フランス政府は、末期患者に命を終わらせさせる法案を提出する

フランス政府は、死亡支援のための法的選択肢に対する国民の要求が高まるにつれて、末期患者が致命的な薬を服用できるようにする、死亡支援に関する物議を醸す法案を提出しました。

人生を終わらせようとしているフランス人は、医療幇助自殺が合法であるベルギーやスイスなどの近隣諸国に旅行しています。

3月上旬、エマニュエル・マクロン大統領は、自殺幇助や安楽死という用語の使用を控えたが、死亡時の援助にアクセスするための厳しい条件で、「フレンチスタイル」法案が進行中であると発表した。

水曜日に将来の法律の輪郭をスケッチし、キャサリン・ヴォートリン保健大臣は、病気の結果として「身体的または心理的な苦しみ」の影響を受ける人生の終わりに患者のために、特定の条件下で「死の援助」の導入を提供したと述べた。

厳しい条件

新たに提案された措置の恩恵を受けるには、患者は18歳以上でフランス市民であるか、フランスに住んでいる必要があり、予後は短期から中期的に末期でなければならない、とヴォートリンは内閣会議後に述べた。

医療専門家のチームは、患者が深刻で不治の病を患っており、耐え難い治療不可能な痛みに苦しんでおり、自分の自由意志で致命的な薬を求めていることを確認する必要があります。

後者の状態は、精神疾患やアルツハイマー病などの神経変性疾患に苦しむ患者を効果的に除外します。

患者は致死薬の要求を開始し、反省期間の後に要求を確認するだろう、とヴォートリンは言った。

承認された場合、医師は致命的な薬の3ヶ月間有効な処方箋を届けます。

人々は自宅、老人ホーム、または医療施設でそれを取ることができるでしょう。

シャルコ病に苦しんでいる人々については、そうすることができない場合は、手順を実行するために第三者を任命することができます。

重要な第一歩

カトリック教会と一部の医療従事者はこの法案に反対しているが、尊厳を持って死ぬ権利協会(ADMD)は、それが「人生の終わりに新しい権利への第一歩」であると述べた。

「政府が死亡の積極的な支援を合法化する法律を導入したのは、フランスで初めてだ」とADMDは声明で述べた。

しかし、「進行段階の大幅な悪化を伴うすべてのゆっくりと進行する病気を効果的に除外する」ため、「短期的または中期的な末期予後」への言及に反対すると述べた。

国会議員は5月に法案の議論を開始します。

ヴォートリンは「膨大な量のリスニング、膨大な量の謙虚さ(…)、そして良心の自由に対する膨大な量の尊重」を促した。

彼女はまた、緩和ケアやその他の終末期ケアへの11億ユーロの新たな支出を発表した。

公的支援

昨年の報告書によると、ほとんどのフランス市民は終末期オプションの合法化を支持しており、世論調査では過去20年間で支持が高まっていることが示されている。

2016年のフランスの法律では、医師は死の前に末期患者を静状態に保つことができるが、自殺幇助や安楽死を許さないことを規定している。

2023年4月、無作為に選ばれた182人の市民で構成された終末期市民会議は、何らかの形態の安楽死または特定の条件下での死亡の支援に賛成する76%の過半数で投票した。

自殺幇助は、スイス、ポルトガル、および米国のいくつかの州で許可されています。

安楽死は現在、特定の条件下でオランダ、スペイン、カナダ、オーストラリア、コロンビア、ベルギー、ルクセンブルクで合法です。

(ニュースワイヤー付き)

https://www.rfi.fr/en/france/20240411-french-govt-presents-bill-allowing-terminally-ill-patients-to-end-their-lives-euthanasia

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1701
Enable Notifications OK No thanks