは、ジャック・ブレルの「Jeff」を筆頭に、いくつかのカバー曲を歌いました。

Youssou N’DourとKhaledとのトリオ

1994年末から1995年の一部にかけて、彼は以前よりもずっと静かなツアーで世間に復帰しました。95年春、10代の若者が審査員を務めるというユニークな映画祭である第10回パリ映画祭の審査委員長に就任した。

95年の夏には、再びラ・ロシェルで開催されたフランコフォリーズ・フェスティバルに主賓として招かれ、カレド、セネガル人歌手のユッスー・ンドゥールとのトリオで「Quand les hommes vivront d’amour」を歌った。7月12日から8月13日にかけて行われたツアーでは、南フランスのオランジュとトゥーロンでの2回のコンサートをキャンセルし、両町の極右市長との意見の相違を示しました。時事問題に強い関心を持つパトリック・ブリュエルは、フランスの政治的・社会的な出来事について躊躇なく意見を述べ、1991年11月末には「Sept sur Sept」などの有名なフランスのテレビニュース番組にもよく招かれていた。

秋には南米に飛び、フランシス・ヴェーバー監督の映画「Le Jaguar」をジャン・レノと一緒に撮影した。そして12月1日には、94~95年のツアー中に録音した新しいライブアルバム『On s’était dit』をリリースしました。11月には、ジョニー・ハリデイのために書き下ろしたアルバムのプロモーション・シングル「Pour exister」が発売されました。

1996年1月、「Jaguar」の撮影を終えたベネズエラから帰国したパトリック・ブリュエルは、カンヌで開催されたMidem(Marché International du Disque et de l’Edition Musicale)に出席し、主賓の一人として参加した。2月7日には、アメリカのシドニー・ポラック監督による「Sabrina」が公開され、パトリック・ブリュエルがハリソン・フォードをはじめとする国際的なスターと共演しました。そして10月9日、今度は “Jaguar “がスクリーンに登場しました。

当時、彼は数人の若いアーティストを立ち上げるために、小さなプロダクションレーベルを作りました。また、フランスのコメディアン、コルシュが設立した恵まれない人々に食事を提供する団体「Restaurants du cœur」を中心とした人道的な目的のアルバムにもよく名前が登場している。

1999年:「Juste avant」

1997年8月27日、ブルエルは、アレクサンドル・アルカディ監督による政治スリラー映画「K」を発表した。99年秋のアルバム発売を待つ間、パトリック・ブリュエルは98年春にパリで兄のダヴィッドが作曲した舞台「La Grande magie」の制作に着手した。この経験は、10年以上も舞台に立っていなかった俳優を魅了しました。

1999年10月にニューアルバム「Juste avant」を発売。母親の再婚相手であるダヴィッドとファブリス・モローの2人の兄弟が、1作目の作曲と2作目のタイトルの解釈に協力した。作詞家のマリー・フローレンス・グロと、彼女のお気に入りのプロデューサー、ミック・ラナロがチームを完成させた。また、Félix Grayが彼のために書いた曲「le Café des délices」は、歌手のルーツであるアルジェリアに敬意を表して、アラブ風のサウンドになっています。しかし、批評家がある種の芸術的成熟を認めたとしても、ハッピーでアンハッピーなラブストーリーは、ブルエルの得意とするところである。

2000年4月に1995年以来のツアーを再開する前に、パトリック・ブリュエルは1月に行われた「レストラン・デュ・クール」に声を提供するアーティストの集団である「エンフォアレス」のツアーに参加した。Téléphoneの「La Bombe humaine」では、パトリック・フィオリとのデュエットやパスカル・オビスポとのデュエットを披露しました。そして、いよいよ大成功のうちにツアーに乗り出した。狂気を抑え、大衆との関係をより成熟させたパトリックは、自分の人気と歌の世界での重要な地位を確認した。その証拠に、「Chorus」誌2000年春号の表紙は、まさにプロの聖職者。

5月4日には、パリのゼニスで8回にわたるコンサートの第1回目を行い、その後、フランス全土に向けて出発しました。しかし、彼は5月15日にパリの会場に戻り、Pascal ObispoからNilda Fernandez、そしてRégine、Khaled、Garou(NDDP)、Lâm、Line Renaudといった多くの友人たちと40歳の誕生日を祝いました。しかし、何よりもシャルル・アズナブルの並外れた存在感がこの夜のハイライトであり、目を疑うような聴衆の喜びとなっています。

A million for Patrick

夏のツアーを成功させた後、秋にもノンストップでツアーを続け、2001年からは新たなツアーを開始した。2000年12月には、アルバム「Juste avant」が100万枚を突破したことが発表された。

1月には、チャリティ団体「Restaurants du cœur」への寄付を目的とした一連のコンサート「Odyssée des Enfoirés」に出演しました。3月、彼は再び自分のアカウントで旅に出ました。4月には、パリのゼニスで数日間の公演を行いました。6月には、フランスでのコンサートを再開する前に、インド洋で数回の公演を行いました。

5月には、「PatrickBruel live」と題した2枚組のライブアルバムが発売され、フランス音楽界で最も人気のあるアーティストの仲間入りを果たしたブルエルに敬意を表しました。アルバム「Juste avant」は180万枚の売り上げを記録し、1年間のツアーを行い、パリのゼニス15軒を完売させた。

個人的なレコーディング活動とは別に、ドミニク・カブレラ監督の「Le lait de la tendresse humaine」(2000年)とジル・パケ=ブレネル監督の「les Jolies choses」(2001年)の2本の映画を制作し、2002年の「Enfoirés」やフローラン・パニーのデュエットアルバムに参加して、アズナブールの「Les emmerdes」を一緒に歌ったこともある。また、2002年のユーロビジョンでフランス代表としてサンドリーヌ・フランソワが歌った「Il faut du temps」を共同作曲している。

2002年:「Entre-deux」

20世紀半ばのフランスのシャンソンのレパートリーにはすでに散発的に進出していたパトリック・ブリュエルは、2002年春にこのレパートリーのカバーを集めた2枚組アルバム『Entre-deux』を発表した。200曲の中から23曲を選んだことで、数人の歌手仲間を招いてデュエットをする機会を得た。シャルル・アズナブールとは「Ménilmontant」を、フランシス・カブレルとは「La Complainte de la butte」を、ジョニー・ハリデイとは「Qu’est-ce qu’on attend pour être heureux」を歌った。他にも、Zazie、Jean-Louis Aubert、Jean-Jacques Goldman、Danielle Darrieux、Laurent Voulzy、Souchon、Renaudなどのアーティストが参加しています。アルバム発売後、7月の1ヶ月間、ベルギーとフランスを結ぶミニツアーを開始しました。

アルバム「Entre deux」は2002年のヒット作となりました。このアルバムは数ヶ月のうちに200万枚を売り上げ、2002年のフランス人歌手の中で最高額となる520万ユーロの収入を得た。

この商業的、人気的な成功は、1985年以来行っていなかった劇場への復帰を妨げるものではありませんでした。ジャック・ウェーバーと一緒にアメリカの舞台「The Sandman」に挑みました。成功でした。2003年9月から3月まで演奏した後、女優のナタリー・バイエを起用してティエリー・クリファ監督の「Une vie à t’assentre」の撮影を開始し、その後、約40日間のツアーに出発し、最後は7月24日にスイスのニヨンで開催されたパレオ・フェスティバルに参加しました。

8月には、パトリック・モーリス・ベングイからパトリック・ブリュエル・ベングイへの改名が政令で認められました。翌年の9月には、2001年にサントロペで知り合ったパートナーのアマンダと結婚し、2003年にはオスカーという男の子が生まれました。

2004年12月26日に東南アジアの一部を襲った津波災害から数週間後の2005年初頭、パトリック・ブリュエルは「Et puis la terre」という曲を作詞・作曲し、多くのフランス人アーティストによって録音されました。この曲の売り上げの利益は、赤十字社に寄付された。ほぼ同時期に、歌手はRestos du Coeur協会のためにEnfoirésツアーを開始しました。

2006: Des souvenirs devant

2006年8月、すでに次のアルバムのために何曲か書いた後、妻のアマンダに勧められて初めての曲「Je fais semblant」を書いた。彼女はあと2つ書くことになる。それ以外の曲は、ほとんどがブルエルの作詞作曲になります。2006年3月にアルバム「Des souvenirs devant」を発売。その中には、「Peuple impopulaire」となったヴィクトル・ユーゴーの文章も含まれており、当時のフランスのニュースでは特に反響が大きかった。また、歌手は「Adieu」でテロを糾弾しました。

しかし、アルバム全体では、繊細な自伝的コードが使われています。「Ma maison de papier」のような曲では、例えば、息子のオスカーを連想させます。「Des souvenirs devant “は、希望と不安に彩られたアルバムで、ようやくできた家族(2005年9月には次男のLéonが誕生)のおかげで得られた幸せを証明すると同時に、私たちが生きている世界を前にして、大きな明晰さを示しています。

10月からはツアーも始まります。

その一方で、パトリック・ブリュエルは俳優としての活動も続けていました。クロード・シャブロル監督の映画「L’ivresse du pouvoir」でイザベル・ユペール、フランソワ・ベルレアンと共演。2007年にはクロード・ミラー監督の映画「Un secret」に出演し、翌年にはダニエーレ・トムソン監督のコーラス映画「Le code a changé」のキャストとして参加しました。

Des souvenirs devant」ツアー中の2007年にベルシーで行われたコンサートを収録した「Patrick Bruel Live」がCDとDVDで発売されました。2008年10月、ブルエルは全く新しい形で再び旅に出ました。今回は、人間の大きさの会場で、ピアノ・ボーカル、時にはギターを伴奏にしたアコースティック・コンサートを行いました。忠実な観客の近くにある中小の町を訪れる、親密なツアーです。

2010年、映画「Comme les cinq doigts de la main」でアレクサンドル・アルカディ監督と再会したブリュエルは、ベルナール・ミュラが監督したマチュー・ドラポルトとアレクサンドル・ド・ラ・パテリエールによるコメディ「Le Prénom」で劇場に復帰しました。この舞台は大成功を収め、2012年4月には映画化もされました。

2011年7月、彼はラスベガスでショーを行いました。その数時間後には、彼が数年間にわたって熱心に、そして高いレベルでプレイしてきたゲーム、World Poker Championshipsに参加しました。

同年、自叙伝『Patrick Bruel: conversation avec Claude Askolovitch』(Edition Plon)を出版し、自分の出自、家族、キャリア、情熱について語っています。

2012年:「Lequel de nous」

2012年末には、ニューアルバム「Lequel de nous」を発表し、歌手として復帰しました。前作から6年が経過しました。7枚目のアルバムとなる本作で、パトリック・ブリュエルは自身の経験(2007年末の離婚、父親になること)と、常に研ぎ澄まされた世界観を表現しています。2011年春のチュニジア革命、人質になった妻を思う夫の苦悩、刑務所に入った父親の苦悩、インターネットの危険性(ラッパーのLa Fouineをゲストに迎えた「Maux d’enfants」)などが、このアルバムを貫くテーマとなっています。

パトリック・ブリュエルは、2013年5月に公職に復帰しました。5月29日から31日までパリのゼニスで公演。

2012年には、ソフィー・ルルーシュ監督の「Paris-Manhattan」に出演し、ウディ・アレンが本人役で出演しました。Alexandre de La PatellièreとMatthieu Delaporteによる「Le Prénom」では、2013年セザール賞の男優賞部門にノミネートされました。

2014年9月5日、2013年春から始まったフランス、ベルギー、カナダのツアーは観客動員数100万人を超え、リールのスタッド・ピエール・モーロワで幕を閉じました。そして、9月22日には、シナトラ、ボウイ、ビートルズ、ラ・カラスなどの思い出が詰まったロンドンのロイヤル・アルバート・ホールでの初の英国公演に向けて出発しました。フランス人を中心とした3,600人の観客は、彼女のヒット曲に合わせて歌い、手首には曲に合わせて色が変わる光るブレスレットが巻かれていました。リールとロンドンのコンサートはライブでCDに収録されました。

2014年10月には、映画「Tu veux ou tu veux pas」でソフィー・マルソー、シルヴィ・バルタンと共演しました。30日には7年ぶりとなるアメリカツアーをマイアミで開始し、その後、11月8日までニューヨーク、ボストン、ヒューストン、ワシントンDC、ロサンゼルスの5カ所で公演を行いました。

2015年:バーバラへのオマージュ

11月には、兄である作曲家のダヴィッド=フランソワ・モローがプロデュースとアレンジを担当した、バルバラへのトリビュートアルバム「Très souvent je pense à vous…」をリリースしました。母親と一緒に彼女を発見した歌手は、1990年に「L’Aigle noir」の解釈者である彼女のテアトル・モガドールでの歌唱ツアー中に出会っており、この出会いは彼の人生の最高潮として記憶に残っています。

その後、2016年3月から5月にかけてツアーが行われ、テアトル・モガドールで3回の公演が行われました。”Perlimpinpin “は、3月22日にブリュッセルで起きたテロの犠牲者へのオマージュとして、ベルギーの国旗を背景に、ロックのリズムに合わせて演奏されました。また、2015年11月13日の同時多発テロにちなんで、自作のテキスト「Promenade dans le 5ème」を歌いました。2008年に行われたアコースティックツアーでは、バルバラの姿がすでに登場していました。この曲は、長い間歌うことを諦めていましたが、ある晩ヴィシーで思い切って歌ってみました。

2016年には、ジョセフ・ジョフォの同名小説を映画化した「Un sac de billes」にエルサ・ジルバースタインと出演しました。

2018年:”Ce soir on sort…”

2018年にはアルバム『Ce soir on sort…』を発売。この15曲の中には、親密な考察と時事的な問題が交互に含まれています。”Mon repère “は、現在の元妻であるArmanda Shtersとの共作で、2013年に亡くなった友人である法学者Guy Carcassonneへのトリビュート作品です。他のタイトルは、2015年の同時多発テロや移民問題、あるいは彼が参加したワールドカップでのフランスチームの勝利を暗示しています。パトリック・ブリュエルは、ケベック人のピエール・ラポワントと一緒に仕事をしたいと考え、「L’amour est un fantôme」と「Arrête de sourire」の2曲を契約した。

もちろん、アルバム発売後すぐにツアーが組まれ、2019年2月12日にエペルネでスタートします。20日から23日まで、パトリック・ブリュエルはパリのDôme-Palais des Sportsでパフォーマンスを行い、その後再びツアーに出ます。

2019年2月

14/05/1959
トレンセン(アルジェリア)
国: フランス
言語:フランス語
品質:作家・歌手・作曲家
音楽ジャンル:歌

[rfi] https://www.rfi.fr/fr/france/20211014-france-la-hausse-des-prix-du-carburant-tend-les-usagers-et-le-gouvernement
Anggun

Anggun

アングンのキャリアは、母国インドネシアのロックスターから、移住先のフランスのシンガースターへと、特異なものである。

バイオグラフィー


アングン・チプタ・サスミは、1974年4月29日にインドネシアの首都ジャカルタで生まれましたが、列島の芸術的首都であるジョグジャカルタで育ちました。母親を通じて、ジャワの貴族に生まれた。彼女の父親であるダルト・シンゴは、インドネシアのショービジネスで活躍する歌手、作曲家、プロデューサーである。そのため、彼は娘のキャリアに責任を持ち、子供の頃から成功への道を歩んでいった。

7歳の時には、子供向けのアルバムを録音しました。そして1986年、12歳の時に、インドネシアで最も影響力のあるプロデューサーの一人であるイアン・アントノがプロデュースした、非常にロックなアルバム「Dunia Aku Punya」を発表しました。やがてアングンは、東南アジアの大スターとなった。レディ・ロックの愛称で親しまれていた。1991年には、インドネシアで最も人気のあるアーティスト賞を受賞しています。若きスターだった彼女は、4年間でさらに4つのレコードを作った(1990年「Tua Tua Keladi」、1991年「Anak Putih Abu Abu」、1992年「Noc Turno」、1993年「Anggun C.Sasmi…Lah!」)。また、8万人収容のスタジアムで行われた数々のツアーでは、多くのステージ経験を積んできました。

ボルネオ島でのツアー中に、若いフランス人エンジニアと出会った。しばらくして、シンガポールで再会した二人は、アングンの家族の反対を押し切って結婚することにした。成功を収めたアングンは、インドネシアを離れてヨーロッパでの活躍を目指すことにした。1994年、夫妻はロンドンに移住。しかし、翌年にはついにパリに落ち着きました。

新しいキャリア

フランスでは、アングンは無名でした。しかも、彼女はフランス語をほとんど話せず、1996年にアライアンス・フランセーズの授業を受けてようやくフランス語を学び始めた。ミュージシャンでありプロデューサーであるエリック・ベンジーと出会ってから、彼女はロックのレパートリーとはかけ離れた新しい音楽の旅に出ました。すでに韓流スター、セリーヌ・ディオン、ジャン・ジャック・ゴールドマンなどの仕事をしていたベンジーは、アングンと一緒にアルバムの作曲を始めた。すぐに商業的成功を収めた。

しかし、このアルバムは実は3回発売されています。1997年には、ソニー・ジャパンから「ANGGUN」が発売され、フランス語の3曲を含む19曲が収録された。その後、フランスでは1998年に「Au nom de la lune」(ソニー・フランス)が16曲収録され、そのうち15曲がフランス語でした。そして1999年、ソニーUSから「Snow on the Sahara」という名前で、11曲のみの全曲英語のアルバムが発売された。

この成功は、ヨーロッパの多くのチャートにランクインしている「Snow on the Sahara」という曲によるものです。フランスでは、1997年の夏のヒット作の一つとなりました。1998年に発売されたこのアルバムは、フランスですぐにゴールド(10万枚)になり、最終的には15万枚に達した。最後に、イタリアではダブルプラチナ(60万枚)を獲得しました。しかし、世界中で大成功を収めたのも事実です。世界33カ国で発売され、インドネシアでは100万枚、マレーシアでは10万枚の販売を達成しました。

アメリカでは、1998年に女性アーティストだけで構成されたリリス・フェア・フェスティバルに招待されるなど、この若い女性はユニークな旅をしました。ローリングストーン誌やビルボード、ロージー・オドネル・ショーなどのテレビ番組でも紹介されました。1999年には、スイスの時計ブランド「スウォッチ」の国際的なプロモーション・キャンペーンに「Snow on the Sahara」が使用された。

2000年:「欲望の矛先」

1999年にはLes Restos du cœur、2000年にはLes Voix de l’espoirと、アングンがフランスに来てからは、様々な人道的活動に彼女の名前が付けられています。国際的な評価を得ているインドネシア人シンガーでありながら、フランスの音楽シーンに完全に溶け込んでいる。この歌手は、例えばアメリカでよく見られるような、世界の音楽に同化することを好まない。

2000年の秋、9月には、やはりエリック・ベンジがプロデュースした、歌手にとって2枚目のフランス製アルバム「Désirs contraires」が発売された。アングンは英語の歌詞をすべて書きました。同時に、このCDは9月に「クリサリス」の名で、シンガポール、マレーシア、フィリピン、台湾、日本など、アジアを含む15カ国で発売されました。この日、アングンは2001年2月1日にバタクランで行われるフランスでの初コンサートの準備をしていた。インドネシアのスターだったアングンは、不思議なことにフランスに来てから一度もコンサートをしていなかった。

発売から数ヶ月後、アルバム「Désirs contraires」は、イタリア(ゴールドレコード)からインドネシア(プラチナ)までのチャートを賑わせたが、フランスではあまり良い結果ではなかった。

2000年末には、バチカンから招待を受け、ブライアン・アダムスと一緒に大規模なクリスマスコンサートに出演しました。その後、2001年春にはアジアツアーを行い、4月30日にシンガポールのカランシアターで幕を閉じました。

また、アングンは多くのアーティストとのコラボレーションを求められた。DJ Camの「Soulshine」(2001年)、イタリアの歌手Piero Peluの「Amore immaginato」、Serge Lamaのデュオアルバム「Plurielles」などです。

また、2001年にはDogma Films制作の北欧映画「Anja & Viktor」、2002年には「Open Hearts」のサウンドトラックにも参加しています。

2004年には、フランスの文化大臣であるジャン・ジャック・アイラゴン氏からシュヴァリエ・デ・ザール・エ・デ・レットルのメダルを授与されました。また、国連の低開発プログラムのスポークスマンとしても活躍しています。

2005年:「ルミネッセンス」

アングンは2005年2月にスタジオに戻り、アルバム「Luminescence」のリリースに先駆けてシングル「Être une femme」をリリースしました。このアルバムには、テテ、ライオネル・フローレンス、ジャン・フォックといった名門が参加しています。

このアルバムはフランスだけでなく、多くの国で大成功を収めました。この女性は、他にも2枚のシングル「Cesse la pluie」と「Juste avant toi」をリリースしています。ロシア市場では、「Cesse la pluie」の英語版である「Saviour」を収録したアルバムまで発売された。

彼女はまた、一般の人々に会うためにツアーを行った。2006年3月9日~18日には、バラエティアーティストとクラシック音楽家が共演する「The night of the proms」の大規模なコンサートに参加しました。7月にはJohnny Hallydayの前座を務めました。

12月15日には、Sony-Bmg Indonesiaから歌手の作品(母国語でのヒット曲3曲を含む)のベストアルバムが発売され、その3日後には、ジャカルタで「Legend Asian Artist Award」を受賞しました。

2008年:「エレベーション」

2007年11月8日、アングンはキラナという女児を出産した。2008年10月20日には、これまでのアルバムよりもR’n’bやヒップホップを取り入れたニューアルバム「Elevation」をリリース。都会的なサウンド、スクラッチ、重低音が特徴的なこの作品は、ラッパーのDiam’s、Sinik、Kool Shenとの仕事で知られる2人のプロデューサー、TefaとMastaとのコラボレーションによるものです。Anggunの周りには、スラマーのJulie Grignonもいて、FujieesのPrasやIndochineのBruno Javelのギターリフがフィーチャーされています。愛、官能、そして娘へのフォークトリビュートがすべての議題です。アングンの他のアルバムと同様に、「Elevation」はインドネシア語バージョンでリリースされ、母国で1位を獲得しました。

2009年10月16日、アングンは国連親善大使に任命され、世界の飢餓との戦いをテーマにした部門で活躍しています。2010年には、クロード・ルルーシュ監督の映画「Ces amours-là」に出演しています。

2011年4月、アングンは自身のFacebookページで、ポップなシングル「Mon meilleur amour」を発表し、2011年9月にニューアルバムをリリースすることを発表しました。

2011年:「Echoes」

2011年11月、アングンは5枚目のポップアルバム「Echoes」をリリースしました。このアルバムは、ロックテイストの中に、シンガーの出身地であるインドネシアを彷彿とさせるオリエンタルなサウンドを加えたものになっています。

このアルバムの発端は、2つの成功したチームとの出会いでした。ジョアッキーノ(カロジェロ、フローラン・パニー、ジョニー・ハリデイとコラボレーションしています)、マリー・バスティード、ピエール・ジャコネリと、ジャン=ピエール・ピロット、ウィリアム・ルソー、ヴァンサン・バギアンのトリオです。

2012年:ユーロビジョン

37歳の歌手は、アゼルバイジャンのバクーで開催されたユーロビジョン2012のフランス代表に選ばれました。電話投票と審査員の投票を合わせたランキングでは21ポイントで、26人中22位でした。

この大会では、ジャン=ピエール・ピロットとウィリアム・ルソーが作詞・作曲した未発表曲「Echo(You and I)」を、フランス語と英語で披露しました。この曲は1月29日のMidemでワールドプレビューとしてお披露目され、France 3のウェブサイトで聴くことができます。

歌手は、すべての人のための結婚と、同性愛カップルの養子縁組の権利を支持する芸術家たちのアピールに共同で署名しました。

2013年2月には、フランス系インドネシア人の歌手が「Xファクター・インドネシア」の審査員に加わりました。この番組の成功を受けて、アングンはインドネシアの別のテレビ番組「Indonesia’s Got Talent」の審査員に採用されました。

フランス・インドネシア出身の歌手が参加したアルバム「Thérèse, vivre d’amour」は、2013年4月に発売され、2013年5月15日にプラチナ・ディスクを獲得しました。フランスの歌手グレゴワールがリジューの聖女テレーズの詩を音楽にのせ、プロジェクトに賛同したナターシャ・サンピエールをはじめとする複数のアーティストが通訳を担当しました。

もうひとつのコラボレーション:アングンは、ジャン・ジャック・ゴールドマンのトリビュートアルバムのために、アマウリ・ヴァシリ、ダミアン・サルグとともに、「Né en 17 à Leidenstadt」という曲をカバーしました。

アングンは、1stシングル「La neige au Sahara」をトニー・カレイラと再レコーディングした。このコラボレーションは、ポルトガル人歌手のアルバム「Nos fiançailles: France/Portugal」の一部です。この曲は、モンテカルロで開催された2014年のワールド・ミュージック・アワードでデュオが披露しました。授賞式では、アングンは「Best Indonesian Artist of the World」にも選ばれました。

それから1年も経たないうちに、2015年にはヴィンセント・ニクロとのデュエット曲「Pour une fois」を発表しました。

2015年は、5年間結婚していたジャーナリスト・作家のシリル・モンタナ氏と離婚した年でした。

2015年:「Toujours un ailleurs」

5枚目のアルバムをリリースしてから4年後、アングンはTF1 Musiqueレーベルから「Toujours un ailleurs」をリリースし、フローラン・パニーやアンジェリック・キジョーとデュエットしました。フレデリック・シャトーとブライアン・ローリングがプロデュースしたこのアルバムは、ポップスやワールドミュージックを志向しています。ずっと旅を続けてきたこのアーティストにとって、自然な芸術的アプローチです。 この日は、マキシム・ル・フォレスティエの曲「Né quelque part」をカバーしています。

2015年4月22日、アングンはFacebookでインドネシア大統領に宛てた公開書簡を発表し、「ジョコ・ウィドド大統領閣下」にセルジュ・アトラウイに「大統領恩赦」を与えるよう懇願しました。フランス系アルジェリア人は、麻薬密売の罪でジャワ島に収監され、死刑判決を受けています。

2015年末から、アングンは「Aviation Sans Frontière」という協会の後援者になっています。

翌年の6月からはツアーに出ます。

2016年10月

生年月日29/04/1974
ジャカルタ(インドネシア)
国名: インドネシア
言語:英語 フランス語
品質:作家・歌手・作曲家
音楽ジャンル:歌

[rfi] https://www.rfi.fr/fr/france/20211014-france-la-hausse-des-prix-du-carburant-tend-les-usagers-et-le-gouvernement
Debout sur le zincは、「L'Importance de l'hiver」というタイトルのロック・フォークアルバムを提供しています。

亜鉛の上に立つ、歌と人生(Interview)

このグループは、25年間で多くの旅をし、何十枚ものレコードを作ってきました。Debout sur le zincは、L’important de l’hiverを出版し、ロックとフォークの間の曲を掘り下げています。2020年の春、フランスでの最初の監禁の際に開始されたこのアルバムは、老齢、肉体的な愛、そしてもっと一般的には、存在の塩梅を決めるすべてのものを呼び起こします。このバンドの2人のソングライターのうちの1人、ヴァイオリニスト兼シンガーのSimon Mimounのインタビュー。

RFI Musique: ニューアルバムのタイトルである「L’important de l’hiver」は、あなたにとってどのような意味を持っていますか?
Simon Mimoun:最初は、冬の力、どうしようもないもの、繰り返されるこのサイクルでした。私たちは、自分を取り巻くサイクルに注意を払わない。私たちはそれらを必要なものではなく、制約と考えています。頭を上げれば、制約があっても、困難があっても、時間が進んでいても、なんとか評価することができ、必ずしも嫌なことではないことがわかります。冬の後ろには老齢があり、人生のあらゆる局面が重要であることを教えてくれます。私は、歌以外では表現できないことを、潜在意識に語らせるようにしています。

タイトル曲のリフレインでは、「目覚めよ、自分の声を聞かせよう/すべての偽りの戦いからの解放/希望は冷めてから食べるのが一番の料理/証拠は私たちに指示するためにあるのではない。 この文章には生命の衝動がある…。
そう、生命の衝動があるのです 私の歌は呪文であり、敬虔な願いであり、世俗的な祈りである。それは、私に出口を与えてくれるものであり、また、人々にも出口を与えてくれるものでありたいと思っています。私たちは観察から始めます。私は喜怒哀楽の激しい悲観主義者ですが、人生の実体を得るために毎日戦っています。生きている間に自分を埋めることに疑問はない。希望は冷めてから食べるもの、これは私が生きたいと思っている老後です。

Passe me voirでは、老齢の話をしていますが、この人生の年齢に自分を投影していますね。
この曲では自分のことは話しません。他の地域に比べて、ここでは年をとるのが難しいという事実から出発しています。年を取った人の居場所がない。私が自分自身に問いかけているのは、自分自身を少しでも映し出すために、どうして利他的になれないのかということです。自分の人生を人のために捧げるということは、誰にでもできることではありません。自分自身のためにも、何を与えることができるかを自問する必要があります。この曲は、コートジボワール人の友人との話し合いで生まれました。ツアーで高速道路をトラックで走っているときに、「自由に動けるのがいいね!」と言われました。どこに行っても逮捕されることはないし、バクシェイシュを渡す必要もない」。ここに6ヶ月、コートジボワールに6ヶ月いて、彼は素晴らしいと思った。そして、現地の様子を教えてくれる。彼は、昔の父親たちの評価は高く、彼らを手放すことは一瞬たりとも考えられないと言う。しばらくすると、よく生きたと思われるようになり、残りの人生を担わなければならなくなる。フランスでは子供時代を重視していますが、両方の要素があっても悪くないと思います。

フランス大統領選挙まであと1年を切りました。私たちが経験している政治的なエピソードを喚起するテキストがありますが、それは「La bête」です。つまり、ナショナルラリーです。私たちは、この極右政党や政治的フリンジ全体に対して、あなたが無力であると感じています…。
この曲は切ないパッション! Debout sur le zinc』のもう一人の作詞者であるRomain(Sassigneux、編集部注)が書いたものです。それは、自分自身の中で対処しなければならない、人に説明しなければならない、ある種の内面的な葛藤のことです。スモールステップとは、そういうことだと思います。切っても切れない関係です。人々と話をしていると、彼らがどのように考えているのか、棄権しているのか、そして常に失望した希望を持っているのかを見ると、警戒しなければなりません。政治の話をするとすれば、私は地方の民主主義を信じています。こんなにたくさんの人がいるのに、本当の民主主義を想像するのは難しいですね。失敗や失望を運命づけられているものはたくさんあります。私は、失望こそが有害であると思います。

Debout sur le zincでは、パーティーシーンにも愛着が湧きましたね。使っている楽器は、一般的なものとは異なります。バイオリンの他にコントラバス、アコーディオン、バンジョーなどがありますね。
そう、私たちはDebout sur le Zincと呼ばれていて、それが汚い言葉にならないようにお祭り騒ぎの音楽を作っているのは事実です。 楽器は反抗期だった。私たちは、1980年代末から1990年代にかけて、エレクトロやシンセサイザーがたくさん使われていた時代の出身です。私たちからすると、木と何か人間が出てくる曲はもう聴けないと思いました。いつでもどこでも、電気がなくても演奏できるようにしたかったのです。私たちが愛してやまない音楽は民族音楽で、最初から伝統的な音楽が大好きです。バンジョーを演奏するオリビエとは、「Debout sur le zinc」の前にブルトンやアイルランドの音楽を演奏するグループを組んでいました。東欧のユダヤ人の音楽であるクレズマー音楽をやりました。当然、ジプシー音楽にたどり着きました。私の父はブラックフットのユダヤ人なので、アルジェリアや東洋の音楽が大好きです。そして、私たちはフランスのシャンソンにどっぷり浸かっているので、フランスのフォークのようなものをやっていると思います。

Air

ダフト・パンクのテクノ・フォー・オールが世界的な成功を収めたとすれば、エアの2人のメンバーは、よりポップでありながらもエレクトロニックなサウンドで、同様に驚異的な成功を収めたと言えるでしょう。

バイオグラフィー

1969年生まれのジャン=ブノワ・ダンケルとニコラ・ゴダンは、それぞれパリ近郊のベルサイユと、その隣のル・シェネというブルジョワな町の出身です。彼らは1980年代にリセ・ジュール・フェリーのベンチで出会った。すでに音楽に夢中になっていた彼らは、友人たちとOrangeを結成し、Etienne de Crécy、未来のMotorbass、Alex Gopherなど、90年代のフランスのエレクトロニック・ミュージック界を代表するアーティストたちを集めました。彼らは一緒に、いくつかのデモをレコード会社に提出しようとしたが、無駄でした。少し落胆したニコラは、リビングルームで小さなシンセサイザーを使った実験を続けながら、建築の勉強を始めました。1995年には、Virginレコード会社の人気コンピレーション「Source Lab vol1」のために、インストゥルメンタル曲「Modulor」を提案しました。このコンピレーションは、ポップス、トリップホップ、テクノ、イージーリスニングなどの影響を微妙にミックスした、基本的にインストゥルメンタル曲のコレクションです。

すでにAirと名乗っているニコラの肩書きは、彼のアイドルであるフランスの建築家ル・コルビュジエへのオマージュです。1995年11月に発売されたコンピレーション・アルバムに収録されたこの曲は、すぐに注目を集めました。1996年8月には、ジェームス・ラヴェルが主宰するイギリスのトリップホップの名門レーベル「Mo’Wax」から再発売されました。「Modulor 」は古典的なBBCをも魅了し、番組の中で取り上げられました。

一方、ニコラは、オレンジ時代の同僚であるジャン-ブノワ・ダンケルと再会しました。彼は、オレンジ時代の経験を経て、数学の教師になり、時にはバーでピアニストとしても活躍していました。ベルサイユ音楽院で長年ピアノを学んだというクラシック音楽のバックグラウンドを持つ彼は、デュオにメロディックなタッチをもたらします。

1996年7月には、2枚目のマキシCD「Casanova 70」を発売。1970年代、ポルナレフからジョー・ダッシンまでの最もメロディックでポピュラーなバラエティ音楽や、「ポップコーン」スタイルのフランスの電子音楽の第一歩に大きな影響を受けた彼らのスタイルは、すぐにアングロサクソンにアピールし、特にイギリス人はこの「フランス的」な音楽ソースを非常に好みました。

1年後の1997年7月には、3枚目のマキシCD「Le Soleil est près de moi」が発売されました。まだインストゥルメンタルで、同時期に発売された5枚組のCD「Premiers symptom」に前者2枚とともに収録されています。このデュオは今、本格的に名乗りを上げ始めています。一連のマキシCDは、批評家によれば、それぞれが前作よりも成功を収め、デペッシュ・モードやネネ・チェリーなどのロック・ゴータに引っ張りだこのデュオとなりました。また、フランスのエレクトロニック・ミュージック界のベテラン、ジャン・ジャック・ペレーとも仕事をしています。彼はマッド・サイエンティストのような存在で、前時代的で伝説的なムーグ・シンセサイザーに精通しています。70歳になったPerreyは、「Cosmic Bird」と「Remember」という曲の制作に陽気に参加しました。

1998年:ムーン・サファリ

一方、1997年4月15日から7月15日にかけて、ニコラとジャン=ブノワはパリ郊外のスタジオでファーストアルバムのレコーディングを開始した。1998年1月に発売された「ムーン・サファリ」は、一挙に40カ国で発売されました。CDには主にインストゥルメンタルの10曲が収録されています。歌われているのは、アメリカの若手歌手ベス・ハーシュの「All I need」と「You make it easy」、そしてエアの「Sexy boy」の3曲のみ。ストリングスは伝説的なアビー・ロード・スタジオで録音され、指揮は伝説的なデビッド・ウィテカーが担当しました。

Airの音楽はすぐにマスコミに取り上げられました。軽快なポップス、複数の影響、ポピュラーでありながら非常に現代的な雰囲気、そして何よりも優れたプロダクションが評価されました。このアルバムはイギリスでヒットし、すぐにアメリカでもヒットしました。彼らは「ムーン・サファリ」に非常にエレガントで、ひどく「フランス的」なプロダクションを見出しました。ファーストシングルの「Sexy Boy」は、多くの国のプレイリストに掲載され、特にフランス以外の国では非常によく売れました。アメリカのミュージシャン、ベックがリミックスしたこともあります。

1998年5月に発売された2枚目のシングル「ケリー・ウォッチ・ザ・スターズ」もそうだった。熱狂的なファンが増え、賞賛の声が上がります。どこにでもいる。彼らはインタビューを受け、どこに行ってもレッドカーペットが敷かれています。フランソワーズ・ハーディは、彼らの曲の1つである「Jeanne」のレコーディングにも応じてくれました。1998年2月、イギリスの有名なテレビ番組「トップ・オブ・ザ・ポップス」に出演しました。

星の中の空気

秋には、10月11日にアメリカのシアトルを皮切りに、長期にわたる国際ツアーを開始しました。フランス人がアメリカでツアーをするときには、同胞でホールを埋め尽くすことが多いのですが、このときの観客は基本的にアメリカ人で構成されていたため、彼らの成功はより驚異的なものとなりました…。

10月27日からは、北米での8回の公演の後、ヨーロッパに戻り、11月7日にパリのLa Cigaleに立ち寄り、8カ国のツアーを行いました。1999年2月20日、Airは「Moon Safari」でVictoire de la Musique賞のBest Techno/Dance Album of the Yearを受賞しました。

約90万枚のアルバム(そのうち10分の9はフランス国外で販売された)を売り上げたAirは、2000年秋に公開されたアメリカ人監督ソフィア・コッポラの初監督作品「The Virgin Suicide」のサウンドトラック制作を依頼されました。この成功を受けて、ヴァージン傘下のレコード会社は、1999年8月に「Premiers symptom」をCD、レコード、カセットで発売することを決定し、「Le Soleil est près de moi」という曲は、Money Mark、Buffalo Daughter、Heinrich Mullerによってリミックスされました。

2000年、Airは自分の好きなものを作るために自分のレーベルを作ることを決めました。Record Makers」という新しい組織の中で、2人のミュージシャンは、Arpanetのような電子音楽から、Klub des LoosersやDSLのようなヒップホップまで、いわゆる「オルタナティブ」なアーティストたちと仕事をしていました。

ムーン・サファリ」から3年後の2001年1月、二人は春に向けた第2弾の作品「10,000Hz伝説」を発表した。5月に発売されたこのアルバムは、バンドの国際的な成功にとって新たなステージとなりました。しかし、ある人が天才(知的な音の組み合わせ、音楽的な博識、アレンジの巧妙さ)を叫んだとすれば、他の人は少し空虚で、気取った効果が多いと感じました。二人はこのレコードのために、アメリカ人のベックをはじめとする著名な協力者を起用しました。ベックは「The Vagabond」という曲で明らかにその存在感を示しています。サイケデリック、ディスコ、フォークなど、ニコラ・ゴダンとジャン=ブノワ・ダンケルは、ダフト・パンクのように、子供の頃の記憶や過去40年間の音楽の歴史から精力的に影響を受けています。

夏の直前に行われたパリ公演を経て、秋にはフランスで公演を行いました。2002年2月、デュオはアルバムの続きでリミックスアルバム「Everybody hertz」をリリースしました。一連のアーティスト(有名どころではDaft PunkのThomas Bangalter、Mr Oizo、Modjoなど)。

2004年:トーキー・ウォーキー

2003年はVersaillesのグループにとって実験的な年でした。3月には、イタリアの作家アレッサンドロ・バリコが自著「City」の一節を朗読した8トラックのアルバム「City reading (tre storie western)」が発売された。5月、ジャン=ブノワとニコラは、振付家アンジェラン・プレロカージュが考案したバレエ作品「Near Life Experience」の音楽を担当しました。2枚のレコードの間に、グループはまだステージに出る時間がありました。同年4月22日、パリのグラン・レックスで行われたカリフォルニアのポップ・アジテーター、ベックのコンサートに2曲参加しました。

2004年の年明けには、待望の3rdアルバム『Talkie-Walkie』がついに発売された。レディオヘッドのプロデューサーであるナイジェル・ゴドリッチとアレンジャーのミシェル・コロンビエの協力を得て、ヴェルサイユを拠点とするこのデュオは、このアルバムを、成熟していて繊細で、音の透明度が高い、小さなポップスの傑作に仕上げました。その後、フランスと海外で大規模なツアーを行い、イギリス、日本、アメリカを訪れました。

2006年にはジャン=ブノワがDarkel名義でソロアルバムをリリースし、同年8月に発売されたシャルロット・ゲンズブールのアルバム「5.55」の音楽を担当するなど、あらゆる音楽経験を積んできました。この日は、イギリスのアーティスト、ジャービス・コッカー(元パルプ)との出会いがあった。同時期にAzuriレーベルからリリースされた「Late Night Tales」シリーズのミックスアルバムには、The CureとRavelの楽曲が収録されており、彼らの折衷主義が改めて示された。

2007年:ポケット・シンフォニー

2007年3月にアルバム「Pocket symphony」を発売。この作品の名前は、音楽をポケットに入れて持ち運べば、日常生活の困難さの代わりになるという考えから生まれました。エアが聴かせてくれるこの音楽は、「水」という要素が非常に重要な宇宙への旅を提案しているかのようです。琴などの和楽器を導入することで、その雰囲気をさらに強めています。プロデューサーにはナイジェル・ゴドリッチを起用しています。ジャービス・コッカーが「One Hell Of A Party」で、ニール・ハノン(The Divine Comedy)が「Somewhere Between Waking And Sleeping」で歌っていますが、このアルバムには他のアーティストも参加しています。Once upon a time」には、ドラマーのトニー・アレンとフルート奏者のマジック・マリクも参加しています。

このツアーは非常に早くイギリスで始まり、次にドイツ、そして他のヨーロッパ諸国でも数回行われ、フランスでは3月29日にパリで行われました(La Cigale)。

2009年10月に5枚目のスタジオアルバムをリリースしました。”Love 2 “は、外部の力を借りずに構想されたという点でユニークで、パリのベルヴィル地区にニコラ・ゴダンとジャン=ブノワ・ダンケルが建設したばかりのハイテクスタジオのベルベットの中ではなおさらです。楽器や古い機械で埋め尽くされた書斎での二人のテット・ア・テットから生まれる音楽は、これまで以上にゆったりとしています。1stシングルの「Sing Sang Sung」で明らかになったように、より陽気です。

ヴィンテージシンセの使用や、ジャン・クロード・ヴァニエやエンニオ・モリコーネなどの作曲家への明らかな言及など、1970年代への言及は数多くあります。2009年秋には、谷口ジロー氏の漫画「Quartier Lointain」をサム・ガルバルスキー監督が映画化した作品のサウンドトラックを制作しました。

Airは2009年11月26日からヨーロッパツアーを開始しました。

例えば、2010年5月にサン=ブリュックで開催されたアート・ロック・フェスティバルでは、イギリスのロックシーンで活躍するガズ・クーンブスとダニー・ゴフィーとともに、ソフィア・コッポラ監督の映画「The Virgin Suicides」のサウンドトラックを2晩にわたって演奏しました。6月には、パリのシテ・ド・ラ・ムジークで4回のコンサートを行い、Airの音楽の多面性を示しました。ジャービス・コッカー、アメリカのエレクトロ集団オ・ルヴォワール・シモーヌ、ビジュアル・アーティストのイー・ズー、イル・ド・フランス国立管弦楽団など、毎晩スペシャルゲストが登場しました。

2011年春、映画の原点ともいえるジョルジュ・メリエスの「Voyage dans la Lune」(1903年)のカラー化に向けて、再び映画音楽を担当します。本作はカンヌ国際映画祭でプレミア上映されました。このようにシーンごとに書かれた曲から、2012年2月にアルバム『Le Voyage dans la Lune』が発売されました。

2014年6月、Airは美術館・博物館の世界では初めて、リールのパレ・デ・ボザールを音楽で彩りました。二人は、「あなたが手放すのを助ける」サウンドトラックを考案し、来場者が「熟考」に身を任せることができるようにしました。最先端の音響装置を開発し、作品と音楽との真の対話を実現しました。この実験の結果、2枚組のレコードが発売されました。

2016年:Twentyears

フランスのデュオの20周年を記念して、最高のヒット曲と未発表曲を集めたコンピレーションが発売される一方で、ジャン=ブノワ・ダンケルとニコラ・ゴダンはそれぞれのソロプロジェクトに取り組んでいます。

ジャン=ブノワ・ダンケルは、アイスランド人のバロイ・ヨハンソンと新しいデュオ「スターウォーカー」を結成しました。2015年、ニコラ・ゴダンはヨハン・セバスチャン・バッハの音楽を再解釈し、「Contrepoint」と題したアルバムを発表しました。

2016年、バンドは結成20周年を記念して再結成し、フランス、ヨーロッパ、アメリカでツアーを行いましたが、一方でAirのアルバムはもう出ないことを示唆していました。

2018年、ジャン=ベノワ・ダンケル、ソロアルバム『H+』を契約。

2018年7月

設立時期:1995年
別れの日:2016年
メンバー:Nicolas Godin, Jean-Benoît Dunckel
国: フランス
言語:英語
品質:著者・作曲家
音楽ジャンル:エレクトロ

ヤン・ティルセン、電子の浜辺ウェッソン島

新作『Kerber』で、ヤン・ティルセンはエレクトロな方向に舵を切りました。新しい音の素材を探しながら、彼は自分の島であるウェッソン、その生態系と聖なる力を讃え続けています。

ヤン・ティルセンの名前を呼び起こし、彼の水彩画の音楽、素材、風、砂、水の一握りのコードを聞くだけで、大西洋に浮かぶ島の輪郭と可能性が浮かび上がってくるのです。

世界の果ての島、ウェッソンは、ティルセンが旅をするための停泊地である。ウェッソンは、15.5km2の土地に800人の住民が住んでいますが、うねりに負けてしまいました。海水と花の香りが漂うウェッソンは、ギザギザの花崗岩の海岸がIroise Seaに突き刺さっています。自然がシャーマニズムの力で爆発する島。

歌手が定期的に滞在していたことから、10年前に移住しました。ここには父の記憶、強烈なイメージがあるんです」と感慨深げに語ります。そして何よりも、心の友であるウシャントの住人たちが大好きです。遠くに行くと、いつもちょっと迷うんだよね……」。

もちろん、風景、彼の土地の悪化した要素、海の力強いロールなども音楽家を貫いています。海は、私たちと地球全体をつなぐものです。アメリカ西海岸のハリケーンが、ウシャントでも感じられる。また、パンデミックの際には、平然とした海が自由の象徴となります。

それに、この平和で孤立した領土では、監禁はどのようなものになるのだろうか。最初の作品では、ヤン・ティルセンは、多くの人と同様に昏睡状態に陥り、菜園に引きこもっていた。その結果は?クレープやポテトがボロボロ。

2回目の撮影では、島の反対側にあるスタジオ「L’Eskal」に向かった。グラフィックでカラフルな名前の白い建物で、場所は48°27’20.6 “N5°05’50.9 “W。かつて島のディスコだったこの場所に、アーティストは2019年、自分の仕事場、クリエイターのための居住空間、コンサートホールなどを設置しました。

機械の “ワイルド “な側面

2019年の『Portrait』では、彼の代表的な楽曲をアナログで再録音し、彼を構成する音の世界を読み直した後、ティルセンは別の地平を探ろうと考えました。どんな内容だったのですか?ピアノソロのレコードです。そして、ピアノが彼の作曲のベースであり、サウンドバンクであることに変わりはなかったのですが、アーティストはすぐに機械をいじり、サンプルやケーブルを使いました。

このターンについて、ティルセンはこう説明する。「不思議なことに、私はエレクトロニクスの中に、アコースティック楽器よりも有機的で磁気的な次元、より自然に近いものを見出しています…ノンストップで音を出すことができるこれらの発明品には、電気や嵐のような流体、力が流れる部品など、野生的で生き生きとした側面を感じています…。実際のところ、私はピアノよりも人間の手を感じません。ピアノという楽器は、私にとっては少し全体主義的で、豊かすぎたり、節制しすぎたりするものです。このレコードでは、音にズームインできるように、代わりにグラニュラー・シンセシスを使いました…」。そしてティアーセンは、彼の大砲の道具であるオンデ・マルテノ、野蛮な名前のモジュールを備えたアナログ・シンセサイザーを引用しています。

ピューマのレッスン

このミュージシャンは、テクノロジー、輝くメロディー、ブルトンの空のように変化するキアロスクーロの雰囲気に満ちた「ギークな瞑想」の中で、エコロジー、つまり彼を取り巻く風景のエコロジーを称賛しています…この考察は、彼の命を失いかけた出来事以来、さらに重要になっています。6年前、妻と一緒にカリフォルニア州を自転車で横断していました。6時間後、お腹を空かせたマウンテンライオンが私たちの後を追いかけ始めた…。周りの状況を把握していなかったので、危うく死にかけてしまうところだった。このエピソードは、私の世界観を変えました。人間中心の考え方をやめました。私は、要素が生きていることに気づきました。動物も、小さなコンクリートの破片も…それぞれの場所には、独自の力、独自のエネルギーがあります。もちろんウェッソンでは、それは当たり前のことで、人間は遍在する海の前では謙虚である。ここでは、石や古代の要素を感じることができます…私たちは神聖なものについて冗談を言っているのではありません。

パンクで、生々しく、自然な面を持つティアーセンは、島にある礼拝堂の名前から「Kerber」と名付けられたこのレコードで、自分の領域の大切な場所を描いています。”以前の私の曲は、過去や記憶に焦点を当てていました。今では、場所を選ばないようになりました」と説明する。

また、彼のトラックやビーチには、エレクトロで駆動する彼の島の力強さが感じられます。私はこのトランス面とダンス面が好きなのです」と彼は言います。シャーマニック・ドラムとエレクトロ・ミュージックの間には、1つのステップしかありません。どちらも、瞑想、身体、心、環境とつながる…魔法だ!”

ヤン・ティルセン・『Kerber』(Pias)2021年

Alizée

Alizée アリゼ

2000年、わずか16歳のアリゼは、フランスのシーンの第一線に躍り出た。ミレーヌ・ファーマーという名のゴッドマザーの慈悲深い眼差しのもと、やっと巣立ったばかりの鳥がチャートのトップに躍り出たのです。まさにおとぎ話。

バイオグラフィー


1984年8月21日にアジャクシオで生まれたアリゼは、地中海の太陽の下で平和に育ちました。4歳の頃からダンスの趣味を表現していました。クラシックからジャズ、タップダンスまで、すべてのステップに挑戦しました。1995年、少女は飛行機に色を塗るというコンテストで優勝しました。偶然にもコンクールに出場していた彼女の父親は、とても誇らしげだった。その絵は飛行機に実物大で再現され、この日のためにアリゼと名付けられました。

しかし、彼女の人生が本当のおとぎ話のような形になったのは1999年のことだった。M6チャンネルのゲームショー「Graines de Star」で歌うことになったアリゼは、当初はダンス部門(グループ用)での出場を希望していましたが、ついに何百万人ものテレビ視聴者の前で歌うことができました。驚きの連続でした。ベスト・フィメール・シンガーに選ばれました。

パトロンとしてのミレーヌ・ファーマー

ミレーヌ・ファーマーに注目された彼女は、2000年5月、自身が作詞したファースト・シングル「Moi…lolita」をリリースして、キャリアをスタートさせました。この最初のビデオでは、ティーンエイジャーが若くて可愛い女の子を演じて、偽りのない純真さを見せています。その時、彼女はまだ16歳だった。

この曲の大成功により、フランス国内で150万枚以上のシングルセールスを記録し、ファーストアルバムへの道が開かれました。”Gourmandises “は、Mylène Farmer(作詞)とLaurent Boutonnat(作曲)のサイン入りで、セカンドシングルの “l’Alizé “と同時に最高の条件でリリースされた。後者は瞬く間にヒットパレードのトップに立ち、数週間で70万枚以上の売り上げを記録しました。

賞金・賞品

M6アワードやNRJミュージック・アワードの2000年のフランス・レヴェル部門で受賞しています。しかし、2001年は彼女が国際的に活躍の場を広げた代名詞となった。この若いアーティストは、ロシアのHit FM Awardsの授賞式で報われ、彼女の最初のヒット曲「Moi…Lolita」は、オランダとドイツでゴールドになり、カナダから日本まで非常によく売れました。最後に、3枚目のシングルである「Gourmandises」がフランス国内外で同時発売されました。

2002年2月、ヨーロッパで400万枚近くのレコードを売り上げたアリゼは、「Moi…」でイギリスのチャートに入りました。11日にイギリスで発売された「Lolita」は、ヴァネッサ・パラディに続く、フランス人アーティストの真の成功の証です。

その数日前の1月18日、20日、21日には、マルセイユで「レストラン・デュ・クール」のベネフィット・コンサートにエンフォアレスと一緒に参加しています。

2003年3月、この若い女性は「Mes courants électriques」と題した新しいアルバムをリリースしました。このアルバムは、再びミレーヌ・ファーマーとローラン・ブトナがプロデュースと作曲を担当しました。このアルバムからの最初のシングルは「J’en ai marre」(「Marre de la pluie, des courgettes/Qui m’font vomir sous la couette」)というタイトルでした。

同時に、番組「スター・アカデミー」の候補者であり、若い歌手でもあるジェレミー・シャトランと出会った。翌年の冬、二人はラスベガスで親密な雰囲気の中、結婚式を挙げました。アリゼは、2005年4月29日に女児Anny-Leeを出産しました。

キャリアの面では、2004年1月にパリのゼニスでの公演を終えた若い女性が、たくさんの仕事をした後に休息を取りたいと考えています。また、次のアルバムの構想についても考えたいと思っていた。

実際、彼女はプロデューサーのローラン・ブトナとミレーヌ・ファーマーのもとを去ることから始めました。彼女は「アリゼ」と「モワ・アリゼ」という登録商標を購入しました(INPI(国立知的財産研究所)にて)。彼女は、自分のプロとしての人生を手に入れるために、自分を解放する。

2007年:「Psychédélices サイケデリック」

2007年12月には、ジャン・フォック、ベルトラン・ブルガラ、オックスモ・プッチーノ、ダニエル・ダルクといったフランス音楽界の大御所たちが参加したエレクトロ・ポップ・アルバム「Psychédélices」をリリースしました。また、パートナーのJérémy Chatelainもアルバムに参加しています。1stシングルのタイトルは「Mademoiselle Juliette」。

2008年にはメキシコに渡り、国内最大の会場で公演を行い、大衆との「熱い」関係を強めていきました。そこで彼女は「Psychédélices」でゴールドディスクを獲得しましたが、フランスではあまり成功しませんでした。グラン・レックスで行われていたツアーのパリ公演が中止になりました。

2010年:「Une enfant du siècle 世紀末の子供たち」

2年ぶりに登場したアリゼは、2010年3月に4枚目のアルバムを発表しました。この作品で、彼女は明確なエレクトロの方向性を示し、パラワン、アダノウスキー、パリのグループ、シャトー・マーモントなどと仕事をしました。暗いメロディーとビンテージなシンセサイザーを使った新しいスタイルで、元ロリータは節制し、一部の批評家からは芸術的な信頼性を得ました。残念ながら、このレコードの商業的には成功しませんでした。

21/08 /1984 

Ajaccio (France) 

Pays:  France 

Langue:  Français 

Qualité:  Chanteuse 

Genre musical:  Chanson

牽引役のアーサー・H

アーサー・Hは、『Mort prématurée d’un chanteur populaire dans la force de l’âge』での演劇経験を生かして、常に創造性の幅を広げようとしていましたが、その中で、同名のミニアルバムを発表しました。曲は主にエレクトロ系で、Wajdi Mouawadが脚本と演出を担当したショーのもので、オートチューンが時々ゲストとして登場します。

RFI Musique: ショーで使われた曲をもうしばらく手元に置いておきたいと考えたと理解していいですか?

アーサー・H:そうなんです。歌は生き物のようなもので、自分の存在があり、それを見捨てたくないのです。致命的なのは、いくつか書けば、脇に置いておくと消えてしまうものがたくさんあることです。ここでは、彼らに本当の意味での存在意義を与えたいと思いました。ワジディ(Mouawad、劇作家・演出家、編集部注)はよく、演劇の美しさはそのはかない性質と結びついていると言います。これは、たとえ演劇よりも簡単に撮影できるとしても、コンサートにも言えることです。つまり、これらの曲は消えていく運命にあったのですが、録音によって再び旅をしてほしいと思ったのです。もともとは、監督から「キャラクターの昔のヒット曲で、彼の死が発表されたときにラジオで流れていたであろう曲を何曲か作曲してほしい」と言われていました。そのシーンは短縮されていて、彼らの声は聞こえませんでした。劇中では、キーボードの前で5分から10分の即興演奏をしたこともありました。そして、Hologram、Murmurs、Recueillementが生まれました。NancyとL’avalancheは古いアリスの曲のはずです。L’errance」と「C’est punk putain!」は劇中からの抜粋ですが、これはワジディのテキストの味を出したかったからです。

崩は女性の喜び?
私は、性的なたとえであるすべてのものは、取るのが良いと思っています。それは、まさに生命の活力です。反社会的な人間である私は、それが私たちを超えているので構わないと思っています。それは純粋な人生です。

反社会的とは?
私は10代の頃からずっと反社会的でした。社会全般に対する本能的な拒否反応。それはアーティストとして当たり前のことであり、必要なことです。少しでも自由な精神を人と共有したいなら、自分を孤立させなければならない。

あなたが演じるアリスは、社会に対する嫌悪感のようなものを持っていて…。
私の中には、もちろんアリスがたくさんいます。彼は社会に対して嫌悪感を持っているのではなく、人生に行き詰まりを感じているのです。そして芸術的にも、彼はまるで吸血鬼のようです。彼の中の生命の流れが吸い取られ、彼は機械的に物事を行う。彼は、自分が認められていないと感じて、とても辛くなっています。これは、多くの人、特にアーティストに影響を与えることです。エゴ、ナルシシズム、弱さのポイントです。だからこそ、そのような感情に向かうことができるし、それには大きなエネルギーと勇気が必要です。確かに私も何度も経験していますが、最後まで滑ったことはありません。私はいつも、手を広げて創造することに集中してきました。

劇中の主人公とは異なり、これまでは遭難しても成功した歌手であることを免れてきたと言えるでしょうか。
今日は幸運にも無関心でいられるほど体ができています。良い意味で、です。私は常に一般の人々からの友情を持っています。とはいえ、「Négresse blanche」の時は、4分の3が空席の会場を回るツアーを行いました。私には素晴らしいバンドがあり、演奏もうまく、提案も独創的だったのに、興味を持ってもらえませんでした。幕を開けてみると、満員ではないだけでなく、人々が気にかけていないことがわかると、気分を害し、傷つきます。しかし、それはゲームの一部です。

「Recueil」と「Hologram」でオートチューンを使用した理由は?
私は昔からオートチューンに惹かれていました。というのも、基本的には歌手のファルセットを修正し、声を滑らかにするためのソフトウェアだからだ。それは、音楽の世界では実に産業的な方法で実践されていました。だからこそ、すべての音が同じように聞こえるし、毎日のように音楽の海が広がっているのです。しかし、ラップやエレクトロでは、オートチューンを使ってオリジナルのサイドステップを踏むアーティストもいます。誰かが交響楽団と一緒にやったものは、魔法のようでした。そして、少しメロディアスで宗教的なメランコリックな面もあります。使ってみると、すぐに空間が広がりました。それは絵を描くときの、ひとつの色のようなものです。

ボードレールの詩(Recueillement)とオートチューンは相性がいいんですね。
ボードレールとオートチューンは、一見するとあまり関係ないように思えます。ソースとしてはかなりバラバラですね(笑)。ただし、現実にはうまくいっています。ボードレールの詩のいくつかには現代性があります。特にパンデミックについてのこの詩は、孤立や消費者層の低俗さを好むようになった人についてのものです。私たちはそれを忘れていますが、当時は同じことをしていたのです。

長年の共犯者であるNicolas Repacとサウンドアーティストの仲間であるLéonore Mercierが、それぞれ「C’est punk putain ! 親しい人たちと一緒にいるときに、進化する必要性を感じますか?
彼らは私が非常に尊敬する人たちで、非常にクリエイティブです。私はテキストを選び、彼らに全権を委ねました。Léonoreは、与えられたものを映画のような音の文脈で表現しました。彼女が私を感動させるのは、音でも映像でも同じようになれるからです。私にとって彼女は、現代のアーティストであると同時に未来のアーティストでもあります。ダンサーのキャロリン・カールソンと一緒に「Nancy」のビデオクリップを撮影したところです。この78歳の女性が腕を上げると、まるで異次元にいるような印象を受ける。その背景には、生涯にわたる研究があります。

前作に収録されている「La boxeuse amoureuse」という曲が世間に与えた影響に驚いていますか?
確かに、この曲には命が宿っていて、幅広い年代の女性に感動を与えていることに気づきました。ヒットとまではいかないが、多くの人に、2~3年かけてゆっくりと浸透していく。この曲のカバーをよくもらいます。その後、「あんな曲をもう一回やっても大丈夫だろうか」という疑問が湧いてきます。それはあなたを閉じ込めることができるので、私はそれについて考えないようにしています。

アーサー・H 全盛期の人気歌手の無念の死(オールポイント) 2021年

マルセイユのラッパー、Sopranoがコモロの子どもたちの教育に貢献

Sopranoは、フランスで最も売れているラッパーの一人であり、20代以下の若者に人気のあるパーソナリティの一人です。ソプラノ歌手、ニューアルバム「Chasseur d’étoiles」を発表。しかし、マルセイユ出身の歌手である彼は、コモロ出身で、インド洋の群島の人口にコミットしている人物でもある。

歌手であり実業家でもあるソプラノは、国連児童基金(ユニセフ)のアンバサダーでもあり、自身の基金を通じて、2年前のサイクロンで壊滅的な被害を受けたコモロの4つの学校の再建に乗り出しました。

「私はただ、コモロを愛し、コモロの子供であり、両親の国、この素晴らしい国、この素晴らしい人々をできる限り助けたいと思っている世界の一市民です」とソプラノは言う。42歳のソプラノさんにとって、教育は夢を実現するための手段です。歌手はコモロから帰国したばかりで、修復された学校の一つに就任しました。「子供たちはとても喜んでいました。この学校のおかげで、彼らがしっかりと働き、学ぶことができるようになることを願っています。それは素晴らしいことです。あきらめてしまった人、夢を信じられなくなってしまった人がたくさんいます。星に到達することは不可能なのではないかと考えている。しかし、私たちはそれらに到達することができ、将来的にも素晴らしいものを作るための力を得ることができます。コモロでは、ユニセフとソプラノ財団の取り組みにより、1,300人以上の子どもたちが恩恵を受けることが期待されています。

このアルバム『Chasseur d’étoiles』を携えたスタジアムツアーが2022年に予定されており、今後数ヶ月はラッパーにとって忙しい日々が続くことになります。軽快さばかりではないアルバム。ソプラノは『Racine』で初めて人種差別というテーマに取り組み、『Roi Lion』はコモロでコビド-19で亡くなった父へのトリビュート作品です。それ以来、ソプラノは反ワクチンの演説に耐えられなくなった。

RFI https://www.rfi.fr/fr/culture/20210907-le-rappeur-marseillais-soprano-s-engage-pour-l-éducation-des-enfants-aux-comores

Billboard Liveにジェーンバーキン出演

六本木にあるBillboardLiveが大阪に続き横浜にもオープンします!

4月12日の横浜店のオープンを記念して、豪華ゲストが続々来日します。その目玉の一つがジェーン・バーキン。エルメスの高級バックのバーキン・バックの由来になった人です。

その他、合計14組の豪華ゲストが発表されました。

圧倒的なライブパフォーマンスで日本中から愛されるシンガー「Superfly」、マイケル・ジャクソンなど多くのスーパースターに曲を提供してきた R&B 界の最重要ヒットメイカー「テディー・ライリー」、日本ジャズ界のマエストロ「渡辺貞夫」、故プリンスを支えた最強のバンド「THE REVOLUTION」、クルセイダーズやフォープレイでの活動でも知られるギター・ヒーロー「ラリー・カールトン」、そして常に進化を続ける現代ジャズシーンのカリスマ「ロバート・グラスパー」など、バラエティに富んだ国内外のトップ・アーティストを迎えます。

世界が愛するフレンチ・ポップのミューズ ジェーン・バーキンによるプレミアムステージ

フレンチ・ポップの長、セルジュ・ゲンスブールとの衝撃的な出会いから生まれた「ジュ・ テーム・モワ・ノンプリュ」(1969)でシンガーとしての才能を開花、女優としてだけでは なくカルチャー・アイコンとして現在まで世界中で愛されている永遠のミューズ、ジェー ン・バーキンが登場。エルメス社のバーキン・バッグの由来になるほどアイコニックな存在 となった彼女だが、70 年代には『ロリータ・ゴー・ホーム』や『想い出のロックン・ローラ ー』、1996 年にはセルジュへのオマージュでもある『追憶のランデヴー』をリリースするな ど、いつの時代も音楽の探求を忘れていない。代名詞ともいえる儚げでいてコケティッシュ なウィスパー・ボイスを心ゆくまで味わえるプレミアム・ライブが実現する。その計り知れ ない魅力を目の当たりにしてほしい。

【ビルボードライブ東京】(1 日 2 回公演・2DAYS)
4/20(月)1st ステージ 開場 17:30 開演 18:30 / 2nd ステージ 開場 20:30 開演 21:30
4/21(火)1st ステージ 開場 17:30 開演 18:30 / 2nd ステージ 開場 20:30 開演 21:30
サービスエリア¥19,000- カジュアルエリア¥18,000-(1 ドリンク付き)

【ビルボードライブ横浜】(1 日 2 回公演・2DAYS)
4/24(金)1st ステージ 開場 17:30 開演 18:30 / 2nd ステージ 開場 20:30 開演 21:30
4/25(土)1st ステージ 開場 15:30 開演 16:30 / 2nd ステージ 開場 18:30 開演 19:30
サービスエリア¥19,000- カジュアルエリア¥18,000-(1 ドリンク付き)

【ビルボードライブ大阪】(1 日 2 回公演)
4/27(月)1st ステージ 開場 17:30 開演 18:30 / 2nd ステージ 開場 20:30 開演 21:30
サービスエリア¥19,000- カジュアルエリア¥18,000-(1 ドリンク付き)

※ご飲食代は別途ご精算となります。

Delinquante

Delinquante(デランカント)ライブ

今のフランスの女性の生活をシャンソン、ジプシースイングなどのサウンドで表現する2人組の女性アコーディオンユニットのデランカントのライブが渋谷のサラヴァ東京で行われました。

二人は、マルセイユの音楽学校で出会いましたが、一人はクラシック、一人はジャズと違うジャンルで学んでいたそうです。そのため、クラッシックでもなく、ポップスでもないオリジナルなサウンドをめざしているそうです。

歌詞も現代女性を風刺していますが、ポジティブな感じにしているのです。実際彼女たちは地中海気候の陽気で感じで、悲観的や批評的で社会に反発するといった感じは全く見当たりません。

パフォーマンスも笑いにあふれたサービス精神旺盛なステージでした。

2017年4月19日(水)@サラヴァ東京(渋谷)
2017年4月20日(木)@デカバーZ(ギャンゲットパーティ)
2017年4月21日(金)@アンスティチュ・フランセ東京
2017年4月22日(土)@エルムカフェ(名古屋)

Emie R. Roussel

エミー・R・ルセールさんのライブ

Emie R. Rousselエミー・R・ルセールさんのライブ。カナダのフランス語圏ケベック州モントリオール出身のジャズピアニストで、今カナダで最も注目されている若手実力派です。ケベック音楽評議会でペスト・アルバム・オブ・ザ・イヤー2015に選ばれました。

美しい響きの中に情熱があふれ出しそうなのに、ストイックな演奏です。リハの最中もPAの調子を見ている合間に基本練習を絶えず行っていました。

フランスを代表するトップアーティストが初来日!

ヴァネッサ・パラディ、ショーン・レノン、ブリジット・フォンテーヌなどとのコラボで知られるフランスを代表するトップアーティストが初来日!

– M – Matthieu Chedidが遂に日本初上陸。Mことマチュー・シェディッド。詩人の祖母、歌手の父といった芸術一家で生まれ育ち、フレンチポップスやロックのジャンルにとらわれない唯一無二 のサウンドは、すぐに評価され幼いころから歌に親しみ、自然と音楽の道を選んだM。最優秀男性アーティスト賞や最優秀アルバム賞など今までで合計9つものタイトル を受賞。フランス版グラミー賞「Les Victoires de la Musique ヴィクトワール・ドゥ・ラ・ミュージック 」ではコラボレーションをするなど名実ともにフランスを代表するトップアーティストだ。

また、これまでに、ヴァネッサ・パラディ、ショーン・レノン、ブリジット・フォンテーヌ、Cassius、Tétéといったアーティストたちと演劇的なパフォーマンスにも定評があり2012年のツアーでは、150公演で130万人を動員。歌手であり、エンターテイナーであり、ギブソンLGと1964年製のフェンダー・ストラトキャスターをかきならすギタリストでもあるMがエネルギッシュなパフィーマンスは必見。ギターのリフはプリンスのファンキーさとジミヘンの破壊力を彷彿とさせ、観客たちを圧倒。ショーとしての完成度が高く、一度見ると、誰もがMの魔法にかかってしまうほど。

東京での初公演では、ドラムにDe La Soul, Hindi Zahra, PhoenixなどサポートしてきたLawrence Claisユニークなエレキ・ギター&ベースをプレイするエネルギッシュなパフィーマンスで、TOKYOのオーディエンスたちの度肝を抜くBrad Thomas Ackleyと強力なサポートメンバーとともにトリオロックで登場。

メールマガジンではチケットプレゼントがありますので、是非購読してください。
(終了しました)

– M – Matthieu Chedid
2016年3月28日 OPEN19:00 START20:00
代官山 UNIT TOKYO
CHARGE : ADV 8,800yen (ドリンク代別)
※ 再入場不可
※ all standing
※未成年者入場可
※整理番号付き
※1名4枚まで購入可

■ Office Darg
 ※電話受付(日本語のみ) 03-3505-8484
■ Gig in Japan
 ※電話受付 (English:French) 080-4862-2251

ラ・フォル・ジュルネ

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2012

ラ・フォル・ジュルネ クラシック音楽祭「ラ・フォル・ジュルネ」が4月22日から5月6日まで、東京をはじめ全国5都市で開催されます。今年のテーマはロシアの作曲家たちです。

 ラ・フォル・ジュルネは1995年にフランス北西部の港町ナントで誕生して以来、クラシック音楽をできるだけの大勢の観客に楽しんでもらおうと創意工夫をこらしてきました。毎年何十万人もの観客が、クラシック音楽界の常識を覆すプログラム構成で、質の高い演奏を低料金で鑑賞しようと足を運びます。1日で複数のコンサートを鑑賞できるように、すべての公演が45分程度に設定されているほか、子ども向けのコンサートやイベントもあります。

 フランスで大成功を収めたラ・フォル・ジュルネは、今や日本でもすっかり定着しました。今年は4月22日から5月6日まで、新潟、滋賀、東京、石川、佐賀で開催されます。

 今年はストラヴィンスキーやスクリャービンをはじめ、ラフマニノフ、プロコフィエフ、ショスタコーヴィチ、チャイコフスキーなど、ロシアの大作曲家たちの作品を紹介します。

『音楽を通じて日本の未来への勇気と希望を・・・。』配信限定チャリティー・ア

フランスにおけるグラミー賞受賞アーティストであるゴタ ン・プロジェクトによるあの感動の傑作、カーラ・ブルーニ・サルコジ大統領夫人によるフランスらしいエスプリが詰まった名曲、東京のルイ・ヴィトンで開催されたソフィア・ コッポラ監督新作映画プレミア・パーティーにて演奏されたセバスチャン・テリエによる貴重な未発表ライブ音源他、計31曲。音楽を通じて未来への勇気と希望を・・・。世界 に向けて発信されるこのアルバムを通じ、一人でも多くの方に歌詞の中に紡がれる友愛のメッセージを届けられたらと思います。

なお、弊社への収益はすべて、被災者支援の義援金として 日本赤十字社に寄付いたします。 ジャケットは、フランス人BDC作家(漫画家)として活躍するニコラ・ネミリ氏による 本企画のための書き下ろし。デジタルブックレット(iTunesのみ)には、アーティ ストから寄せられたメッセージと写真が収録されています。

“ガンバレ、ニッポン / Japon, mon amour”
V.A.
2011年4月 9日 
900 円 (tax in)

『音楽を通じて日本の未来への勇気と希望を・・・。』 チャリティーとして賛同いただいたフランスのミュージシャン、アーティストばかりを収録した配信限定チャリティー・アルバム。【期間限定】

吉田神社でフレンチCD当たります

京都の吉田神社の節分祭は室町時代に執行されて以来、信仰と伝統を誇る京洛の一大行事で約50万人もの参拝者でいっぱいになります。厄除け発祥の地としても有名です。

この期間限定で厄除け福豆を授与しています。この福豆にはくじが付いており、様々な商品が当たります。アンテンヌフランスでもフレンチポップのCDやフランスのジャズのCDを協賛していますので、是非福豆を受けてフレンチCDを当てて下さい。各10枚合計20枚奉納しています。

吉田神社には大元宮といって全国の神様を祀ったお社があり、こちらもこの期間だけ八百万の神様のお札が授与されます。

吉田神社近隣には関西日仏学館もありますので、参拝ついでに関西日仏学館のカフェに寄ったりするのも良いですね。

期間:2月2日〜4日
吉田神社
京都市左京区吉田神楽岡町30番地
地図

Hotel Costes 12 & Hotel Costes A Decade Release Party

Hotel Cost 12 prty J-Peg poster1999年に最初のアルバムがリリースされて今年で10周年を迎えるラウンジ・ミュージックの最高峰、ホテル・コスト・シリーズ。12枚目のアルバムと10周年記念特別アルバムのリリース・パーティを11月7日(土)に六本木FUSIONで行います。スペシャルゲストは勿論、カリスマDJのステファン・ポンポニャック!

昨年もFUSIONでおこなわれたホテル・コスト 11のリリースパーティは多くの人に2008年東京における最高のパーティとして語り継がれており、今年も昨年以上の盛り上がりとなるのは確実!ステファンの10年にわたるクリエイティブな活動を祝い、素晴らしい音楽に酔いしれるパーティに参加してみませんか?

今年はゲストDJとしてSHOTARO MAEDAも参加が決定!代官山AIRでレギュラーパーティとして今年で7周年を迎えるEDENのレジデントDJとして東京のアンダーグラウンドシーンを引っ張ってきた彼のプレイも必見!

日時:11月7日(土)午後10時~午前5時
場所:FUSION 東京都港区六本木7-13-8 Tel: 03-5785-0573
入場料:4,500円(1ドリンク)

DJs
Stephane Pompougnac (Hotel Costes)
SHOTARO MAEDA (EDEN)
Koutarou.A(Stereo Productions)
DJ James
DJ Yuki Hirao
DJ Yona
DJ Ochazuke

Main
22:00 – 23:00 Yuki
23:00 – 00:30 Koutarou.A(Stereo Productions) 00:30 – 03:30 Stephane
Pompougnac (Hotel Costes) 03:00 – 05:00 Shotaro Maeda (EDEN)

Sub
22:00 – 00:00 Yona
00:00 – 02:00 Ochazuke
02:00 – 04:00 James
04:00 – 05:00 Yuki