カタール、2030年までにフランス経済の主要分野に100億ユーロを投資

カタールは、両国がすでに緊密な二国間関係を深める中で、今後6年間でフランスの新興企業や投資ファンドに100億ユーロを投資することに合意した。

この取引は、カタールの与党首長シェイク・タミム・ビン・ハマド・アル・サーニーが火曜日にフランスへの2日間の公式訪問を開始したときに発表されました。これは、2013年に王位に就いて以来初めてです。

フランスとカタールは長い間、緊密なビジネスと軍事関係を享受してきました。

「両国の相互利益のために」投資は、エネルギー移行、半導体、航空宇宙、人工知能、デジタル、健康、ホスピタリティ、文化に至るまでの主要セクターを対象とする、とフランス大統領は述べた。

休戦の努力

タニとフランスのエマニュエル・マクロン大統領の会談は、米国、エジプト、カタールの交渉担当者がイスラエルとハマスの間で6週間の停戦協定を仲介するために働いています。

フランスとカタールは1月にハマスが拘束した数十人の人質のための医薬品の出荷に関する取引を仲介した。カタール当局は先週、ハマスが薬の配達を開始したと述べた。

3月10日頃になると予想されるラマダンの開始は、停戦の非公式な期限と見なされている。

約130人の人質がガザに残っていますが、イスラエルは彼らの約4分の1が死亡していると言います。

(ニュースワイヤー付き)

https://www.rfi.fr/en/international/20240228-qatar-to-invest-€10bn-in-key-sectors-of-french-economy-by-2030

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1745
Enable Notifications OK No thanks