フランスのスーパーマーケットは、サプライヤーに恥をかかせるために食品に「収縮」の警告を貼り付ける

フランスのスーパーマーケットチェーンカルフールは、リンツチョコレートからリプトンアイスティーまでの商品の価格警告を叩き、トップサプライヤーにいわゆる「収縮」を制限するよう圧力をかけ、価格を維持または上昇させながら製品のサイズを縮小しました。

月曜日から、カルフールはフランスの店舗で26の製品をマークし、「この製品はボリュームまたは重量が減少し、サプライヤーによる実効価格が上昇しました」というラベルを付けました。

例えば、カルフールは、ペプシコが生産する無糖の桃風味のリプトンアイスティーのボトルが1.5リットルから1.25リットルに縮小し、1リットルあたりの価格が40%効果的に上昇したと述べた。

ネスレが製造したギゴズの乳児用粉ミルクは900グラムから830グラムに、ユニリーバが製造したビエンネッタアイスクリームケーキは以前の350グラムから320グラムに縮小しました。

LindtとPepsiCoはコメントの要請に応じなかった。ネスレとユニリーバはコメントを拒否した。

メーカーへの圧力

カルフールの価格警告は、まもなく開始され、10月中旬までに終了する予定のサプライヤーとの契約交渉に先立って来ます。

「明らかに、これらの製品に汚名を着せる目的は、メーカーに価格政策を再考するよう指示できるようにすることです」と、カルフールのクライアントコミュニケーションディレクターであるStefen Bompaisは、ロイター通信社とのインタビューで語った。

小売業界のロビーグループを率いるカルフールCEOのアレクサンドル・ボンパールは、原材料コストの低下にもかかわらず、消費財企業は何千もの主食の価格を引き下げる努力に協力していないと繰り返し述べています。

この中で、彼はフランスのブルーノ・ル・メール財務大臣の支援を受けています。彼は6月に75の大手小売業者と消費者団体を彼の省に召喚し、価格引き下げを促しました。

先月の新しい会議の後、ル・メールは、ユニリーバ、ネスレ、ペプシコは価格のラインを臻じていない企業の1つであると述べました。

広範な練習

消費者団体は、「収縮」は広範な慣行であり、カルフールのようなスーパーマーケットも自社ラベル製品で罪を犯していると言います。

フランスは、他のヨーロッパ諸国と同様に、食料や輸送価格を凍結または引き下げるために強力な大企業、生活費の高騰に直面して消費者の痛みを和らげるために何ヶ月も試みてきましたが、これまでのところ複雑な結果がなっています。

2022年10月16日日曜日、フランスのパリでの高い生活費に対する抗議行進 © AP/Aurelien Morissard
2022年10月16日日曜日、フランスのパリでの高い生活費に対する抗議行進 © AP/Aurelien Morissard

しかし、サプライヤーに名前を付けて恥をかかせるというカルフールの動きは、小売業者と大手多国籍企業の間の言葉の戦争のエスカレーションを示しています。

シュリンクフレーションの警告はフランスのカルフールのすべての店舗にあり、対象となるサプライヤーが値下げに同意するまで続くだろう、とボンパイは述べた。

小売業者は他の商品に警告を拡張できますが、イニシアチブを他の国に拡大する予定はありません。

先月、ル・メールは、消費財会社と小売業者が、通常来年行われる年間価格交渉を9月に繰り越すことに同意したと述べた。会談は1月から値下げにつながるだろう、と彼は言った

(ロイター)
https://www.rfi.fr/en/france/20230916-french-supermarket-sticks-price-warnings-on-food-to-shame-suppliers

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1356
Enable Notifications OK No thanks